テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

10月27日(月)
【10月24日 海外相場および市況】
ny1024

*週末24日のNY金は3日続落。経済指標の回復を受けて、NYダウが上昇に転じたため、リスクヘッジとしての金の需要が低下した。9月の米新築一戸建て住宅販売件数は6年ぶりの高水準となった。世界最大の金上場投資信託(ETF)、SPDRゴールド・トラストの今週の金保有高は2008年末以来の低水準になり、投資マインドの低下を示している。CFTC建玉10月21日時点:ファンド筋の買い越しは10万7984枚(前週比+2万2569枚)と買い越しは増加。

*週末24日の原油相場は、WTI、ブレント共に世界的な需給バランスの緩みを警戒した売りに押されて反落。相場は前日、サウジアラビアが産油量の調整に踏み切るとの期待を背景に大幅上昇した。しかし、実際は市場への原油供給量は減ったものの、9月の生産量は8月を上回ったと伝えられたことから、この日は一転して売りが優勢となった。西アフリカからNY市に戻った医師のエボラ出血熱感染に関する報道から、感染が拡大すれば、消費者心理の冷え込みにつながるとの警戒感が強まり、相場は終日マイナス圏で推移した。石油輸出国機構(OPEC)は11月27日に開く総会で、2015年上半期の生産目標を検討するが、引き下げを求める国は少数にとどまっている。CFTC建玉10月21日時点:ファンド筋の買い越しは28万101枚(前週比+1321枚)と微増。

*コーンは反落。取引時間中の早い段階で約2カ月ぶりの高値を付けた後、利益確定売りが出た。米中西部の辺りでは収穫が進展し、乾燥天候がさらに続くとの見方も相場下落の要因。ベトナムの食物製粉業者が、相場が急落したことから米国産トウモロコシ20万トンの購入をキャンセルした事も嫌気された。CFTC建玉10月21日時点:ファンド筋の買い越しは12万6320枚(前週比+2万2553枚)と買い越しは増加。

*大豆は反落。6週間ぶりに一時1000セントを上回ったことを受け、利益確定売りがでた。乾燥天候が今後も続き、収穫が進展するとみられており、過去最高の収穫高になるとの見方が相場を重くしている。乾燥天候となっていたブラジルの穀倉地帯では散発的な降雨があったことも嫌気された。CFTC建玉10月21日時点:ファンド筋の買い越しは6647枚(前週比+1万3735枚)と9週間ぶりに買い越しに転じた。

*週末24日のNY外国為替市場の円相場は、エボラ出血熱の感染拡大懸念や米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控えた警戒感から堅調に推移した。金融センターのNY市で初めてのエボラ熱感染例が確認され、経済活動への影響を懸念して投資家のリスク志向が低下。米長期金利の低下も加わり、円が買われた。28~29日に開かれるFOMCでは、量的緩和第3弾(QE3)の終了が決定されるとの見方が有力。市場では当局が金融政策正常化への道筋をどう示すかについて関心が高まっている。CFTC建玉10月21日時点:ファンド筋の円売りは7万1738枚(前週比-2万9409枚)と縮小傾向にある。

ユーロは堅調。欧州中央銀行(ECB)による大手銀行を対象とした特別検査(ストレステスト)の結果(26日公表)が注目材料。検査結果をめぐる思惑からドルに対するショートカバーが活発化した。CFTC建玉10月21日時点:ファンド筋のユーロ売りは15万9371枚(前週比-4029枚)と再び増加している。

国際通貨基金(IMF)は今週、サハラ以南のアフリカの経済成長率予想を5%とし、従来の5.5%から下方修正した。理由の1つとして、エボラ出血熱の流行による「経済への影響が具体的に現れ始める」ことを挙げている。 エボラ熱の感染者は今年、シエラレオネ、ギニア、リベリアの3カ国を中心に1万人近くに上り、うち約4900人が死亡している。

*週末24日のNY株式相場は、好調な米企業決算などを受けて続伸し、半月ぶりの高値で終了した。9月の米新築住宅販売件数が市場予想を下回ったことで、ダウ平均は一時マイナス圏に沈む場面もあったが、堅調な内容の米企業決算が続く中、徐々に買いが優勢な展開となった。

【本日の主な経済指標およびイベント】
18:00 (独) 10月IFO景況指数 104.7 104.5
23:00 (米) 9月中古住宅販売成約 [前月比] -1.0% +1.0%

*数値は順に、前回、予想。

【10月24日 国内市況終値】
tk1024

*金は下落。23日のNY金相場が欧米株高を受けて下落したことから売りが先行した。ただ、その後はNY時間外相場が反発に転じたため、下値を切り上げた。23日のNY金相場は、良好な米経済指標や米株価の上昇を受けて下落したが、時間外取引ではポジション調整の買いが入っている。23日発表された9月の米景気先行指標総合指数は、前月比0.8%上昇と市場予想の0.6%上昇を上回り、米経済の回復を示す内容となった。また、米週間新規失業保険申請件数は前週比1万7000件増えたものの、30万件を下回り、米雇用環境が改善傾向にあることが確認された。中国やユーロ圏のPMIも好内容となっており、世界景気に対する過度な不安が一服したとみられる。ただ、来週にFOMCを控えているため、動きにくいようだ。

*中東産原油は大幅反発。23日の欧米原油相場が、世界景気の先行き不安の後退などを受けて上昇した上、円相場の軟化を受け、買い先行で始まった。その後は、利益確定の売りに伸び悩む場面もあったが、終盤にかけては再び買い直され上げ幅を拡大した。石油製品も原油高に追随して反発。11月当限は、ガソリンが1840円高の7万3070円、灯油が570円高の7万3270円。23日のWTIは、サウジアラビアの9月の原油供給量減少などを背景に買われ、82ドル台に急反発したが、時間外に移行後は水準を切り下げている。米株価指数先物が急落していることから、利益確定が出たようだ。NY市の医師がエボラ出血熱の検査で陽性反応を示したことが株安要因になっているようだ。

*ゴムは続伸。先ぎりは一時9月5日以来7週間ぶりに200円を回復した。その後は週末を控えた利食い売りに押される場面もあったが、午後は再び買いが強まり、堅調に推移した。タイのゴム農家への補助施策と、主要生産5カ国の安値販売自粛でここまで戻したが、生産国では在庫が積み上がりつつある一方、安値販売自粛には拘束力はなく、目標のキロ当たり150セント以下の売り物が出ているため、200円を大幅に超えて行くのは困難との見方が強い。減少傾向だった国内生ゴム在庫が、年明けには増加する可能性もあるという。

*コーンは反発。シカゴ相場の上昇と円安を受けて買いが先行し、その後もシカゴ時間外相場の上昇により堅調に推移した。一般大豆も大幅続伸。

*東京外国為替市場のドル円相場は、週末を控えて108円前後で小動き。米国の医師がエボラ出血熱の検査で陽性だったとの報道で一時107円80銭台に下落したが、再び108円付近に戻した。米国で23日に発表された経済指標は、失業保険申請件数の過去1カ間の平均が14年ぶりの低水準となったほか、8月の米連邦住宅金融局(FHFA)住宅価格指数が市場予想を上回る伸びとなった。

*日経平均株価は自動車など主力株を中心に買いが広がり反発した。

*東京金1時間足
昨夜の夜間取引以降、18本、36本、54本の移動平均線を割り込んで、下落基調が強まり一時4264円まで下落した。MACDもデッドクロスを示現して、ゼロラインを割り込んだ。本日の終値は4273円とサポートラインまで戻している。ここから上昇した場合、4285円のレジスタンスラインをブレイクすれば上昇基調に転じ、4300円にトライする展開になるだろう。逆に、下落した場合、4250~4260円のサポートゾーンで下げ止まるかどうかに注意したい。

tkg60_1024
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【ドル円テクニカル分析】
ドル円相場を4時間チャートを見てみる。10月1日に110.110円と6年ぶりの高値を付けたが、その後は反落に転じ16日には105.185円まで反落した。この高値と安値にフィボナッチリトレースメントを当てはめると。0.38倍押し=108.24円、0.5倍(半値)押し=107.65円、0.62倍押し=107.06円となる。本日早朝には108.365円まで値を伸ばし、0.38倍押しラインを上抜いたが、現在上値を削り、0.38倍押しのラインを下回っている。

一目均衡表を見ると、転換線は基準線を上回り、両者共に雲を上回っているため上昇基調に転じていると言える。MACDもゼロラインを越えて上昇しているが、RSI(14本)は73%まで上昇した後、反落に転じ70%を下回っている。遅行線も雲の中に入り込んでいるため、雲の抵抗を受けて伸び悩んでいる。

以上から、短期的には上値重く推移する可能性が高く、110円を目指すような円安基調が強まるには、まだ相応の時間が必要だろう。短期的には0.5倍押しラインのレベルまで下落する可能性がありそうだ。仮にこのラインを下回っても、0.62倍押しのラインには雲があるため、このレベルは維持されるだろう。

以上は慎重な見方だが、108.40円に達する円安となれば、遅行線が一気に雲をブレイクするため、全値戻しとなる上昇相場へ発展する可能性が高まるだろう。

*ドル円4時間足
usd1024
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


【東京金テクニカル分析】

東京金相場は10月22日に4300円の節目にタッチしたが、この上値抵抗線をブレイクすることができず次第に上値を切り下げる展開になっている。日足における一目均衡表の雲の上限が4300円であり、これが上値抵抗線として機能したようだ。ただ、転換線と基準線はすでにゴールデンクロスしており、50日、100日、200日の主要な移動平均線を上回っていることに加え、MACDもゴールデンクロスしていることなどから、軟調な展開に転じても下値は堅いと予想する。

また、6月以降の高値4075円(6月2日)と安値4382円(7月11日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、0.38倍押し=4265円、0.5倍(半値)押し=4229円、0.62倍押し=4192円となるが、現状は0.38倍押しのラインを上回っているため、全値戻しに向けて上昇していく可能性がある。

直近では雲が上値抵抗ゾーンになっているが、厚さはそれほどなく、今月下旬には雲自体が切り下がり、厚みがさらに薄くなるため、上方へのブレイクが今よりも容易になる可能性が高い。日柄待ちというところだろう。

以上は強気の見方だが、0.62倍ラインを下回った場合、下落基調が新たに始まった可能性もあるため注意したい。

*東京金日足
tkg1024
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

10月24日(金)
【10月23日 海外相場および市況】
ny1023

*NY金は、欧米株高を受けたリスクオンの動きが強まり、安全資産である金は売られ、10日以来約2週間ぶりの安値で終えた。米株相場は、良好な企業決算を好感した買いに大幅高となった。外為市場でドルが対ユーロで強含んでいたことも、ドル建て金の割高感につながった。18日までの1週間の新規失業保険申請件数は前週比1万7000件増の28万3000件と、市場予想の28万2000件に近い数字だったが、米民間有力調査会社コンファレンス・ボードが発表した9月の米景気先行指標総合指数は、前月比0.8%の上昇となり、0.6%上昇との予想を上回った。米景気の回復を裏付ける数字となり金の下げ幅は拡大し、一時1226.30ドルまで下落した。世界最大の金ETF、SPDRゴールド・トラストの22日時点の金保有高は0.3%減の749.87トンと、2008年末以来の低水準となった。今週の流出量は11トンを上回り、9月中旬以来、最大となった。白金は続落し、パラジウム5営業日続伸した。

*米欧石油市場では、サウジアラビアが夏場の相場下落を受けて9月の産油量を減らしたとの情報をきっかけに、北海ブレント相場が約3%高まで急伸した。ユーロ圏の経済指標が力強い内容だったことや、中国の製造業統計が市場予想を上回ったこと、米株式市場で株価が上昇したことも押し上げ要因になった。石油輸出国機構(OPEC)は11月27日に会合を開き、日量3000万バレルの生産目標を2015年前半に改めるかどうかを検討する。今のところ、減産を主張するOPEC加盟国は少数にとどまっている。 一方、産業筋はこの日、9月のサウジアラビアの産油量は936万バレルとなり、前月の約969万バレルから減少したと述べた。

*コーンは、堅調な大豆相場が支援材料となって反発した。ただ、収穫作業にとって好ましい天候、米中西部各地の高水準のイールド(エーカー当たりの収量)に関する情報が上値を抑えた。アルゼンチン政府は、同国の2014~15年度のトウモロコシ作付面積見通しを560万ヘクタールから550万ヘクタールへと下方修正した。大豆は急反発し、約5週間ぶりの高値を付けた。6月30日以来初めて50日間移動平均を上回った。米中西部各地の大豆加工業者らは、収穫期であるものの、収穫された大豆の荷動きが鈍いと指摘。加工業者の大豆圧砕ペースは、通常の収穫期を下回る水準を維持しており、大豆が原料である大豆ミールの供給不足につながっているという。

*NY外国為替市場の円相場は、米景気指標の改善を受けて下落した。米株相場の大幅上昇や米民間有力調査会社コンファレンス・ボードが発表した9月の景気先行指標総合指数が前月から0.8%上昇と予想以上に改善したため、円売り・ドル買いが強まり約2週間ぶりに108円台に下落。米長期金利が上昇したことも円を押し下げた。

ユーロは堅調に推移。対円で上昇。英金融情報会社マークイットがこの日発表した10月のユーロ圏購買担当者景況指数(PMI)の速報値が52.2と前月の52.0から上昇し、エコノミスト予想も上回った。10月のユーロ圏製造業購買担当者指数(PMI )速報値は50.7と、前月の50.3から上昇。予想値は49.9。ドイツでは51.8と予想に反して前月の49.9から上昇。

NZドルは対ドルで大幅に下落。同国の7-9月(第3四半期)のCPIは前年比1%上昇と、前期の同1.6%上昇から伸びが鈍化し、政策当局が利上げを遅らせるとの観測が広がった。

日本銀行の黒田東彦は今月、経済実体に沿っていれば円安は全体としてはプラスとの見解を示した。また必要に応じて追加緩和を検討する考えも示した。日本の財務省が23日実施した国庫短期証券3カ月物の入札では、平均落札利回りがマイナス0.0037%と、初めてマイナスとなった。  

米労働省が発表した失業保険統計によると、週間の新規申請件数より変動の少ない4週移動平均は28万1000件で、これは2000年5月以来の低水準。前週は28万4000件。

*NY株式相場は、米大手製造業の好決算を受けて急反発した。キャタピラーの7~9月期利益が市場予想を上回ったほか、通期見通しも上方修正。自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)など、海外事業が大きな割合を占める他の製造業大手からも好決算が相次いだ。ドル高や世界減速が米国輸出に悪影響を及ぼすとの懸念が強まっていただけに、これらの決算を受けてダウ平均は一時、300ドルを超えて上昇した。しかし、エボラ出血熱に似た症状を訴えた医師が、検査のためにニューヨーク市内の病院で隔離されていると伝わると上値を削った。

【本日の主な経済指標およびイベント】
06:45 (NZ) 9月貿易収支 -4.72億NZD -6.25億NZD -13.50億NZD
17:30 (英) 第3四半期GDP・速報値 [前期比] +0.9% +0.7%
      (英) 第3四半期GDP・速報値 [前年比] +3.2% +3.0%
23:00 (米) 9月新築住宅販売件数 50.4万件 47.0万件

*数値は順に、前回、予想、結果。

↑このページのトップヘ