テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【 東京白金は保ち合いが続く 】
*東京白金は、3300円台での保ち合いが続いている。白金相場に独自の材料が乏しく、ボラティリティの低下が著しい。欧州では、将来においてガソリン・ディーゼル車の生産停止や販売中止が計画されており、自動車排ガスを除去する触媒としての白金需要は低下が見込まれている。英国もこの動きに連動して、ガソリン・ディーゼル車の生産停止を決定した。

需給関係においても調査会社CPMは近年の需要伸び悩みについて「自動車・宝飾産業の傾向の変化が逆風となっている」と指摘している。同社によると、2017年の供給過剰規模は19万1000オンスと、前年の19万7000オンスから縮小する見通し。

米金融大手ゴールドマン・サックスは24日付の調査報告で、電気自動車(EV)の普及を理由に、世界の石油需要は早ければ2024年にもピークに達する可能性があるとの見方を示した。世界のEV台数は、2016年の200万台から2030年までに40倍以上の8300万台に増えると予想している。

*CFTC建玉7月18日時点:ファンドの白金買い越しは8541枚(前週比+3144枚)と増加。総取組高は7万2456枚と前週比2015枚の減少。

tkpt

*今週の予想レンジ:3280~3380円

*白金と金の逆ザヤ幅は6月28日には1175円まで拡大し、2015年1月に逆ザヤに転じてから最大となった。その後は逆ザヤ拡大が止まり短期的には1175円を底値として縮小しそうだが、継続性があるとは考えにくい。スプレッドに関しても方向性が出ていない。

saya


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。


【 東京金はレンジ相場が継続 】
*先週のNY金は上昇し、節目の1250ドルを回復した。米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案が頓挫し、スパイサー大統領報道官が辞任するなど、トランプ政権の政策運営に対する先行き不安が高まった。

また、米大統領選にロシア政府が介入していたとされる「ロシアゲート」疑惑がくすぶる中、トランプ大統領の政権運営への懸念が高まり、安全資産として金が買われた。週明けのNY市場は、25、26日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見が強まった。

日足チャートを見ると、ここ1年の高値1375ドル(2016年7月6日)と安値1123.9ドル(2016年12月15日)の半値押しのレベルで推移している。中期的なレンジとしては1200~1300ドルが想定され、大きな材料が出現しなければ、このレンジ内で推移すると予想する。

nyg

*CFTC建玉7月18日時点:ファンドの金買い越しは6万0138枚(前週比-122枚)と減少。総取組高は48万4204枚と前週比8535枚の増加。

*金ETF保有高は減少:金ETF「SPDRゴールド・トラスト」の金保有高は、年初来最大量は867.00トン(6月8日)、年初来最小量は799.07トン(1月25日)。 7月24日時点は809.62トンで、年初来最小量からは1.3%増加。昨年の最大量は982.72トン(7月5日)。米国やカナダの利上げに加え、欧州と英国でもタカ派的姿勢が強まり、金ETFは減少している。

etf

*先週の東京金は、NY金の上昇を受けて底堅く推移したものの、為替が円高に推移したため上値を抑えられた。

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言がハト派的と受け止められ、6月の米消費者物価指数(CPI)が低下したこともあって、「年内あと1回」の利上げに懐疑的な見方が広がり、金は押し上げられた。

これに加え、トランプ大統領が公約した医療保険制度改革(オバマケア)の代替案が頓挫し、スパイサー大統領報道官が辞任した。米大統領選にロシア政府が介入していたとされる「ロシアゲート」疑惑もあって、ドルが下落し、金が押し上げられている。

今週は25、26日に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催される。政策金利は現状維持が予想されている。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見はなく、声明で、バランスシートの縮小開始時期に関して示唆があるかどうか注目される。

タカ派的な内容であれば、ドル高・NY金安の展開が予想される。資産縮小への示唆がない場合は、ドル安・NY金高となろう。しかし、資産縮小は年内に開始すると思われ、ドル安は限定的か。

週末には、4‐6月期米国内総生産(GDP)が発表される。市場予想は前期比年率+2.5%と前回の+1.4%から加速する見込み。金には弱材料となろう。

今週は米主要企業の4-6月期決算がピークとなる。NYダウが市場最高値を更新すれば、やはり金を押し下げることになろう。

ただし、いずれの場合も、ドルの反発が見込まれるため、東京金は円安にサポートされそうだ。

tkg


*今週の予想レンジ:4440~4520円



情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。


7月26日(水)
【7月25日の海外相場および市況】
ny0726

*25日のNY金は小幅続落。翌日終了する米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて売りが優勢となった。7月の消費者景気信頼感指数が前月から上昇し、市場予想も上回ったことを受けて、為替市場ではドルがユーロに対して買い戻され、ドル建て金に割高感が生じたことも重石となった。一部企業の好決算や原油相場の上昇を受けてリスクオフモードが後退したことも金を押し下げた。なお、FOMCでは政策金利は据え置かれるものの、声明で資産圧縮の具体的な開始時期に言及するかどうか、また物価動向についてどんな見解を示すかなどが注目されている。NY白金はドル高を受けて小幅続落。

*25日のNY原油は大幅続伸。サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は前日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟産油国は、市場の需給均衡是正と世界的な供給過剰の緩和を図るため追加対策を講じる用意があると表明。さらに、サウジが8月の原油輸出量を日量660万バレルに抑制する意向も明らかにした。これを受けて、OPEC主導で需給引き締めに向けた新たな対策が講じられるとの期待が強まった。また、為替市場ではドイツの長期金利上昇などを背景にユーロ高・ドル安が進行し、ドル建て原油に割安感が生じたことも強材料となった。

*引け後に発表された米石油協会(API)による21日までの1週間の国内原油在庫は、前週比1020万バレル減の4億8700万バレルとなった。市場予想は260万バレル減だった。原油受け渡し拠点のオクラホマ州クッシングの在庫は260万バレル減。これを受けて、NY原油時間外は、0.49ドル高の48.38ドル近辺で推移している。

*25日のシカゴトウモロコシは下落。米中西部で降雨と低めの気温の天気予報が出たため、作物の生育が促されるとの見方が弱材料となった。シカゴ大豆は天候改善予報を受けて3日続落。

*25日のNY外国為替市場のドル円は、111円台後半に上昇した。欧米株高や金利上昇などを受けてリスク回避の円買いが一服し、翌日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控えて、ドルが買い戻された。今回の連邦公開市場委員会(FOMC)では、イエレンFRB議長による記者会見なども予定されておらず、政策金利の据え置き決定が濃厚。ただ、FRBがFOMC終了後の声明で、保有資産圧縮の具体的な開始時期に言及するかどうか、またFRBが想定する「年内あと1回」の利上げを裏付ける物価動向についてどんな見解を示すか、などに注目が集まっている。

*25日のNYダウは4日ぶりに反発。建設機械大手キャタピラーとファストフード大手マクドナルドが朝方発表した2017年4~6月期決算は、純利益がいずれも前年同期比で2桁増となり、1株当たり利益も市場予想を上回った。好決算を受けてNYダウを押し上げた。また、サウジアラビアが8月の原油輸出量を抑制するとの報を受け、NY原油相場が急伸したことも強材料となった。


【本日の主な経済指標およびイベント】
07:45 (NZ) 6月貿易収支 +1.03億NZD(+0.74億NZD) +1.50億NZD +2.42億NZD
10:30 (豪) 4-6月期消費者物価指数 (前期比) +0.5% +0.4% --
       (豪) 4-6月期消費者物価指数 (前年比) +2.1% +2.2% --
17:30 (英) 4-6月期GDP・速報 (前期比) +0.2% +0.3% --
      (英) 4-6月期GDP・速報 (前年比) +2.0% +1.7% --
23:00 (米) 6月新築住宅販売件数 61.0万件 61.5万件 --
      (米) 6月新築住宅販売件数 (前月比) +2.9% +0.8% --
27:00 (米) FOMC政策金利発表 1.00-1.25% 

第125回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【トルコリラ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のトルコリラ円は下落した。格付会社フィッチ社が21日に発表するトルコの格付けを、引き上げるのではないかとの期待からトルコリラは堅調に推移していた。

しかし、同社は21日、トルコの格付けに関しては、信用格付けを「BB+」で据え置き、格付け見通しは「安定的」であると公表した。これを受けて、失望売りが優勢となり、トルコリラは反落した。

*今週のトルコリラ円は、上値の重い展開になりそうだ。

フィッチ社は今年の初めにトルコの信用格付けを「BBB-」から「BB+」に引下げ、格付け見通しは「安定的」とした。今回のフィッチ社の格付けに関して、トルコ国内のエコノミストは、トルコ経済に大きな悪化がないこと、第1四半期の経済成長が5.0%に達したことから、変化はないだろうと予測していたようだ。

フィッチ社は23日、トルコのインフレ率が目標まで低下し、経常赤字がより持続可能な水準まで減少した場合、長期格付けを「BB+」から「BBB-」へ引き上げる可能性を示した。

フィッチ社は、政治的・地政学的リスクがトルコの信用格付けに対する足かせとなっていることを強調した。

また、同国の経常赤字が、他の新興国と比べてより高い水準にあることを警告した。

一方、政治的環境が穏やかになれば、観光業の早期の回復が見込まれるとし、地政学的リスクの低下がトルコの経済成長を押し上げると強調した。

フィッチ社は、トルコの経済成長率予測を2017~2019年の間で、平均4.3%になると予測している。

<強材料>
①.トルコ政府は2023年に世界10位の経済大国となることを目指しており、人口の多さ、地理的にもアジアとヨーロッパをつなぐ位置にあることから、「欧州の工場」として、海外からの企業誘致を積極的に行っている。
②.2017年7月の消費者信頼感指数が先月と比べて1.9%上昇。

<弱材料>
①.エルドアン大統領は17日、非常事態宣言の3ヶ月間延長をトルコ政府に勧告。2017年7月19日午前1時から3か月間延長されることが可決された。

trc


予想レンジ:31.00円~32.00円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ