テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【トルコリラ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のトルコリラ円は軟化した。米国の利上げペースが緩やかなになるとの見通しのもと、オバマケア代替法案を巡るごたごたからドルが売られ、トルコリラは対ドルで堅調に推移した。ただ、円高を受けて、トルコリラ円は軟調に推移した。

*今週のトルコリラ円は方向性に乏しく保ち合いで推移しよう。トルコ中央銀行は16日に開催した金融政策決定会合で、主要な政策金利の翌日物貸出金利、1週間物レポ金利(政策金利)、翌日物借入金利をそれぞれ9.25%、8.00%、7.25%で据え置いた。しかし、事実上の上限金利として使用している「後期流動性貸出金利」を0.75%引き上げ、11.75%とする引き締め策を決定した。同金利の引き上げは1月に続き2会合連続となった。金利引き上げを受けて、トルコリラは反発しており、米国の利上げペースが緩やかになるとの見通しのもと、トルコリラも底堅く推移している。

さて、4月16日に実施される国民投票への参加を呼びかけるため、在外投票を狙ったトルコ外相の外遊がEUで拒否される一方、ドイツではトルコ政府と敵対関係にある非合法組織クルド労働者党(PKK)の支持者たちにデモを許可し、国民投票を巡って、トルコとEU諸国との軋轢が高まっている。エルドアン大統領の権限を強めるこの投票に対し、同大統領は52%以上のイエス票を期待していると言い、日に日に賛成票は増えていると強気の発言をした。26日にエルドアン大統領が、EU諸国の一連の反トルコ的な行動に対し、「ヨーロッパが私を独裁者と呼びつづける限り、私はヨーロッパ諸国をナチと呼びつづける」と轟然と非難した。政治的な混乱も予想され、トルコリラが上昇基調に転じるのはまだまだ時間がかかりそうだ。トルコ国内のエコノミストたちによる昨年第4四半期(10-12月)の成長率予測の平均は2.4%となった。予測の最小は1.2%、最大は4.1%だった。2016年通年の成長率予測の平均は2.3%となった。

trc0328

予想レンジ:29.00円~32.00円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【ドル円、今週の見通し】
*今週のドル円相場は、円高基調が強まりそうだ。週明け27日の東京市場は、早朝からドル売りが強まり、110円15銭と2016年11月18日以来、約4カ月ぶりの円高となった。医療保険制度改革法(オバマケア)代替案の下院での採決が前週末に見送られたことを受け、トランプ政権が掲げる政策の実現性に対する懸念が強まったようだ。代替案の可決には、米下院議員435議席中、過半数の218議席の賛成が必要だが、トランプ大統領の警告にも関わらず、財政指針に反するとのことで30名程度が賛同しなかったため、採決には至らなかった。なお、共和党議員は240名。議会では、トランプノミクスの主要な柱となる税制改革(大型減税)、大規模なインフラ投資計画などが審議される。財源となる米国債の発行には、米国債務上限の引き上げが必要となることから、トランプ政権と米議会の間で厳しい討議が続きそうだ。

先週末は、トランプ大統領が、代替案を成立させなければ税制改革を優先させると述べたとことで、医療保険以外のインフラ投資や税制が優先されるとの思惑から、引け間際に株もドルも安値から反発したが、今回のヘルスケア法案の採決延期で、トランプ政権の政策運営能力への懸念が高まっており、市場の不信感は強まっている可能性がある。税制改革が遅れるとなれば、米株式市場にはマイナス要因となり、株安・ドル安の連鎖が強まって、ドル円の下落基調を強めるだろう。今週末3月の期末決算に向けて本邦機関投資家によるレパトリ(資金の本国還流、ドル建て資産売却による円買い)が活発化することも、ドル円を押し下げるだろう。ティラーソン国防長官は日本、韓国、中国の歴訪で、朝鮮半島への軍事力行使の可能性に触れており、地政学的リスクも高まっている。ギリシャへの追加支援への警戒感、フランス大統領選挙への懸念なども、円買い要因になろう。110円を割り込む場面も想定される。
 
今週発表予定の主な経済指標としては、27日の独IFO景況感指数、28日の米消費者信頼感指数、30日の10-12月期国内総生産(GDP)確定値、31日の本邦消費者物価指数、中国製造業PMI、米国の個人所得・個人支出など。また、28日にはイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演会があり、28日から29日には他のFRB主要メンバーの講演会も開催される。再び利上げに前向きの発言が出るようであれば、ドルの下落にも歯止めがかかるだろうが、円安に転じるのは困難と予想する。

yen0328

*CFTC建玉3月21日時点:ファンドのドル買い・円売りは6万6987枚(前週比+4310枚)と増加。総取組高は19万1626枚と前週比1万1021枚の減少。米国の早期利上げ見通しを受けてドル買い・円売りが強まったが、オバマケアを巡る混乱を受けて、ドル買いポジションは縮小している。


予想レンジ:109.00円~112.00円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

3月29日(水)
【3月28日の海外相場および市況】
ny0328

*28日のNY金は、NYダウやドルの反発を受けて小安く引けた。3月の消費者景気信頼感指数が16年ぶりの高水準に達したことを受けて、市場のリスク選好意欲が高まり、金相場には弱材料となった。また、依然として年内にあと2回の利上げが見込まれていることも金利を生まない金には重石となった。NY白金はドル高を受けて4日ぶりに反落。

*28日のNY原油は反発し、48ドル台を回復して引けた。イランのザンギャネ石油相がこの日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による協調減産について、延長される可能性が高いとの見通しを示したほか、同国とロシアが減産に向けて引き続き協力することをうたった共同声明を発表した。また、リビア西部の油田2カ所が武装集団によって封鎖されたため、産油量が日量約25万2000バレル減少するとの報が伝わった。ただその後、対ユーロでドルが買い戻されると、上値を削った。引け後に発表された米石油協会(API)による24日までの1週間の国内原油在庫は、前週比190万バレル増の5億3550万バレルとなった。市場予想は140万バレル増だった。原油受け渡し拠点オクラホマ州クッシングの在庫は57万6000バレル減。ガソリン在庫は110万バレル減(市場予想は190万バレル減)、ディーゼル油とヒーティングオイルを含むディスティレート(留出油)在庫は200万バレル減(市場予想は120万バレル減)。製品在庫の減少を受けて、NY原油時間外相場は続伸し、48.55ドル前後で推移している。

*28日のシカゴトウモロコシは上伸。米農務省の主要統計発表を31日に控え、ポジション調整の動き。原油などの商品相場高も支援材料。シカゴ大豆は5日ぶりに反発。

*28日のNY外国為替市場では、良好な米経済指標の発表をきっかけにドル買い・円売りが加速し、ドル円は111円台前半に上昇した。午前には一時110円18銭まで上昇。米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の撤回を余儀なくされたトランプ政権の政策実行力に対する不安が拭えず、ドル売りが継続し、ドル円は一時110円18銭まで下落した。しかし、消費者景気信頼感指数が16年ぶりの高水準に達していたことが判明すると流れは反転し、NYダウの反発に連れてドル円の上昇が加速した。この日は、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長をはじめ複数のFRB高官らが講演を行った。フィッシャー副議長がCNBCテレビに出演し、年内残り2回の利上げの想定は「適切だ」と発言したことなどもドル買いを後押ししたようだ。

*28日のNYダウは9日ぶりに反発。3月の消費者景気信頼感指数が2000年12月以来の高水準となり、消費者マインドの高まりを好感した買いが入った。また、トランプ大統領が環境規制の緩和を促す大統領令に署名したことを受けてエネルギー株にも買いが集まった。


【本日の主な経済指標およびイベント】
17:30 (英) 2月消費者信用残高 +14億GBP +13億GBP --
23:00 (米) 2月中古住宅販売保留件数指数 (前月比)

第109回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【3月28日(火)国内市況と終値】
tk0328

*28日の金は堅調。トランプ大統領の政策運営力への疑念から、前日のNY市場ではドルが売られ、ドル建て金が大幅高となったことを受け、買いが優勢となった。白金は小幅まちまち。

*28日の中東産原油は3日ぶりに反発。NY原油時間外の反発や、円高一服を受けて買いが優勢となった。石油製品も原油高につれて高い。NY原油は石油輸出国機構(OPEC)加盟国の高水準の減産順守率に下支えされているが、新規の買い材料に乏しく、先週の安値である47ドルを割り込んだ場合、心理的節目となる45ドルが視野に入りそうだ。

*28日のゴムは3日ぶりに反発。日本ゴム輸入協会がまとめた2月28日時点の全国営業倉庫生ゴム在庫は、4601トンと、5000トンを切った。

*28日のトウモロコシは6日ぶりに反発。シカゴトウモロコシ相場の堅調推移を受けて買いが優勢となった。一般大豆は続落。シカゴ大豆が南米の豊作観測を背景に下落基調を強めている。米農務省は2016~17年のブラジルの生産高を1億0800万トンと予想しているが、実際のイールド(単位面積当たり収量)は多く、1億1000万トンに達するとの予測も出ているという。

*28日の東京外国為替市場のドル円相場は、新規材料が見当たらず、110円台後半で小動き。前日の海外市場で110円台が維持されて下値の堅さは確認されたが、トランプ政権の経済運営への不透明感から上値も追いにくいようだ。

*28日の日経平均株価は反発。リスク回避に伴う円高が一服したことで買われたが、上値は1万9200円程度までに限られた。トランプ米政権に対する政策期待の後退を背景に米国で株価下落が続いていることが相場の重石になっているようだ。


第109回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


3月28日(火)
【3月27日の海外相場および市況】
ny0327

*週明け27日のNY金は、ドル安・ユーロ高を受けて割安感が強まり続伸した。目先の上値抵抗線である1250ドルを終値でブレイクし、2月27日(128.80ドル)以来1カ月ぶりの高値を付けた。米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案が事実上の撤回に追い込まれたことを受けて、トランプ政権の政策運営に懐疑的な見方が広がり、世界的な株安となったことから、安全資産である金が買われた。また、為替市場でドル安・ユーロ高が進行したこともドル建て金の押し上げ材料となり、一時1261.0ドルまで上昇した。NY白金はドル安を受けて3日続伸。

*週明け27日のNY原油は反落。石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国の協調減産の実施状況を点検する閣僚級監視委員会は26日、協調減産期間の延長の是非を検討することで合意した。声明原案では「半年延長を勧告する」としていたが、ロシアがこれに賛同しなかったとみられ、最終的に声明内容が修正されたようだ。ノバク石油相は同日、減産を延長すべきかどうかについて言及するのは時期尚早と表明した。OPEC主導による協調減産延長の可能性に懐疑的な見方が広がったことから、売利材料となった。ただ、この日は為替市場でドルが対ユーロで軟調に推移し、ドル建て原油に割安感が生じたことから、下げ幅を圧縮した。一部では、米原油在庫は過去最高水準だが、米国の原油以外の在庫と米国外の在庫は前年同期比で減少しており、石油市場のリバランスは進みつつあると述べ、減産延長は必要ないかもしれないと指摘している。

*週明け27日のシカゴトウモロコシは横ばい。一時2カ月半ぶりの安値をつけた。シカゴ大豆は作付面積拡大の観測から続落し、5カ月ぶりの安値をつけた。

*週明け27日のNY外国為替市場では、トランプ政権の政策運営に対する不透明感から、円買い・ドル売り地合いが継続し、ドル円は110円台で推移した。この日は主要な米経済指標の発表がなく新規材料が不足する中、じりじりとドルが買い戻されたが、ドルの上値は重かった。一方、ユーロはドイツのザールランド州議会選挙でメルケル首相率いる与党が勝利したことを受けた安心感から買われ、対ドルでは一時昨年11月中旬以来約4カ月半ぶりの高値を付けた。

*週明け27日のNYダウは8日続落。トランプ政権は先週末24日、米医療保険制度改革(オバマケア)見直しの事実上の撤
回に追い込まれ、政権の実行力に対する不安への高まりから、この日は世界的にリスク回避姿勢が強まった。アジア・欧州株安の流れを受け、NYダウは一時180ドルを超える下げ幅を記録した。オバマケア代替法案は、トランプ政権にとって初めての重要立法だったが、与党・共和党の意見を集約できずに分裂が表面化。市場が期待する法人税減税など税制改革や大規模インフラ投資をめぐっても、財政規律を重視する共和党内に異論が多いため、その実現性への不安が高まっている。


【本日の主な経済指標およびイベント】
21:30 (米) 2月卸売在庫 (前月比) -0.2% +0.2% --
22:00 (米) 1月S&P/ケースシラー住宅価格指数 (前年比) +5.58% +5.60% --
23:00 (米) 3月消費者信頼感指数 114.8 114.0 --
23:00 (米) 3月リッチモンド連銀製造業指数 17 15

第109回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

↑このページのトップヘ