テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【 東京白金は割安感強く、買いが優勢が続きそう】
*NY白金は、依然としてレンジ相場が続いている。ドルの動向や最大の生産国である南アフリカの通貨ランドの動向に左右される展開が続いている。

南アフリカ経済の行き詰まりや政治的な不透明感から、通貨ランドが下落し、白金相場の弱材料になることが考えられる。

次世代の電気自動車シフトに伴う触媒需要減少観測から心理的に上値が抑制されているが、ドル高一服により900ドルの下値はサポートされている。一方、10月下旬に発表された今年の南アフリカのGDPに対する財政赤字比率は4.3%になり、4月時点の3.1%から上昇している。こんな状況で、先週はズマ大統領が高等教育無償化を発表したが、一段と財政を圧迫するとの懸念が強まっている。

24日に予定されている格付け会社S&Pとムーディーズによる格付けでは、ランド建て国債が投機的(ジャンク)に引き下げられる可能性が高い。実際に格下げされた場合、南ア国債は売られ、南アランドが急落し、白金相場も下落する可能性がある。

目先的には、金やパラジウムに対する割安感から買い戻しが先行するにしても、24日の格付け発表に向けて、次第に上値は重くなっていく可能性がある。

tkpt114

*CFTC建玉11月7日時点:ファンドの白金買い越しは2万2204枚(前週比+2592枚)と増加。総取組高は7万8380枚と前週比552枚の増加。

*今週の予想レンジ:3350~3450円

*白金と金の逆ザヤ幅は9月27日に-1306円まで拡大し、過去最大となった。白金の割安感が強まったため、短期的には買戻しが優勢となりそうで、白金と金の逆ザヤは縮小しそうだ。


saya1114


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【 東京金は、レンジ相場が続きそう】
*先週のNY金は、複数の強材料が出現して底堅く推移した。サウジアラビアでは次期国王と目されるムハンマド皇太子が汚職関与を理由に王族メンバーや閣僚らを多数拘束するなど「粛清」に動いているため、サウジ情勢に対する先行き不安が浮上し、地政学的リスクが高まった。

米国では、税制改革の焦点となる法人減税をめぐり、上院の共和党執行部が実施時期を下院案の2018年から19年に遅らせることを検討していると報じられ、税制改革への期待が後退した。上院共和党が9日に発表した税制改革案は、下院案と比べて個人所得税の最高税率や適用税率区分などの点で相違が目立つ内容となったため、法案一本化に向けた調整が難航し、税制改革自体が頓挫することへの懸念が広がった。

また上院案が、トランプ政権が公約の柱とする法人減税の実施時期を下院案より1年遅らせたことも嫌気された。こうした背景から、ドル相場が反落し、ドル建て金に割安感が強まって買いが優勢となった。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)による年内あと1回の利上げが、ほぼ確実視されているため、上値は重かった。

nyg1114

*CFTC建玉11月7日時点:ファンドの金買い越しは19万57904枚(前週比+2695枚)と増加。総取組高は53万6843枚と前週比4925枚の増加。

*金ETF「SPDRゴールド・トラスト」の金保有高は、8月7日に年初来最小量786.87トンとなったが、8月14日から増加に転じ、11月13日時点では843.39トンとなった。NYダウが史上最高値を更新する中、安全資産である金は買いが細り、850トン台を下回った。年初来最大量の867.00トン(6月8日)を更新するには、時間がかかるかもしれない。ただ、地政学的リスクや政治的不透明感から、安値では買いが入り、減少にも歯止めがかかってきたようだ。季節要因的にも、これからクリスマスに向けて現物需要が増える可能性があり、金ETFは増加していく可能性がある。

etf1114

*ドル高基調が弱まったことでドル建て金は底堅くなり、NY金は1260ドル台を下値にして底堅く推移しているが、東京金相場はドル円とNY金の綱引きで決まるため、保ち合い状態が続いており、レンジ相場から抜け出せていない。

市場の焦点は米議会で審議中の税制改革の行方に移っている。トランプ大統領はクリスマスまでに実現させる意向だが、上院と下院では法人減税の導入時期など相違点も多く、一本化への調整は難航が予想されている。これが懸念に反して、すんなり決まるようであれば、「ドル反発・NY金下落」といった展開になろう。

ただ、12月の利上げはほぼ確実視されているものの、次期米連邦準備制度理事会(FRB)議長がハト派と目されているパウエルFRB理事であるため、来年の利上げが従来の想定通りに果たして3回になるのかという疑問があるため、金相場はサポートされるだろう。サウジアアラビアにおける一種の粛清や鳴りを潜めている北朝鮮情勢の行方も気になり、不透明要因がある以上、金が急落といった展開は想定しにくいだろう。一つ気になる点は、連騰していたNYダウのモメンタムにやや陰りが出てきたことだ。今後、税制改革法案の遅れが嫌気されて利益確定売りが強まれば株価は下落し、リスク回避の観点から金相場の反発が予想される。その場合、東京金はレンジをブレイクしそうだ。

tkg1114

*今週の予想レンジ:4600~4700円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

11月15日(水)
【11月14日の海外相場および市況】
ny1115

*14日のNY金は続伸。為替市場でドル売り・ユーロ買いが進行し、ドル建て金に割安感が生じたため、買いが優勢となった。また、米税制改革の年内実現に懐疑的な見方が広がっていることも、リスク回避姿勢を強め、安全資産である金には支援材料となった。NY白金は反落。

*14日のNY原油は反落。国際エネルギー機関(IEA)はこの日公表した11月の石油市場月報で、原油価格の上昇や天候要因を理由に、2017年と18年の需要予測を前回見通しから日量6万バレル、同19万バレル、それぞれ下方修正した。前日には石油輸出国機構(OPEC)が月報で2018年の需要増加を予想していたため、市場ではOPEC加盟・非加盟の産油国による協調減産効果への期待も加わって需給引き締まり観測が広がっていた。しかし、米国内で続くシェールオイル増産が圧迫材料となり、この日は利益確定売りが優勢となった。ただ、心理的な節目である55ドル近辺では、買い戻しが強まり、下げ幅を縮小した。

*14日のシカゴトウモロコシは続落し、1年ぶりの安値をつけた。米国では収穫が進み、供給過剰が意識されている。シカゴ大豆は、ブラジルの好天予報で続落。

*14日のNY外国為替市場では、113円台半ばを中心に保ち合いとなった。米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が欧州中央銀行(ECB)主催の会合で、金融政策の先行きに関するガイダンスについて言及したが、市場は反応せず。また、10月の卸売物価指数(PPI)は全体、コア指数ともに前月比で0.4%上昇したが、材料視されなかった。米長期金利の低下やユーロ高・ドル安の進行を眺めて、ドルが売られやすい地合いとなった。ただ、翌日の消費者物価指数(CPI)発表を控えて値動きは限定的だった。

*14日のNYダウは反落。この日、国際エネルギー機関(IEA)が、2018年の石油需要予測を下方修正したことを受けて原油相場が下落した。これにつれてエネルギー株が下落したほか、米長期金利の低下を背景に金融株にも売りが出た。12月の追加利上げはほぼ織り込まれているため、市場の焦点は米議会で審議中の税制改革の行方に移っている。トランプ大統領はクリスマスまでに実現させる意向だが、上院と下院では法人減税の導入時期など相違点も多く、一本化への調整は難航が予想されている。


【本日の主な経済指標およびイベント】
08:50 (日) 7-9月期GDP・1次速報 (前期比) +0.6% +0.4% +0.3%
      (日) 7-9月期GDP・1次速報 (前期比年率) +2.5% +1.5% +1.4%
08:50 (日) 7-9月期GDPデフレーター・1次速報 (前年比) -0.4% +0.1% +0.1%
13:30 (日) 9月鉱工業生産・確報 (前月比) -1.1% -- --
16:00 (トルコ) 8月失業率 10.7% 11.0% --
18:30 (英) 10月失業者数 +0.17万人 -- --
18:30 (英) 10月失業率 2.3% -- --
18:30 (英) 9月ILO失業率(3カ月) 4.3% 4.3% --
19:00 (EU) 9月貿易収支(季調前) +161億EUR -- --
20:00 (南ア) 9月小売売上高 (前年比) +5.5% +4.5% --
22:30 (米) 10月消費者物価指数 (前月比) +0.5% +0.1% --
      (米) 10月消費者物価指数 (コア:前月比) +0.1% +0.2% --
      (米) 10月消費者物価指数 (前年比) +2.2% +2.0% --
      (米) 10月消費者物価指数 (コア:前年比) +1.7% +1.7% --
22:30 (米) 11月NY連銀製造業景況指数 30.20 25.10 --
22:30 (米) 10月小売売上高 (前月比) +1.6% 0.0% --
      (米) 10月小売売上高 (前月比:除自動車) +1.0% +0.2% --
24:00 (米) 9月企業在庫 (前月比) +0.7% 0.0% --
30:00 (米) 9月対米証券投資 +672億USD -- 

第140回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は軟化した。9日に行われたメキシコ銀行(中央銀行)金融政策決定会合では、市場の予想通り政策金利(翌日物銀行間レート)を7.00%に据え置いた。声明文によると、来年にかけて物価は低下すると見ている。また、9日に発表された10月の消費者物価指数(CPI)の前年同月比は+6.37%と、中央銀行の物価目標レンジ(+2.0~4.0%)を大きく上回った。

*今週のメキシコペソ円は、保ち合いで推移しそうだ。メキシコの政策金利は現在7.0%だが、2015年12月から2017年6月までにかけて10回も引き上げられており、メキシコ中銀は利上げ効果を見極めるために当面の金融政策は様子見をつづけそうだ。2018年夏には、次期大統領選挙が予定されているが、現在のペニャニエト大統領は再選不可のため、金融政策に関してはフレキシブルに対応する可能性はある。

10月31日に発表された2017年7-9月期国内総生産(GDP)成長率は前年同期比+1.6%と、底堅い結果となった。9月に発生した大地震やハリケーンの影響により前期から減速したものの、経済成長率は来年前半にかけて加速すると見込まれている。中銀はインフレ率の低下を見込んでいるが、地震による復興需要を受けて、今後は、労働市場が逼迫する可能性もあり、将来の物価上昇要因となりそうだ。

その場合、再び利上げ期待が出てくるだろう。また、北米自由貿易協定(NAFTA)は協議が継続しているが、交渉が難航したり頓挫したりすれば、メキシコペソ円には押し下げ要因となろう。

peso1113

*予想レンジ:5.900円~6.000円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ