テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【トルコリラ円、先週の動き・今週の予想】
先週のトルコリラ円は横ばいだった。11日に発表された2018年10-12月(第4四半期)国内総生産(GDP)は季節調整済みで前期比2.4%減と、1.6%減(改定値)だった7-9月に続くマイナス成長だった。前年同期比では3%減だった。

*今週のトルコリラ円は、上値の重い展開が続きそうだ。2018年10~12月期のトルコ実質国内総生産(GDP)は前年同期比3%減で、9四半期ぶりのマイナス成長となった。前年同期比の実質成長率が四半期ベースでマイナスとなったのは、クーデター未遂の起きた16年7~9月期以来。18年通年の実質成長率は2.6%で、17年の7.4%から大きく減速した。昨年8月に通貨リラが大幅下落した影響で、物価が高騰し消費や投資が低迷したようだ。マイナス成長は今年前半まで続くとの見方が多い。

経済協力開発機構(OECD)は19年のトルコ経済を1.8%のマイナス成長と予測している。トルコ政府は18年9月、新規インフラ開発を事実上凍結する21年までの中期経済計画を発表したため、財政出動を通じた景気の下支えは難しい。輸出の半分以上を占める欧州連合(EU)経済が減速感を強めていることも懸念材料。トルコはロシアの地対空ミサイルシステム「S400」購入を決定したが、これに関連して対米関係に軋轢が生じていることも懸念要因。今月31日には統一地方選が行われるが、エルドアン政権はトルコの大都市で公営低価格の野菜販売に乗り出すなど有権者の不満解消に努めている。独禁当局は食料品の価格設定を巡る大手スーパーへの調査を始め、企業に圧力を加えている。

また、この選挙を前にエルドアン政権は報道規制を更に高めていることも懸念されている。トルコでの外国人記者の取材や居住に必要な記者証の更新をトルコ政府に拒否されたドイツ人記者2名が10日、イスタンブールで記者会見し、トルコが外国メディアにも圧力をかけようとしていると非難した。2人は同日に出国。ドイツのマース外相は「容認できない」と批判した。こうした独裁状況を背景に、欧州議会はトルコの欧州連合(EU)加盟交渉停止の投票を行い、EU加盟交渉停止の賛成が反対を大きく上回った。トルコのEU加盟が遠のき、トルコリラには重石となりそうだ。

米金融大手モルガン・スタンレーは、トルコ中央銀行が今年第2四半期及び第3四半期に、政策金利を200bsp引き下げると予想。さらに、2010年以降、インフレ率を考慮すれば低いといえる実質金利、近年の弱いトルコリラは、高い消費者物価指数(CPI)の悪循環を断ち切るための重要なツールとして認識されているとし、年末までに600bsp引き下げる可能性があると指摘した。


【トルコ経済指標】
18日月曜日
16:00 2月住宅販売前年比前回-24.8%
20:30 1月住宅価格指数前月比前回-0.01%
20:30 1月住宅価格指数前年比前回+9.69%

21日木曜日
16:00 3月消費者信頼感前回57.8  予想55

lira0318

*予想レンジ:19.50円~21.50円


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。


【南アランド円相場、先週の動き・今週の予想】
*先週の南アランド円は上値が重く、ほぼ横ばいで推移した。1-3月期の南アフリカ経済研究所(BER)企業信頼感指数は28で市場予想の32より悪化した。また、南アフリカが国際債券市場に3月末までに多額の保険料を支払わなければならないことが嫌気された。国債を発行する際に、デフォルト等に備え、国債の金利に上乗せして、保険料(プレミアム)を支払う必要があるが、南アフリカの場合、先進国に比べてデフォルトの可能性が高いため、国債を発行する場合、プレミアムが追加されるという。

*今週の南アランド円は、上値の重い展開が続きそうだ。今週19-20日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では、政策金利の据え置きが決定される見込み。会合後のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見では、経済見通しが発表され、利上げを急がない姿勢が表明されるとみられている。ハト派寄りの発言内容になるとの見方が多いものの、欧州中央銀行(ECB)や日銀が改めてハト派的な姿勢を強めていることから、ドルが下落に転じる可能性は低いだろう。そのため、新興国通貨の上昇は難しそうだ。

南アフリカ準備銀行(SARB、南ア中銀)のナイドゥー副総裁は「南アの債務が増加基調になっていることで、世界的な景気停滞に対処するのも難しくなっていると指摘し、南アの債務をGDP比で40%以下の水準に戻すには10年はかかるとも発言している。ラマポーザ大統領がSARBの国有化について考慮していることなども、海外投資家には不評だ。国営電力会社エスコムが先週末にかけ停電を行い、さらに今週も停電が続く可能性があるようだ。来月にかけて停電し1000MW削減する計画があるという。ムーディーズの格付けが発表される予定だが、格付けへの悪影響が懸念されており、南アランドを買っていく材料に欠ける。今週は20日に2月消費者物価指数(CPI)と小売売上高の発表がある。

【南アフリカ経済指標】
20日水曜日
17:00 2月消費者物価指数前年比前回+4.0%、予想+4.1%
20:00 1月小売売上高前年比前回-1.4%、予想+1.4%

21日木曜日
南アフリカ休場

zar0318

*予想レンジ:7.50円~7.80円


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。


【ドル円相場、今週の展望】
*今週のドル円は、堅調に推移しそうだ。英国は欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」を否決し、離脱の期限を3月29日から6月30日まで延長することを模索している。一方、欧州の主要経済指標は景気回復の遅れを示唆しており、ドルは対ポンドや対ユーロで買われやすい。

また、先週15日開催された日銀金融政策決定会合では、輸出、海外経済、鉱工業生産についての判断が下方修正され、現在の大規模な金融緩和策を維持することを決定した。ドルはユーロやポンド、円に対して買われやすくなっている。今週19-20日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利の据え置きが決定される見込み。20日の会合後に予定されているパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の記者会見では、経済見通しが発表され、利上げを急がない姿勢が表明されるとみられており、ハト派寄りの発言内容になるとの見方が多い。

2月米雇用統計では非農業部門就業者数が大幅に低下したが、季節要因的な影響が大きいと見られている。失業率の低下や平均賃金の上昇などで雇用情勢は改善する反面、消費者物価指数などインフレ率は鈍化しつつあり、経済指標はまちまちの内容となっており、米国の経済成長鈍化が意識されてきている。FOMCの結果判明を受け、追加利上げ期待はさらに後退しそうだ。

また、米中通商協議については3月下旬に予定されていた米中首脳会談が延期されることや、トランプ大統領が「米企業が中国の提携先に技術移転を強制されないようにすることや、米国の知的財産権の全面的な保護について米国側は譲歩することはない」としていることから、協議の難航が予想される。株式市場の重石になればドルは買われにくくなるだろう。

これから開催される日本との貿易協議では、米貿易赤字是正のための「為替条項」導入への思惑から、円が売られにくくなる可能性も高い。それを見越して投機的な円買いが発生する可能性もありそうだ。15日に伝わった「北朝鮮が非核化を巡る米国との交渉について中断を検討」とのニュースは、地政学リスクの上昇を警戒させる新たな懸念材料だ。15日の第一報では相場への影響は限定的だったが、金正恩氏の声明が突如発表される可能性もある。以上を勘案すると、ドルが買われやすい地合いにあるものの、今週のイベントの結果や突発的な要因で急落の可能性もありそうだ。

*CFTC建玉3月12日時点:ファンドのドル買い・円売りは5万8781枚(前週比-7475枚)と減少した。総取組高は19万6766枚と前週比1万0317枚の減少。

<今週の主な経済指標>
19日は米国1月耐久財受注、20日は1月日銀金融政策決定会合議事要旨、FOMC政策金利、21日は3月フィラデルフィア連銀景況指数、米新規失業保険申請件数、22日は米国3月製造業PMI、米2月中古住宅販売件数、米2月財政収支。

cftcyen

*CFTC建玉3月5日時点:ファンドのドル買い・円売りは5万1306枚(前週比+1万1652枚)と増加した。総取組高は20万7083枚と前週比2万0925枚の増加。過去のパターンから見れば、ファンドのドル買い余地はまだあり、ドルの押し目買いが続きそうだ。

yen0318

*予想レンジ:110.00円~113.00円


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。


3月18日(月)
【3月15日の海外相場および市況】
ny0315

*週末15日のNY外国為替市場では、軟調な米経済指標を受けて111円台半ばに軟化した。111円45〜55銭。3月NY州製造業景況指数は3.7と2月の8.8から低下。市場予想の10.0も下回った。さらに2月米鉱工業生産指数も前月比0.1%上昇と市場予想(0.4%上昇)に届かなかった。特に製造業が0.4%低下と2カ月連続のマイナスとなり、米経済は景気後退局面に向かっているとの懸念からドル売りが進み、一時111円38銭まで下落した。

CFTC建玉3月12日時点:ファンドのドル買い・円売りは5万8781枚(前週比-7475枚)と減少した。総取組高は19万6766枚と前週比1万0317枚の減少。


*週末15日のNY金は反発。対ユーロでのドル安を背景に割安感から買われた。3月NY州製造業景況指数は3.7と2月の8.8から低下。市場予想の10.0も下回った。さらに2月米鉱工業生産指数も前月比0.1%上昇と市場予想(0.4%上昇)に届かなかった。特に製造業が0.4%低下と2カ月連続のマイナスとなり、米経済は景気後退局面に向かっているとの懸念からドル売りが進んだ。ただ、この日は米中貿易協議の進展期待を背景に米株価が上昇し、金の上値は重かった。

CFTC建玉3月12日時点:ファンドの金買い越しは7万8819枚(前週比-9199枚)と減少した。総取組高は53万0030枚と前週比5万8719枚の増加。

NY白金はドル安を受けて反発。831.80ドル(+4.70)。
パラジウムは5日続伸。1518.50ドル(+3.90)。

CFTC建玉3月12日時点:ファンドの白金買い越しは1万6348枚(前週比-5115枚)と減少した。総取組高は7万7461枚と前週比22枚の減少。


*週末15日のNY原油は小反落。58.52ドル(-0.09)。前日発表の石油輸出国機構(OPEC)月報で、加盟国の2月の産油量が一段と減少していたことが明らかになり、一時58.95ドルまで上昇し、年初来高値を付けた。その後は利益確定売りに押された。また、2月NY州製造業景況指数や2月米鉱工業生産指数がいずれも市場予想を下回ったことも重石となった。一方、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが公表した直近1週間の石油掘削リグ稼働数が前週比1基減の833基と、4週連続で減少したことも支援材料となった。

国際エネルギー機関(IEA)は、2019年1〜3月期は小幅な供給過剰、4〜6月期は日量約50万バレルの供給不足に転じる可能性を指摘。OPECは、仮に供給中断が発生しても価格上昇を抑制する供給力を十分備えており、米国などの非加盟産油国の増産が需要への対応を確実にするだろうとの見解を示した。

CFTC建玉3月12日時点:ファンドの原油買い越しは36万2265枚(前週比+1万3464枚)と増加。総取組高201万2864枚と前週比5万4987枚の減少。

*週末15日のシカゴトウモロコシは4日続伸。373.25セント(+3.00)。米中西部での作付けの遅れに対する懸念が支援材料になった。

CFTC建玉3月12日時点:ファンドのトウモロコシ売り越しは10万2317枚(前週比-5万6000枚)と減少。総取組高は175万7475枚と前週比8万9678枚の増加。

シカゴ大豆は反発。909.25セント(+10.75)。テクニカル要因と堅調な現物相場が支援要因。

CFTC建玉3月12日時点:ファンドの大豆売り越しは6万5967枚(前週比+3万5036枚)と増加。総取組高は69万4573枚と前週比3万5884枚の増加。

*週末15日のNYダウは、米中貿易協議進展への期待を背景にハイテク株が牽引し、続伸した。2万5848.87ドル(+138.93)。中国国営の新華社通信は中国の劉鶴副首相とムニューシン米財務長官らが14日に行った電話会談で、貿易協議をめぐる実質的な前進があったと報じた。一方、2月米鉱工業生産指数は低調な内容。米経済の先行き懸念が高まった。その後、構成比率が大きいボーイング株の上昇に伴ってダウはプラス圏に浮上。また、米中協議の進展期待を背景に、中国事業の比率が大きい半導体メーカーなどハイテク株の上げが目立った。


【18日の経済指標】
未定   (墨) 休場 
08:50   (日) 2月 貿易統計(通関ベース、季調済)  -3700億円  980億円
13:30   (日) 1月 設備稼働率 [前月比]  -1.9%   
13:30   (日) 1月 鉱工業生産・確報値 [前月比]  -3.7%   
13:30   (日) 1月 鉱工業生産・確報値 [前年同月比]  0.0% 
23:00   (米) 3月 NAHB住宅市場指数  62  63 

第204回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


3月15日(金)
【3月14日の海外相場および市況】
ny0314

*14日のNY外国為替市場では、英国による欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」が回避される中、安全資産としての円売りが優勢となり、111円台後半に上昇した。111円65〜75銭。EU離脱をめぐる英議会の動きを手掛かりに、安全資産である円を売ってドルを買う動きが拡大。英議会下院は前日、EUから何の取り決めもなく離脱する「合意なき離脱」を拒否する決議案を可決し、市場では、経済・社会的な混乱がひとまず回避されるとの安心感が広がっていた。NYダウがプラス圏に浮上すると、さらにドル買いが強まり、一時111円80銭台まで上昇した。

*14日のNY金は、英国による欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」がひとまず回避されたことを受け、3日ぶりに反落した。1295.10ドル(-14.20)。英議会下院は、欧州連合(EU)から何の取り決めもなく離脱する「合意なき離脱」を拒否する決議案を可決。これを受け、経済や社会に大きな混乱が生じるとの懸念が後退した。欧米株価が上昇し、金は一時1292.50ドルまで下落した。ただ、英議会はこの日、さらに離脱期限延期の可否を問う採決を予定しているほか、メイ首相が2度否決された離脱案の議会承認を改めて目指す方針を明らかにしたことなどから、再び様子見姿勢が広がった。また、貿易摩擦解消に向けた米中首脳会談が早くても4月になる公算が大きいとの報道も、交渉長期化に対する警戒感を強め、金相場を下支えした。

NY白金はドル高を受けて3日ぶりに反落。827.10ドル(-14.60)。
パラジウムは4日続伸。1514.60ドル(+7.90)。

*14日のNY原油は、世界的な需給引き締まりへの期待から小幅続伸した。58.61ドル(+0.35)。石油輸出国機構(OPEC)がこの日発表した月報では、加盟国の2月の産油量が前月比0.7%減の日量3054万9000バレルとなった。産油量は減産開始前の昨年12月時点に比べて日量104万バレル削減しており、目標の80万バレルを大きく上回った。年初から実施しているOPEC主導の協調減産で、需給改善が続いていることが示された。一方、相場が4カ月ぶりの高値圏で推移する中で高値警戒感から上値は重かった。貿易摩擦解消に向けた米中首脳会談の実施が早くても4月になるとの報道のほか、中国の1〜2月の鉱工業生産の伸びが10年ぶりの低水準にとどまったことも世界経済の先行き懸念を強め、相場の重石となった。OPECは世界全体の2019年の需要の見通しを下方修正した。世界経済の減速を踏まえ、1億バレルから9996万バレルに引き下げた。

*14日のシカゴトウモロコシは3日続伸。370.25セント(+3.75)。米国での作付け遅れに対する懸念が、作付面積を減らす可能性が浮上した。

シカゴ大豆は反落。898.50セント(-2.50)。1週間ぶり高値を付けた後、米中の貿易協議をめぐる不透明感から下げに転じた。

*14日のNYダウは、米中貿易協議の進展への期待と不安が交錯する中、小幅続伸した。2万5709.94ドル(+7.05)。貿易問題の決着を目指す米中首脳会談の開催時期は早くても4月になるとの一部報道が市場を不安にさせた。米中政府は当初、3月中の首脳会談の開催を目指していた。中国による知的財産権侵害などの構造問題で依然、隔たりが残っているものとみられ、早期決着への期待感が後退する中、ダウは売り優勢となった。しかし、その後、トランプ大統領が米中協議について「順調に進んでいる」と記者団に説明すると、プラス圏に浮上。ただ、大統領は「最終的に取引を行うかについて明言したくない。米国にとって望ましい取引でなければ、行わない」とも語ったため、上値は重かった。


【15日の経済指標】
未定   (日) 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表  -0.10%   
15:30   (日) 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
16:00   (トルコ) 12月 失業率  12.3%   
19:00   (欧) 2月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]  1.5%  ― 
19:00   (欧) 2月 消費者物価指数(HICPコア指数、改定値) [前年同月比]  1.0%
21:30   (米) 3月 ニューヨーク連銀製造業景気指数  8.8  10.0 
22:15   (米) 2月 鉱工業生産 [前月比]  -0.6%  0.8% 
22:15   (米) 2月 設備稼働率  78.2%  78.8% 
23:00   (米) 3月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値  93.8  95.0 
29:00   (米) 1月 対米証券投資  -331億ドル   
29:00   (米) 1月 対米証券投資(短期債除く)  -483億ドル  


第204回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


↑このページのトップヘ