テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

3月27日(月)
【3月24日の海外相場および市況】
ny0324

*週末24日のNY金は小反発。米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の採決待ちで様子見気分が広がる中、買われた。米大統領報道官はこの日、下院が前日に延期したオバマケア見直し法案の採決を予定していると発表したが、仮に下院を通過したとしても、与野党の勢力が拮抗する上院で可決される必要があり、容易には進まないとの警戒感が残った。同法案が成立しないと、トランプ政権が掲げる大型景気対策も暗礁に乗り上げかねないとの懸念も強く、安全資産の金は買われた。一方、ドル安と債券利回りの低下、株安が進んだ。CFTC建玉3月21日時点:ファンドの金買い越しは11万6252枚(前週比+1万0214枚)と増加。総取組高は44万6880枚と前週比2万0710枚の増加。

*週末24日のNY白金はドル安を受けて続伸。CFTC建玉3月21日時点:ファンドの白金買い越しは2万8955枚(前週比-1220枚)と減少。総取組高は6万7455枚と前週比1416枚の増加。

*週末24日のNY原油は5日ぶりに反発。米国内での増産が米石油輸出国連合(OPEC)の協調減産効果を相殺するのではないかとの懸念などを背景に売りが継続してきたが、この日は、4日続落の後を受けて安値拾いの買いが入ったほか、為替市場でドル安・ユーロ高が進行したことを背景に割安感による買いも入った。25、26日にはOPEC加盟・非加盟国による協調減産の実施状況を点検する監視委員会がクウェートで会合を開く予定で、市場の注目は6月末までの協調減産の期限を延長するかどうかに集まっている。CFTC建玉3月21日時点:ファンドの原油買い越しは41万8517枚(前週比-1万5283枚)と減少。総取組高は219万4206枚と前週比4万6055枚の減少。

*週末24日のシカゴトウモロコシは5日続落。昨年の豊作を受けた大量の在庫水準や、米国産への輸出需要の鈍化に圧迫された。作付け開始時に、米中西部で土壌水分が十分な水準になるとの見通しも弱材料。CFTC建玉3月21日時点:ファンドのトウモロコシ買い越しは6万3946枚(前週比-4万9156枚)と減少。総取組高は141万7628枚と前週比4万1359枚の減少。

*週末24日のシカゴ大豆は、米国産大豆の作付け増加見通しを受けて続落。米穀物調査会社アレンデールは、米国の大豆作付面積が8882万5000エーカーで、過去最高になるとの見通しを示した。CFTC建玉3月21日時点:ファンドの大豆買い越しは7万0957枚(前週比-3万4521枚)と減少。総取組高は69万9616枚と前週比2万3602枚の増加。

*週末24日のNY外国為替市場では、米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案をめぐる審議の行方に注目が集まる中、思惑的な売り買いが交錯し、ドル円111円台前半に下落した。2月の耐久財受注が前月比1.7%増と、市場予想を上回ったことが支援材料となり、一時は111円30銭付近まで反発したが、その後は下院本会議でのオバマケア見直し法案の採決待ちとなる中、否決への警戒感から下落に転じ、一時110円63銭の安値をつけた。しかし、トランプ大統領が同法案の撤回を要請したと伝えられると一気にドルは買い戻され、再び111円台に押し戻された。CFTC建玉3月21日時点:ファンドのドル買い・円売りは6万6987枚(前週比+4310枚)と増加。総取組高は19万1626枚と前週比1万1021枚の減少。

*週末24日のNYダウは7日続落。2月の耐久財受注額が市場予想を上回ったことが支援材料となり、一時61ドル高まで上昇したが、米下院本会議でのオバマケア見直し法案の可決に必要な票数が集まっていないとの報を受け、マイナス圏に転落。法案の採決が見送られることが分かると下げ幅を削ったが、税制改革などトランプ大統領が掲げる他の政策の実現が懸念され、売り優勢のまま引けた。

【本日の主な経済指標およびイベント】
17:00 (独) 3月Ifo景況感指数 111.0 111.1 

第109回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【3月24日(金)国内市況と終値】
tk0324

*24日の金と白金は時間外相場の下落を受けて売りが優勢となった。ただ、為替が円安に振れたため、下げ幅はいずれも限定的だった。23日のNY金は、米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の採決を前に、様子見姿勢が強まる中、利食い売りに押され、6営業日ぶりに小反落した。しかし、上値については4営業日続けて切り上げ、ザラ場で1250ドルの心理的節目を上抜いている。

*24日の原油は前日のNY原油の下落を受けて反落。石油製品も安い。23日のNY原油は続落。原油在庫の積み上がりなど米国内の需給緩和に対する根強い懸念から売りが優勢になった。

*24日ゴムは反落。上海ゴムの軟化や原油相場の反落を受けて売りが優勢となった。

*24日のトウモロコシと大豆はシカゴ相場安を受けて続落。

*24日の東京外国為替市場のドル円相場は、オバマケア見直し法案の可決期待で買われ、111円台半ばに反発している。オバマケア見直し法案の可決を期待して底堅いが、採決の行方は依然不透明で上値は限られている。また、仮に米下院で可決されても、上院通過はなお困難との見方が強い。

*24日の日経平均株価は大幅続伸。朝方は為替が一時110円台の円高・ドル安となったが、円安に反転するに連れて、大手銀行株や輸出関連株が値上がりした。


第109回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


3月24日(金)
【3月23日の海外相場および市況】
ny0323

*23日のNY金は、利益確定売りに押されて小反落。米医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案をめぐる審議の行方が警戒される中、安全資産として買われていた。最新週の新規失業保険申請件数が市場予想よりも悪かったことも強材料。しかし、2月の米新築一戸建て住宅販売件数が予想を上回る良好な内容だったことを受けて利益確定売りが優勢となった。医療保険制度改革(オバマケア)見直しに関する法案の採決を控えて様子見も強まった。オバマケアをめぐる混乱から、トランプ大統領が打ち出す減税やインフラ投資に影響を及ぼす可能性があるとの見方が金相場の下値を支えた。NY白金は3日ぶりに反発。

*23日のNY原油は、米国内の供給過剰懸念を受けて続落。米エネルギー情報局(EIA)が前日発表した最新週の原油在庫が500万バレル増と、市場予想の280万バレル増を大幅に上回っていたことから、米国内の過剰在庫が改めて意識され、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産を相殺する以上の影響をもたらすとの見方から売りが優勢となった。OPECと一部の非OPEC諸国の石油相は26日、クウェートで会合を開き、減産順守について協議する。

*23日のシカゴトウモロコシは、南米の豊作見通しに圧迫されて4日続落し、2カ月半ぶりの安値を付けた。シカゴ大豆も、南米の豊作見通しを嫌気して続落。

*23日のNY外国為替市場では、米医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の行方に対する警戒が続き、安全資産とされる円が買われた。オバマケア代替法案は23日夜の下院本会議での採決に向け、与党・共和党内の調整が進められたものの、保守派の反対が強く難航。同法案が否決されれば、大型減税などトランプ政権の景気刺激策も停滞するとの懸念から、円買いが続き、一時110円62銭まで下落した。その後、いずれは可決されるとの見方から買い戻しが入り、111円台に押し戻された。

*23日のNYダウは6日続落。米医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の行方に対する警戒から売りが優勢となった。オバマケア見直し案の行方は、トランプ大統領の政権運営能力を見極める試金石として注目を集めている。否決されれば政権運営に対する信頼が損なわれ、「トランプ相場」の原動力だった大規模な税制改革や規制緩和への期待がはく落する可能性がある。


【本日の主な経済指標およびイベント】
06:45 (NZ) 2月貿易収支 -2.85億NZD(-2.57億NZD) +1.80億NZD -0.18億NZD
17:30 (独) 3月製造業PMI・速報 56.8 56.5 --
17:30 (独) 3月サービス業PMI・速報 54.4 54.5 --
18:00 (EU) 3月製造業PMI・速報 55.4 55.3 --
18:00 (EU) 3月サービス業PMI・速報 55.5 55.3 --
21:30 (米) 2月耐久財受注 (前月比) +2.0% +1.3% --
      (米) 2月耐久財受注 (前月比:除輸送用機器) 0.0% +0.6% 

第108回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【3月23日(木)国内市況と終値】
tk0323

*23日の金は小反落。NY金時間外が反落したため、売りが優勢となった。白金は4日続落。NY金時間外は1245ドル前後後で保ち合い。23日の米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の採決を前に、様子見姿勢が強まっている。同法案は、共和党内で調整が難航している。法案が否決されれば、トランプ大統領の減税やインフラ投資など財政刺激策の実現性にも懐疑的な見方が広がり、期待先行で高値を更新し続けてきたNYダウが調整局面に入る可能性があり、利上げペースも鈍化しそうで、金相場には強材料になると見られている。逆に、法案可決となれば、リスクオフモードは後退し、金には売り圧力がかかるだろう。

*23日の中東産原油は、NY原油の上昇や円高一服を受けて5日ぶりに反発。石油製品も堅調。産油国による協調減産の履行状況を確認する監視委員会がクウェートで週末に開催されるため、様子見が強まっている。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間統計で、原油在庫が前週比500万バレル増加(市場予想は280万バレル増)し、在庫水準が5億3100万バレルと統計開始以来の最高を更新したことが嫌気された。 ただ、ガソリン在庫が280万バレル減と市場予想(200万バレル減)以上に減少したことから買い戻しが優勢になった。

*23日のゴムは3日ぶりに反発したが、上げ幅は削った。

*23日のトウモロコシは3日続落。一般大豆は5日続落。昨日のシカゴ大豆は節目の10ドルを割り込んで引けた。最大の大豆
輸入国である中国の搾油マージンが悪化している点や、ブラジルで起きた食肉をめぐる不正問題が弱材料視されており、まだ下押し圧力が強まる可能性がある。世界最大の食肉輸出国のブラジルで起きた食肉の衛生検査をめぐる不正問題を受け、中国やEUなどがブラジル産の食肉の輸入停止に踏み切っている。同国内で肉の供給を絞る動きが広がれば、家畜のえさの大豆にも弱材料になりそうで、先安感が強まる可能性がある。

*23日の東京外国為替市場のドル円相場は、米医療保険制度改革(オバマケア)代替法案をめぐる下院本会議の可決を控え、111円台前半で保ち合いとなっている。オバマケア代替法案に関して、市場では、可決ならショートカバーで上昇、否決なら、前日安値の110円70銭台を目指すとの見方をしている。

*23日の日経平均株価は4日ぶりに小反発。前日のドル円は海外市場で約4カ月ぶりとなる110円台まで円高が進行し、日経平均株価も朝方は売りが優勢となったが、1万9000円の大台を割り込んだところでは買いが入り、下値が支えられた。


第108回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


3月23日(木)
【3月22日の海外相場および市況】
ny0322

*22日のNY金は、世界的な株安などを背景に投資家のリスク回避姿勢が強まったことから買われて続伸した。ただ、1250ドル付近では高値警戒感も根強く、上値は重かった。ロンドン中心部の英国会議事堂付近でこの日、テロとみられる襲撃事件が起こり、為替市場ではユーロが対主要通貨で上げ幅をやや圧縮したものの、金相場の反応は一時的だった。トランプ大統領や共和党議会指導部は医療保険制度改革(オバマケア)の改廃法案可決に向け、十分な支持を得られていないようだ。法案は23日に下院で採決される予定。法案が可決されない場合、米連邦準備制度理事会(FRB)は利上げペースに関してより慎重になる可能性があり、金には強材料になりそうだ。NY白金は続落。

*22日のNY原油は3日続落。一時47ドル割れが迫った。米エネルギー情報局(EIA)が公表した週間在庫統計は、原油在庫が500万バレル増を記録し、10週ぶりに減少に転じていた前週から一転して市場予想(280万バレル増)を上回る積み増しとなったことから、供給過剰懸念が強まった。EIAの発表直後には、一時47.01ドルと2016年11月末以来約3カ月半ぶりの安値に急落した。ただ、ガソリン在庫は280万バレル減(予想は200万バレル減)、ディスティレート(留出油)在庫は190万バレル減(同140万バレル減)と、石油製品在庫が予想を上回る取り崩しとなったため、安値からは反発した。石油輸出国機構(OPEC)の減産にもかかわらず、供給が今年に入って約5500万バレル増加しているため、OPECの減産合意の実効性を相殺する以上の弱気効果をもたらしている。米シェールオイル生産者は掘削リグ数を増やしており、3月10日までの1週間の生産量は日量約910万バレルと、昨年平均の890万バレルを上回った。

*22日のシカゴトウモロコシは、ブラジルの降雨予想を嫌気して3日続落。米国でも降雨があり、作付け期を前に中西部で土壌の水分が蓄えられるとみられている。シカゴ大豆は、米国の大規模作付け予想を嫌気して反落。

*22日のNY外国為替市場では、トランプ政権の政策運営に対する不透明感が晴れない中、安全資産である円が買われ、ドル円は一時110円74銭と、2016年11月22日以来4カ月ぶりの安値を付けた。ただ、その後ドルは買い戻され、111円台前半に戻して引けた。医療保険制度改革法(オバマケア)の見直し法案は23日に下院本会議で採決される予定だが、共和党内の一部反対で否決されるとの観測が浮上。同法案が成立しないと、大型減税など財政刺激策もまとまらないとの見方が広がった。米債券買いに伴う長期金利の低下も日米金利差の観点から円買い・ドル売り要因となった。また、2月の米中古住宅販売件数が前月比3.7%減の548万戸と、市場予想の557万戸を下回ったこともドル売り材料となった。

*22日のNYダウは小幅続落。トランプ政権が最優先で取り組む医療保険制度改革(オバマケア)の代替法案をめぐり、共和党内の調整が難航。そのため、大型減税など経済政策も停滞するとの懸念から、この日も売りが優勢となった。オバマケア代替法案は23日に米下院で採決される予定だが、共和党内の離反で否決される可能性への警戒感が強い。トランプ相場にとって、代替法案の採決は今後の相場を占う試金石となっている。法案が否決されれば、大型減税や巨額インフラ投資、規制緩和に対する市場の期待がはく落し、相場が調整局面に入る可能性もある。


【本日の主な経済指標およびイベント】
18:30 (英) 2月小売売上高 (自動車燃料含む:前月比) -0.3% +0.4% --
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 24.1万件 24.0万件 --
23:00 (米) 2月新築住宅販売件数 55.5万件 56.4万件 --
      (米) 2月新築住宅販売件数 (前月比) +3.7% +1.6% --
24:00 (EU) 3月消費者信頼感・速報 -6.2 -5.9 


第108回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


↑このページのトップヘ