テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【トルコリラ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のトルコリラ円は下落した。米長期金利の急騰を受けてNYダウが史上最大の下げ幅を記録したため、市場はリスクオフとなって、高金利通貨のトルコリラは売られた。5日に発表されたトルコの年間インフレ率は12月の11.9%から1月には10.4%に低下した。トルコ自動車製造者協会(OSD)は、2017年の自動車生産台数(トラック・バス含む)が前年比14%増の約169万台に達し、過去最高だったと発表した。欧州連合(EU)向け輸出の伸びが牽引した。1月のトルコ輸出額は約122億ドルに達した。過去12ヶ月間の輸出額は対前年比10.1%増の1580億ドルに達した。

*今週のトルコリラ円は、上値の重い展開が続きそうだ。先週のトルコリラ円の下落は、主にNYダウの大幅下落に端を発した市場のリスクオフが要因だろう。そのNYダウであるが、先週9日に長大下ヒゲ陽線となり、目先の最悪期は脱したのではないか。恐怖指数VIXも一時50ポイント台に急騰していたが、週明けには25ポイント台に下落してきた。インフレ率は低下したものの、依然として2桁台にあるため、市場にはあまり評価されなかったようだ。年間インフレ率が最も高かったのは輸送費の16%だが、ここ最近は原油価格が下落してきたため、次回のインフレ率低下が見込まれる。

国内の景況感は悪くない。1月の購買担当者指数(PMI)は55.7となり、12月の54.9から上昇し、過去7年間で最速ペースでの上昇となった。2017年の粗鋼生産量は前年比13.2%増の3750万トン超となり、過去最高を記録した。このため、世界の株式市場が落ち着きを取り戻せば、トルコリラも反発に転じよう。アフリーン地区のクルド人武装勢力(PKK)への軍事攻撃が地政学リスクとして懸念されるが、先週末には米国・マクマスター国家安全保障補佐官とトルコ・カレン大統領府報道官が会談し、善後策を講じている模様。

lira0213

【トルコリラ経済指標】
2月14日水曜日
16:00トルコ12月経常収支 前回-42.0億USD

2月15日木曜日
16:00トルコ11月失業率 前回10.3%
19:30トルコ12月自動車生産前回-3%

*予想レンジ:28.00円~29.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は、ほぼ変わらずだった。23-29日にかけて行われた第6回北米自由貿易協定(NAFTA)交渉は、一部の分野で進展があったが、焦点の自動車分野などで溝が埋まらなかった。特に目立った進展もなく、材料視されなかった。

*今週のメキシコペソ円は、上昇しそうだ。今週は8日に、1月消費者物価指数(CPI)(前回6.77%、予想5.70%)が発表され、同日、メキシコ中央銀行理事会が開催される。政策金利は7.25%から7.5%に引き上げられる見込み。インフレ期待抑制に向けて12月に続いて政策金利の引き上げが見込まれているが、9年ぶりの高水準となる。メキシコペソは12月の利上げを受けて1月は反発したが、米国のNAFTA離脱の可能性や夏の大統領選を巡る警戒感で上値が重くなる可能性がある。メキシコ中銀は年末までにインフレ率が目標の3.0%に低下すると見込んでいる。

第7回北米自由貿易協定(NAFTA)会合は2月下旬にメキシコ市で開かれる予定だが、3カ国(米国、カナダ、メキシコ)が妥結期限とした3月までの合意は困難とみられ、協議が4月以降へ長期化する可能性が出ている。トランプ大統領は「米国第一主義」を掲げ、要求が通らなければ協定を離脱する意向を示している。NAFTA再交渉への警戒感はメキシコペソの重石となりそうだ。カナダのトルドー首相は2日、NAFTA再交渉で不利な条件が提示されれば、離脱も辞さないとの立場を示しており、NAFTA事態の存続が危うくなる可能性もある。

peso0213

*予想レンジ:5.85円~6.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

2月13日(火)
【2月12日の海外相場および市況】
ny0213

*週明け12日のNY外国為替市場のドル円相場は、材料難のため、108円台後半で小動きに推移した。トランプ政権がこの日発表した2019会計年度の予算教書では、今後10年の財政赤字が大きく膨らむ見通しが示されたが、事前の報道で内容がほぼ織り込み済みだったこともあり、市場への影響は限定的だった。先週末のNY市場では、一時108円近くまで下げていたこともあり、ドル円の下値不安は消えていないが、NYダウが大幅反発に転じているため、ドル円も徐々に水準を切り上げていきそうだ。恐怖指数VIXは、25ポイント台に下落してきた。本日は、特に目立つ予定はない。

*週明け12日のNY金は反発。ユーロが対ドルで反発したことから、ドル建金は割安感が強まり、買いが優勢となった。ただ、1月米消費者物価指数(CPI)の発表を14日に控えて様子見が強まり上値は抑えられた。2日発表の1月の雇用統計で平均時給が大幅な伸びを示したことで、市場では景気過熱リスクやインフレ懸念がくすぶっている。インフレが加速すれば、米連邦準備制度理事会(FRB)が現在「年3回」と想定している利上げペースが「年4回」に速まる可能性があり、その場合には金利を生まない資産である金への投資妙味が薄れるため、金相場には重石となる。NY白金はドル安を受けて7日ぶりに反発。

*週明け12日のNY原油は、NYダウの大幅上昇を受けてリスク投資意欲が回復する中、7日ぶりに反発した。 この日はアジア、欧州、米国の株式市場がおおむね堅調となり、リスクオンモードがやや回復した。株と並んで同じくリスク商品である原油にも買いが入りやすかった。このほか、替市場ではドル売り・ユーロ買いが優勢となり、ドル建て原油に割安感が生じたことも支援要因。ただ、米国内では依然として増産傾向が続いているため、相場の上値は抑えられた。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが前週末9日に発表した国内の石油掘削リグ稼働数は前週比26基増の791基と、2017年1月以来の増加幅となった。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した月報によると、3月のシェールオイル生産量は前月比11.1万バレル増の日量676万バレルとなる見通し。年内には国内産油量が日量1100万バレルに達する可能性もあるとしている。

*週明け12日のシカゴトウモロコシは反発。小麦や大豆の大幅高に連れた。シカゴ大豆は反発。大豆ミール急伸が支援要因。

*週明け12日のNYダウは終値が410ドル高と大幅続伸。先週の大幅な下げの反動から買い戻しが入った。トランプ政権はこの日、2019会計年度(2018年10月〜2019年9月)の予算教書を発表。インフラ投資関連費や国防費の増額を受け、素材株や防衛株が買われた。前週末に約1カ月半ぶりの安値水準を付けていた原油相場が7営業日ぶりに反発したこともエネルギー株の買いを誘った。


【本日の主な経済指標およびイベント】
09:30 (豪) 1月NAB企業信頼感 11 -- --
18:30 (英) 1月消費者物価指数 (前年比) +3.0% -- --
18:30 (英) 1月小売物価指数 (前月比) +0.8% -- --
      (英) 1月小売物価指数 (前年比) +4.1% -- --
18:30 (英) 1月生産者物価指数 (前年比) +3.3% -- --

第152回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


2月11日(月)
【2月9日の海外相場および市況】
ny0209

*週末9日のNY外国為替市場のドル円は、108円台後半で引けた。当初はNYダウの下落に連れて、リスク回避の円高が強まり、一時108円05銭付近まで下げたが、NYダウが戻すと108円台後半まで急速に戻して引けた。CFTC建玉2月6日時点:ファンドのドル買い・円売りは11万2876枚(前週比-1820枚)と減少。総取組高は24万9478枚と前週比1万0759枚の減少。


*週末9日のNY金は反落。取引開始後は株安を受けて買いが先行したが、米国債利回りが上昇し、ドルが反発すると、反落に転じた。CFTC建玉2月6日時点:ファンドの金買い越しは19万0877枚(前週比-1万6385枚)と減少。総取組高は53万5321枚と前週比2万4011枚の減少。


*週末9日のNY白金は、ドル高を受けて下落。CFTC建玉2月6日時点:ファンドの白金買い越しは4万1819枚(前週比-1574枚)と減少。総取組高は9万0932枚と前週比1235枚の減少。


*週末9日のNY原油は、大幅続落。今週発表された米国産原油生産量の日量1000万バレル台乗せなどの供給圧力懸念が引く続き嫌気された。この日発表された米国内の稼働中の原油のリグ(掘削装置)数が急増していたことも弱材料。チャート悪化によって、これまで膨れ上がっていたファンドの買いが一斉に手じまわれる形となって、売りが売りを呼ぶ展開となった。CFTC建玉2月6日時点:ファンドの原油買い越しは73万9097枚(前週比+4539枚)と増加。総取組高258万9270枚と前週比5万4413枚の減少。


*週末9日のシカゴトウモロコシは反落。原油が大幅安となり、商品全般に売り圧力がかかった。CFTC建玉2月6日時点:ファンドのトウモロコシ買い越しは4万8070枚(前週比+3万4316枚)と増加。総取組高は171万1904枚と前週比1万9656枚の増加。

*週末9日のシカゴ大豆は反落。小麦安とトウモロコシの下落に連れて下げた。CFTC建玉2月6日時点:ファンドの大豆買い越しは1893枚(前週比+1万4692枚)と増加。総取組高は78万4222枚と前週比6001枚の減少。


*週末9日のNYダウは330ドル反発で引けた。取引前半は下値模索が続き一時500ドル安まで急落したが、午後になって急速に買い戻されて反発した。          


【本日の主な経済指標およびイベント】
*東京市場休場(建国記念日振替)
 


第152回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


↑このページのトップヘ