テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【東京トウモロコシテクニカル分析】
東京トウモロコシ相場は、24日に一時2万8000円を付けたが、その後は上値が重くなり調整安場面を迎えている。年初来高値は2万8490円(4月30日)だが、残り2営業日を残すだけで、高値を更新することは困難かもしれない(100%不可能とは言えないが)。しかし、日足の一目均衡表を見ると、三役好転状態は続いており、上昇相場に変化はない。

現状は、2万7350円~2万8000円で形成されたレンジ(グリーンのBOX)の中で推移しており、レンジの上限をブレイクすれば、レンジ幅2万8000-2万7350=650円をレンジの上限から上方に伸ばして、2万8000+650=2万8650円が上値目標値として算定される(年初来高値は更新される)。

逆に、レンジの下限を下回れば、レンジ幅650円をレンジの下限から下方に伸ばして、2万7650-650=2万7000円が下値目標値として算定される。この場合、転換線を下回るが、その下にある基準線(2万6950円)にサポートされるだろう。

大勢的には50日移動平均線が100日移動平均線とゴールデンクロスして上昇しており、現在は50日移動平均線が200日移動平均線に接近して、ゴールデンクロスを示現する日が近づいている。50日移動平均線との乖離率を見ても、過熱感が強まる10%をまだ超えていないため、長期的な上昇基調に変化はないと言える。

日柄面では、年初来高値の2万8490円(4月30日)から年初来安値の2万2680円(10月3日)まで、およそ5ヶ月かかっているが、下落の日柄を年初来安値から対等に伸ばすと、2015年3月となり、少なくともこの日まで上昇相場は継続すると考えてもいいだろう。

*トウモロコシ円日足

corn1226

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【東京白金テクニカル分析】
NY白金時間外取引の上昇を受けて、東京白金も騰勢を強め4700円の上値抵抗線をブレイクしている。

4時間足を見ると、一目均衡表の転換線と基準線、それに雲を上回っている。しかし、転換線と基準線はまだ雲を超えてはおらず、遅行線も雲の中に入り込んでしまい、雲の抵抗を受けやすくなっている。

50本、100本、200本の移動平均線を見ると、23日に大陰線が入ったものの、200本移動平均線にサポートされて下げ止まり、50本移動平均線を上回って今回の上昇となった。

50本移動平均線は100本移動平均線とデッドクロスして下落しているが、転換線がすでに50本移動平均線を上回っており、基準線も50本移動平均線を上回りつつある。

MACDもゼロラインを越えて上昇しつつあり、金に比べると上昇力は強いと言えるだろう。4800円を目指して下値を切り上げる展開が続きそうだ。

*東京白金4時間日足

pt1226

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【東京金テクニカル分析】
クリスマス休暇明けのNY金時間外取引が10ドル以上も反発しているため、東京金も朝方から上昇し、4570円台で堅調に推移している。

4時間足を見ると、先週末は一目均衡表の雲の中に入り込んで保ち合い状態に入っていたが、週明け22日に雲のねじれの時間帯になると大陰線が入り、転換線と基準線、そして雲を割り込んだ。

ただ、150本移動平均線にサポートされて下げ止まり、底堅く推移し、本日の大陽線で雲の中に入り込んできた。現時点では、50本移動平均線が上値抵抗線になっており、その上には100本移動平均線と雲の上限がある。よって、これらをブレイクできなければ、雲の中で保ち合う状態となって、再度、下落の可能性が高まることも想定される。

逆に、4600円を超えれば、これらの上値抵抗線を上回るため、上昇相場へと発展する可能性が高い。しかし、50本移動平均線と100本移動平均線がゴールデンクロスしているため、4600円をブレイクしても、すんなり上昇という展開も難しく値固めが必要とされるだろう。

MACDはゴールデンクロスしつつあり、このラインがゼロラインを超えて上昇となれば、上昇相場へと発展していくだろう。

ただ、18日の高値4624円を上回れば、ダブルボトムが形成され、上昇のモメンタムが強まり、一気に4700円を目指す展開になる可能性がある。

*東京金4時間足

tkg1226

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【12月25日 国内市況終値】
tk1225

*金は続落。昨夜のNY金は米週間新規失業保険申請件数の減少を受けて下落したが、NY時間外は底堅く推移したため、下げ幅は小さかった。終値は10日移動平均線を下回ったが、25日移動平均線にはサポートされた。RSI(14日)=51.0%。白金は小動き。終値は10日移動平均線を下回ったが、25日移動平均線にはサポートされた。RSI(14日)=50.4%。今夜の米国市場はクリスマスのため休場。

*中東産原油は下落。昨夜の欧米原油相場は下落した。RSI(14日)=33.8%。NY原油は下げ止まりつつあるが、好調な米国経済を背景に需要増が見込まれる上、イラクやリビアなど中東産油国の地政学的リスクが顕在化することも予想されるため、強基調に転換するとの見方が台頭している。米エネルギー情報局(EIA)が24日発表した週間統計によると、米製油所からの出荷は前週比57万バレル増の日量2103万バレルと、需要も増加しつつある。一方、クリスマス前に一時的に需要が増加しただけで、休場明けは下落する可能性が高いとの見方もあり、強弱感は分かれている。石油製品も反落。東京ガソリン終値は6万1000円を割り込んだ。RSI(14日)=34.2%。東京灯油終値は再び10日移動平均線を割り込んだ。RSI(14日)=35.7%。

*ゴムは小反発。先限は一時200円割れとなったが、上海高受けて下値を切り上げた。終値は203円を上回り、10日、25日、50日の移動平均線を上回っている。RSI(14日)=53.8%。

*トウモロコシは反落。24日のシカゴ相場が、小麦の急落になびいて3日ぶりに反落したため、手仕舞い売りが優勢となった。終値は依然として10日、25日、50日の移動平均線を上回っている。RSI(14日)=64.0%。一般大豆は軟調。終値は依然として10日、25日、50日の移動平均線を上回っている。RSI(14日)=61.8%。24日のシカゴ穀物市場では、小麦相場が急反落し、これがコーン、大豆にも波及した。ロイター通信によると、エジプト商品供給公社(GASC)の幹部は24日、ロシアが小麦輸出を規制しても影響はないとの見解を示した。また、ロシア通貨ルーブルの下落も一服したため、輸出規制リスクは後退するとの思惑が働いた。ロシア政府は、ルーブル安によって穀物が国外へ流出し、国内分が不足する事態を予防するため、輸出規制をかけると見られていた。

*東京外国為替市場のドル円相場は、調整的な売りに上値が重く120円台前半で弱含みで推移した。日経平均株価が軟調となったことも上値を重くした。

*日経平均株価は前日まで続伸した後を受け利益確定売りが優勢となり、円安も一段落したため、軟調に推移した。市場は既に2015年を見ているが、円相場が120円台で推移していることに加え、原油安に伴いエネルギー価格などが低下することを背景に、企業収益はさらに押し上げられると見ているようだ。

*東京金1時間足
18本、36本、54本の3つの移動平均線を割り込んだ状態で、MACDもゼロラインを下回って推移している。4518~4624円のレンジで推移している。今夜は海外市場が休場なので、大きな変動はなさそうだ。
ykg60_1225

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

12月25日(木)
【12月24日の海外相場および市況】
ny1224
tk1222

*NY金は、米雇用関連指標が改善したことを受けて売りが強まり3日続落となった。週間新規失業保険申請件数は28万件となり、前週から9000件減少し、市場予想の29万件に比べて少なかった。景気回復期待を後押しする材料と判断され、NYダウは前日に続いて取引途中の最高値を更新。また、外国為替市場ではドルが買われ、安全資産の金は圧迫された。終値は1175ドルを割り込み、RSI(14日)=39.4%。白金は小反落。RSI(14日)=40.9%と下落基調が続いている。

*NY原油は、米エネルギー情報局(EIA)週報の発表を受けて下げ幅が拡大した。EIAによると、19日までの1週間に国内の原油在庫は730万バレル増加。積み増し幅は、市場予想の230万バレルを大幅に上回った。石油製品在庫も、ガソリンが410万バレル増(市場予想は60万バレル増)、ディスティレート(留出油)が230万バレル増(同90万バレル減)となり、シェールオイルなどの生産が拡大する一方で需要が伸び悩んでいる実態が確認された。発表を受けて一段と売りが膨らみ、相場は一時55.07ドルまで下落した。終値は55ドルを維持した。RSI(14日)=30.6%。北海ブレントも下落したが、60ドル台は維持された。

*コーンは、小麦の急落に圧迫され下落。クリスマス休暇を前に利益確定売りもみられた。約2週間ぶりに10日移動平均を下抜けたことで、売りが加速した。米国のエタノール製品の生産量が記録的水準となったことは、下値限定要因となった。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間石油在庫統計によると、19日までの1週間のエタノール生産は、日量99万2000バレルだった。終値は依然として10日、25日、50日の移動平均線を上回っている。RSI(14日)=61.9%。

*大豆は、国内市場の現物安、中南米の天候改善が影響して下落。南米では大豆の生育に好適な天候が続いており、ブラジルやアルゼンチンでの豊作が見込まれる。終値は10日と25日の移動平均線を割り込んだが、50日移動平均線は上回っている。RSI(14日)=49.9%。

*NY外国為替市場のドル円相場は、120円台半ば付近で小動きとなった。米新規失業保険申請件数は前週比9000件減の28万件と、市場予想の29万件よりも良い内容となったものの、相場の反応は限定的だった。

*NYダウは、労働市場の改善を示す指標を好感して上昇、3営業日連続で史上最高値を更新して終了した。米労働省が発表した新規失業保険申請件数は前週比9000件減の28万件。市場では、来月発表される雇用統計の改善につながるとの期待感から、買いが先行した。一時、18086.24ドルまで上昇、取引時間中の最高値を更新した。

【本日の主な経済指標およびイベント】
NZ、オーストラリア、香港、ロンドン、フランクフルト、パリ、スイス、NY休場(クリスマスデー)
08:50 (日) 日銀金融政策決定会合議事要旨(11月18・19日分)

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。


↑このページのトップヘ