テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【ドル円今週の予想(4月19日)】
【今週の予想】
*予想レンジ:107.00~110.00円。
*今週のドル円は、上値の重い展開が続きそうだ。

先週のドル円は、米長期金利の低下を背景に下落した。先週は、米国債(3年債、10年債、30年債)の入札が行われ、順調に消化された。本邦機関投資家の年度末における持ち高調整の買い戻しも入り、15日の米長期金利は1.58%に低下した。国債が買われ利回りは低下し、金利低下を受けてドル円は下落した。今週は20年債の入札を控えているため、ドル円は上値の重い展開が続きそうだ。

ドルが売られる中で、市場ではドルの弱材料も意識された。米国の2021会計年度上半期(20年10月~21年3月)財政赤字が、1兆7062.45億ドルと上半期での過去最大を記録した。今年度は、バイデン米政権の米国救済計画(1.9兆ドル規模)や米国雇用計画(2.26兆ドル規模)により、昨年度の3兆1319億ドルの過去最大の財政赤字を上回る可能性が高まっている。史上最大規模に拡大している米国の双子の赤字により、米国債格下げへの懸念も高まる可能性がある。7月末には債務上限適用停止期限を迎える。

日米首脳会談後の日米と中国間の緊張、米ロ関係では、ウクライナ情勢やロシアで収監されている反体制派指導者アレクセイ・ナバリヌイ氏の容体悪化がリスク要因として意識されよう。中国は日米首脳共同声明で台湾への言及があったことで、何らかの政治的。経済的な措置を講ずる可能性がある。また、サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は18日、ナワリヌイ氏が死亡した場合、「ロシアは結果を伴うことになる」と制裁措置の発動を警告した。

ただ、市場、ワクチン接種と景気回復は不可分として、新型コロナの感染やワクチン接種状況に注視している。現在、英国と米国が先頭に位置し、次いで欧州、日本は最後尾と認識されていることから、通貨の動きもこれを反映している。今後の各国・地域のワクチン関連の情報や、変異株による感染の普及度合いは、市場心理を左右しよう。

米国の経済指標は大きく改善している。3月の米雇用統計、ISM製造業指数、ISM非製造業指数等はいずれも予想を上回った。全米12地区の連銀景況報告(ベージュブック)は、経済活動が2月下旬から4月初めにかけて「緩やかなペースに加速した」と判断された。NY州製造業景況指数も3年半ぶりの高水準。3月米小売売上高は、前月比9.8%増と市場予想を大きく上回った。

新型コロナワクチン接種の普及により、経済指標は改善し、米国の景気回復は順調で、NYダウは史上初の3万4000ドル台と最高値を更新した。

米景気回復を背景に、ドル円はいずれ上昇に転じると予想するが、もうしばらく時間がかかりそうだ。


*CFTC建玉:4月6日時点のファンドのドル買い・円売りポジションは、5万8312枚(前週比-323枚)。


YEN0419

【4月19日海外市況】
ny0420

*週明け19日のNY外国為替市場は、海外市場で円高・ドル安に振れた流れが継続し、108円台前半に下落した。108円10~20銭。海外市場では、米長期金利の動向を眺めたドル売りや対ユーロでのドル売りを受けて、円高・ドル安が進行したが、米経済指標など売り買いのきっかけとなる材料に乏しく、円相場は108円台前半での浮動に終始した。

*週明け19日のNYダウは、利益確定売りに押され4営業日ぶりに反落した。3万4077.63ドル(-123.04)。前営業日に2日連続で終値の史上最高値を更新したことを受けて、この日は当面の利益を確定するための売りが広がった。米企業の1~3月期決算発表が本格化しつつあり、市場では新型コロナウイルス禍からの業績回復と今後の見通しに注目が集まっている。


*週明け19日のNY金は、米金利上昇を背景に売られ、3営業日ぶりに反落した。1770.60ドル(-9.60)。米長期金利の指標となる10年物国債利回りは1.60%近辺と、前週末終盤の1.58%台から上昇。ドルは前週末に引き続き対ユーロで下落し、金相場の下値を支えたが、金利を生まない資産として金利上昇を嫌気した売りが優勢となった。ただ、ドル指数が6週間超ぶりの低水準となったことに支えられ、下落は限定的だった。

金ETFは、1021.70トン(+2.04)。14日ぶりにプラスに転じた。

NY白金は4日ぶりに反落。1206.50ドル(-2.20)。
パラジウムは3日続伸。2813.60ドル(+38.90)。


*週明け19日のNY原油は、ドル下落に伴う割安感から買いが優勢になり反発した。63.38ドル(+0.25)。外国為替市場では米長期金利の動向を眺めて、ドル安・ユーロ高が進行し、ドル建て原油は割安感が強まり買われた。ただ、インドなどで新型コロナウイルスの新規感染者が急増しており、経済活動規制によるエネルギー需要鈍化への懸念が重しとなり、上値を抑えた。米ジョンズ・ホプキンス大の集計(19日時点)によると、世界第3位の石油輸入・消費国であるインドの累計感染者数は1500万人超と、3100万人超の米国に次ぐ世界2番目。インドの首都ニューデリーの当局は19日、感染の再拡大に伴い、同日午後10時から1週間の都市封鎖を行うと発表した。

*週明け19日のシカゴトウモロコシは反発。592.00セント(+6.50)。ドル安のほか、寒冷な天候で発芽が遅れるとの懸念が背景。今週は、米プレーンズと中西部の一部地域で雪や雨が降るとの予報が出た。気温も氷点下になる見通し。


シカゴ大豆は続伸。1436.50セント(+14.00)。米国内の堅調な現物市場、トウモロコシ相場高を受けた。世界的に植物油需要が旺盛な中、米国産大豆の作付けが進まないとの懸念が引き続き支援材料となった。米中西部の一部地域が今週、凍えるような天候に見舞われ、発芽が遅れるとの懸念から、トウモロコシ相場が上昇した。

【20日】
10:30   (豪) 豪準備銀行(中央銀行)金融政策会合議事要旨公表 
15:00   (英) 2月 失業率(ILO方式)  5.0%  
15:00   (独) 3月 生産者物価指数(PPI) [前月比]  0.7%  

*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1

【金ETF(スパイダー・ゴールド)2021年4月19日】
 *4月19日時点1019.66トン

*週間増減率-0.68%

*年初来(1187.95トン)からの増加率-14.2%。

*前年同時期比-0.2%。

*2021年最大1187.95トン(1月4日)。

*2020年最大1278.82トン(9月18日)。

*過去最大保有量1353.35トン(2012年12月10日)

etf0419

【4月16日海外市況】
ny0419

*週末16日のNY外国為替市場のドル円相場は、108円台後半で小動き。108円74~84銭。週末を控え、ほぼ終日動意薄。3月米住宅着工件数は14年9カ月ぶりの高水準となった。前日発表された3月米小売売上高などと併せ、米景気の回復傾向を一段と裏付ける内容。発表を受けて円売り・ドル買いがやや優勢となったものの、一時的だった。米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は16日、「経済は成長へ弾みがつく準備が整っている」と述べ、景気回復の足取りが強まるとの見方を示した。

*週末16日のNYダウは、景気回復への期待が続く中、3日続伸した。3万4200.67ドル(+164.68)。終値の史上最高値を2日連続で塗り替えた。前日発表された3月米小売売上高などの経済指標が強い内容だったほか、今週に入り米金融大手が相次いで好決算を発表。新型コロナウイルスの流行で打撃を受けた米経済の回復が続いていることが裏付けられ、寄り付きから上昇した。この日は米金融大手モルガン・スタンレーが1~3月期決算を発表。米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントとの取引に絡む損失を計上したものの、純利益は前年同期から倍増した。中国の1~3月期国内総生産(GDP)が前年同期比18.3%増と、過去最高の伸びとなったことも、強地合いにつながった。1~3月に米長期金利が急ピッチで上昇し、割高感が強まったハイテク株を中心に売られていたが、今月に入り長期金利は低下傾向にあり、株価を支援している。


*週末16日のNY金はドル安などを背景に買われ続伸した。1780.20ドル(+13.40)。2月24日以来の高値となった。週間では2%高と、昨年12月中旬以来の大幅高になった。この日の債券市場では、米長期金利の指標となる10年物米国債利回りが1.58%近辺で落ち着いた動き。これを眺めて外為市場では対ユーロでドル売りが優勢で、金はドル建て金は割安感から買われた。

金ETFは、1019.66トン(-3.0)。

NY白金は3日続伸。1208.70ドル(+8.50)。
パラジウムも高い。2774.70ドル(+35.30)。


*週末16日のNY原油は、利益確定の売りが優勢となり、5営業日ぶりに反落した。63.13ドル(-0.33)。週間では6%強の上昇となった。16日に発表された今年1~3月期の中国国内総生産(GDP)が前年同期比18.3%増と、四半期ごとの数値公表が始まった1992年以降で最高の伸びを記録。世界1、2位の経済大国の景気回復が進み、エネルギー商品需要が増大するとの期待が高まった。今週は石油輸出国機構(OPEC)と国際エネルギー機関(IEA)がそれぞれの月報で、世界の石油需要見通しに楽観的な見方を示したことなどで、相場は約1カ月ぶりの高値圏にあり、週末を前に利益確定の動きが台頭した。米国内の週間石油掘削リグ稼働数は344基と前週から7基増加。


*週末16日のシカゴトウモロコシは続落。585.50セント(-4.50)。過去最高水準に近い規模の買い持ち高を積み上げていたファンド筋が持ち高を解消した。韓国トウモロコシ加工産業協会(KCPIA)は最大5万5000トンの入札ですべてのオファーを断り、買い付けを行わなかった。

シカゴ大豆は続伸。1433.25セント(+15.00)。投資家が過去数週間にわたり積み上げてきたトウモロコシのロングと大豆のショートのスプレッド取引の巻き戻しが見られた。大豆相場の上昇を背景に、農家が今春の作付けを増やす可能性がある。


【19日】
08:50   (日) 3月 貿易統計(通関ベース、季調済)  -387億円 
13:30   (日) 2月 鉱工業生産・確報値 [前年同月比]  -2.6%   
13:30   (日) 2月 設備稼働率 [前月比]  4.7% 
17:00   (欧) 2月 経常収支(季調済)  305億ユーロ  
18:00   (欧) 2月 建設支出 [前年同月比]  -1.9% 


*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1

【NYプラチナ、1200ドル回復】
NYプラチナが1200ドルを挟んでもち合いながらも堅調に推移している。

世界的な脱炭素化が加速し、燃料電池車(FCV)や生成過程で二酸化炭素(CO2)を出さない「グリーン水素」の製造に使う白金の需要増加観測が強まっていることが背景にある。

貴金属のプラチナ(白金)の国際調査機関ワールド・プラチナ・インベストメント・カウンシル(WPIC)の調査によると、FCVに使うプラチナは10年以内に年31トンと、現在の年間需要(約250トン)の1割以上になるという。

厳格な排出規制をクリアするために必要な触媒も増えるため、ディーゼル車などの触媒需要も増加する可能性がある。

パラジウムはガソリン車の触媒に使用されるが、パラジウム価格の高騰を受けて、自動車各社は一部をプラチナに置き換えている。

代替の動きはパラジウムがプラチナの価格を上回った2018年に始まっていたが、代替に伴う自動車各社のコスト削減効果は大きく、今後4年以内に年31トンの代替需要が生じると見込んでいるという。

ファンドの買い越しも3万枚台が維持されており、需要の高まりを受けてNYプラチナは1300ドルを越えていくと予想する。

nypt0416




情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ