テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

7月28日(金)
【7月27日の海外相場および市況】
ny0728

*27日のNY金は、米国の追加利上げ観測が後退したことなどから、4日ぶりに反発した。米連邦準備制度理事会(FRB)は前日、米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の声明で、大方の予想通り政策金利の据え置きを発表。保有資産圧縮の開始時期については「比較的早期」と表明したが、物価認識に関しては小幅に下方修正し、インフレ動向に警戒感を示した。これを受けて、追加利上げが後ずれするのではないかのと観測が広がり、金利を生まない資産である金には買いが入った。また、FOMC声明を受けて、為替市場ではユーロ買い・ドル売りが進行したため、ドル建て金に割安感が生じたことも、金を押し上げた。NY白金はドル安を受けて4日ぶりに反発。

*27日のNY原油は4日続伸。米エネルギー情報局(EIA)が前日発表した最新週の米原油在庫は前週比720万バレル減と、市場予想を上回る大幅な取り崩し。また、ガソリン、ディスティレート(留出油)いずれの在庫も減少した。これを受けて、この日も買いが入り、一時49.24ドルまで上昇した。また、ヘスやアナダルコ・ペトロリアムなど複数の米シシェールオイル生産大手が2017年の設備投資を削減すると相次いで発表したため、米国のシェールオイル増産の動きに歯止めがかかるとの見方が浮上したことも押し上げ材料となった。ただ、米国内での生産ペースの鈍化は一時的な現象とみる向きがあるほか、世界的な需給不均衡是正にはまだ時間がかかるとの見方も強く、上値は抑えられた。

*27日のシカゴトウモロコシは続伸。米国最大のトウモロコシ生産州であるアイオワ州全域で、降雨量が予想より少ないことが強材料。シカゴ大豆はトウモロコシに連れて続伸。

*27日のNY外国為替市場では、堅調な米経済指標を受けてドルが買われ、ドル円は111円台前半に反発した。6月の耐久財受注額は前月比6.5%増加し、市場予想の3.0%増加を大幅に上回った。翌日発表される4~6月期の米実質GDP(国内総生産)も強い内容になるとの期待から、市場ではドル買い・円売りの動きが強まった。しかし、ナスダック総合指数が急落したほか、ムニューシン財務長官が下院委員会の証言で為替操作国に厳しい措置を取る姿勢を示したことなどを受けてドル売りが加速。一時110円96銭まで急落する場面もあった。

*27日のNYダウは続伸し、2日連続の最高値更新となった。前日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の声明を受けて、穏やかな利上げペースへの安心感が広がる中、買いが優勢となった。ピークを迎えた企業決算は良好な内容が相次いでいることも押し上げ要因。


【本日の主な経済指標およびイベント】
08:30 (日) 6月全国消費者物価指数 (前年比) +0.4% +0.4% +0.4%
      (日) 6月全国消費者物価指数 (生鮮食品除く:前年比) +0.4% +0.4% +0.4%
08:30 (日) 7月東京都区部消費者物価指数 (生鮮食品除く:前年比) 0.0% +0.1% +0.2%
08:30 (日) 6月失業率 3.1% 3.0% 2.8%
08:30 (日) 6月有効求人倍率 1.49 1.50 1.51
10:30 (豪) 4-6月期生産者物価指数 (前年比) +1.3% -- --
18:00 (EU) 7月経済信頼感 111.1 110.8 --
18:00 (EU) 7月消費者信頼感・確報 -1.7 -1.7 --
21:00 (独) 7月消費者物価指数・速報 (前年比) +1.6% +1.5% --
21:30 (米) 4-6月期GDP・速報 (前期比年率) +1.4% +2.7% --
21:30 (米) 4-6月期個人消費・速報 (前期比年率) +1.1% +2.8% --
21:30 (米) 4-6月期GDPデフレーター・速報 (前期比年率) +1.9% +1.3% --
21:30 (米) 4-6月期コアPCEデフレーター・速報 (前期比年率) +2.0% +0.7% --
21:30 (米) 4-6月期雇用コスト指数 (前期比) +0.8% +0.6% --
23:00 (米) 7月ミシガン大消費者信頼感指数・確報 93.1 93.1

第125回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

7月27日(木)
【7月26日の海外相場および市況】
ny0727

*26日のNY金は3日続落。この日公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控えて、利益確定売りが優勢となった。米連邦準備制度理事会(FRB)はこの日のFOMCで、大方の予想通り政策金利の据え置きを決定した。イエレンFRB議長の会見はなかった。声明では、資産圧縮の開始時期について「比較的早期」と表明し、早ければ9月にも資産圧縮に着手する方針を示した。ただ、物価認識に関しては「目標の2%を幾分下回っている」から「目標の2%を下回っている」に下方修正し、インフレ動向に警戒感を示した。これを受けて、追加利上げ時期が後ずれするのではないかとの観測が強まり、米長期金利が低下し、ドルが急落した。ドル安を受けてNY金時間外は13ドル程度反発し、1262ドル台に上昇している。

*26日のNY原油は3日続伸し、2カ月ぶりの高値をつけた。この日発表された米エネルギー情報局(EIA)週間在庫統計では、原油在庫が720万バレル減と大幅な取り崩しとなった。石油製品についてもガソリンが100万バレル減、ディスティレート(留出油)が190万バレル減と在庫の圧縮が明らかとなり、一時48.87ドルまで上昇した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国のベネズエラで政情不安が広がっていることや、OPEC主導の協調減産が免除されているナイジェリアが自主的に増産を制限する意向と報じられたことも支援要因。

*26日のシカゴトウモロコシは4日ぶりに反発。ただ、米中西部の主要生産地で、降雨と気温低下の天気予報が出たため、上値は抑えられた。シカゴ大豆はトウモロコシに連れて4日ぶりに反発。

*26日のNY外国為替市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明を受けて米長期金利が低下したため、ドル売り・円買いが進み、ドル円111円台前半に下落した。米連邦準備制度理事会(FRB)はこの日のFOMCで、大方の予想通り政策金利の据え置きを決定した。イエレンFRB議長の会見はなかった。声明では、資産圧縮の開始時期について「比較的早期」と表明し、早ければ9月にも資産圧縮に着手する方針を示した。ただ、物価認識に関しては「目標の2%を幾分下回っている」から「目標の2%を下回っている」に下方修正し、インフレ動向に警戒感を示した。これを受けて、追加利上げ時期が後ずれするのではないかとの観測が強まり、米長期金利が低下したことから、ドル売り・円買いが進行した。

*26日のNYダウは続伸し、史上最高値を更新した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を受け、利上げペースは緩やかになるとの見方が広がった。FOMCでは、事前予想通りに政策金利は据え置かれた。声明では、注目された金融危機後の量的金融緩和で膨らんだ資産圧縮の開始時期について「比較的早期」と表明し、早ければ9月にも決定する方針を示した。ただ、市場関係者は、最近の軟調なインフレ指標を受け、物価認識を「目標の2%を幾分下回っている」から「目標の2%を下回っている」と下方修正したことに注目し、年内の追加利上げを慎重に進めるハト派的な姿勢と受け止められた。一方、ヤマ場を迎えている米主要企業の2017年4~6月期決算では、堅調な業績が相次いだ。


【本日の主な経済指標およびイベント】
10:30 (豪) 4-6月期輸入物価指数 (前期比) +1.2% +0.7% --
18:30 (南ア) 6月生産者物価指数 (前年比) +4.8% +4.4% --
20:00 (トルコ) トルコ中銀政策金利発表 8.00% -- --
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.3万件 24.0万件 --
21:30 (米) 6月耐久財受注 (前月比) -0.8% +3.5% --
      (米) 6月耐久財受注 (前月比:除輸送用機器) +0.3% +0.4% --
21:30 (米) 6月卸売在庫 (前月比) +0.4% +0.3% 

第125回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


↑このページのトップヘ