テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【メキシコペソ円今週の予想(6月29日)】
*上値重く、軟調な展開か。
*予想レンジ:4.50円~4.80円。
メキシコ銀行(中央銀行)は25日、金融政策決定会合を開き、政策金利を5.5%から0.5%引き下げて5.0%にすることを決めた。利下げは9会合連続で、全会一致で決めた。新型コロナウイルスの感染拡大による小売店の営業停止や工場の稼働停止で経済が落ち込んでいるのに対応した。政策金利は2016年11月以来の低い水準となった。5月後半から経済活動は徐々に再開しているが、中銀はこの日の声明で「不確実性は続いている」と指摘した。社会保険庁(IMSS)によると、メキシコでは3月から5月までで100万人以上の公式雇用が失われた。建設や観光での失業者が目立つ。新型コロナの感染者数の拡大も続いている。メキシコ中銀は5月下旬に、2020年の実質経済成長率がマイナス8.8%%に落ち込む可能性があるとの見通しを示している。国際通貨基金(IMF)はマイナス10.5%と見込んでいる。次回の金融政策決定会合は8月に予定されているが、利下げ継続が見込まれている。ロペスオブラドール大統領は、6月の新たな失業者数は12万~13万人になるとの見通しを示した上で、新型コロナウイルス流行に伴う雇用喪失は既に底を打ったとの考えを示した。また、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」が7月1日に発効するのに合わせ、訪米してトランプ大統領と会談する意向を表明。カナダのトルドー首相にも参加を呼び掛けた。また、IMFのマイナス10.5%成長率予想には、「楽観している。速やかに景気が回復すると思う」と反論した。23日にメキシコ南部オアハカ州でマグニチュード(M)7.4の大きな地震があった。少なくとも5人が死亡し、30人以上が負傷したという。国営石油会社ペメックスのサリナクルス製油所で小さな火災が起き、製油所が閉鎖されたがすぐに解除され影響はほとんどなかった。

<強材料>
1.7月1日から、新NAFTA協定が発効。
2.減産効果で原油価格に急落懸念がなくなる。
3.ロベス・オブラドール大統領は景気の先行きを楽観視。
4.失業者は6月でボトムを打つ見込み。

<弱材料>
1.世界の新型コロナウイルスの死者数がメキシコなどの新興国で増加。メキシコでは2万6千人が死亡したもよう。
2.5月のメキシコの輸出が前年同月比56.7%減の180億6980万ドルだった。輸入も47.1%減の215億9240万ドルと激減。収支は35億2260万ドルの赤字となった。輸出の内訳は石油が63.8%減の9億2930万ドル、非石油が56.3%減の171億4040万ドル。
3.2020年の実質経済成長率がマイナス8.8%%に落ち込む可能性があるとの見通しを示している。国際通貨基金(IMF)はマイナス10.5%と見込んでいる。

peso0629

【メキシコ経済指標】
1日水曜日
米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)発効
20:00メキシコ6月景況感前回35.2、予想32
23:30メキシコ6月製造業PMI前回38.3、予想39
3日金曜日
20:00メキシコ6月消費者信頼感前回42.6、予想41

情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【トルコリラ円今週の予想(6月29日)】
*上値重い展開。
*予想レンジ:15.00円~16.00円。
トルコ中央銀行は25日の金融政策決定会合で、政策金利を8.25%で据え置くことを決めた。政策金利が24.0%だった昨年7月から今年5月まで9会合連続の利下げとなっていたが、約1年ぶりに歯止めがかかった。新型コロナウイルスの感染拡大で経済が冷え込む中、さらなる利下げに踏み切るとの見方も出ていたものの、常態化しているインフレが悪化に向かう事態を懸念したとみられる。トルコでは5月にレストランやショッピングモールなどの営業が再開された。政府はコロナ対策を緩和し、経済活動の正常化を目指す方針に踏み切ったが、現在も連日1000人以上の新規感染者が発生している。外出を控える人もなお多く、景気後退が長期化する恐れがある。政策金利が8.25%で、現在のインフレ率が11.39%なので実質金利は8.25%-11.39%=-3.14%となり、マイナス金利に落ち込んでいる。国際通貨基金(IMF)は20年の実質成長率をマイナス5%と予想している。マイナス成長への見込みからトルコリラが上値の重い展開が続きそうだ。

<強材料>
1.トランプ大統領はニューヨーク州南部地区のジェフリー・バーマン連邦検事を解任した。解任されたバーマン氏は、トルコのハルクバンクがイラン制裁回避に関わったとして厳しく追及し、この件に関わったトルコの関係者やトルコ銀行の元頭取が有罪判決を受けた。ハルクバンクがもし罰金を科せられると、トルコ経済に大ダメージにとされていたが、今回の解任によってこの心配もなくなった。
2.文化観光相は、新型コロナウイルスの感染封じ込めや観光地での安全対策が十分だとして「観光客を迎え入れる準備はできた」と自信を示した。トルコは5月、消毒設備や従業員の健康管理など100超の基準の下、宿泊施設や空港などに政府がお墨付きを与える認証制度を始めた。認証を受けた宿泊施設は500軒を超え、今後1カ月以内に2000軒超を目指す。トルコは6月に入って一部国際線の運航を再開した。外国人観光客は原則、隔離措置なしで国内を移動できる。

<弱材料>
1.トルコの外貨準備は約500億ドルと、短期対外債務を下回り、不適正とされる水準にある。
2.米連邦準備理事会(FRB)は各国中銀との通貨スワップでドルを供給したが、トルコ中銀は対象外となった。
3.実質金利がマイナス。

rira0629

【トルコ経済指標】
30日火曜日
16:00トルコ5月貿易収支前回-45.6億USD、予想-34.0億USD
1日水曜日
16:00トルコ6月製造業PMI前回40.9
3日金曜日
16:00トルコ6月消費者物価指数前年比前回+11.39%、予想+12.02%
16:00トルコ6月生産者物価指数前年比前回+5.53%

情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【南アランド円、今週の予想(6月29日)】
*上値の重い展開になりそう。
*予想レンジ:6.00円~6.50円
4月消費者物価指数は前年比+3.0%、予想+3.0%、前回+4.1%だった。コロナの影響で需要が減っているようで、前回より大きく下げた。原油安の影響でガソリン価格が下げたことも大きな要因。インフレ率の低下を受けて、次の南ア中銀会合(7月23日)で政策金利は引き下げられる可能性がある。現在の政策金利3.75%とインフレ率3.00%をかんげると、利下げ幅は3.75%-3.0%=0.75%のゆとりがある。今年の南アフリカGDPは大きくマイナスとなる見込みなので利下げの可能性は高いだろう。1-3月期失業率は30.1%まで上昇し、2002年の7-9月期に記録した30.4%以来の結果となっている。4-6月期の失業率は50%に達するとの見方も出ている。国民の半数が失業という悲惨な現実になりそうで、南アランド円の上値は重いだろう。今週は1-3月期国内総生産(GDP)、5月貿易収支などが発表される。5月はロックダウンの最中だったこともあり、ロックダウンの影響がどれほど出ているか注目される。

<強材料>
1.4月、新型コロナ流行が引き起こした経済の落ち込みに対応するため、同国GDPの10%に相当する5000億ランド(288億6000万ドル)規模の景気対策を発表。
2.ラマポーザ大統領は国内総生産(GDP)の10%に相当する経済対策を発表した。その一環として、国際通貨基金(IMF)に初めて融資を要請する。
3.南アの白金大手インパラ・プラチナム(インプラッツ)は、3月に顧客への白金供給契約に発動した不可抗力条項を撤回した。6月中旬には生産能力が85%まで回復したため、2020年度の白金生産量見通しを4月時点の260万~290万オンスから277万~279.5万オンスに上方修正した。

<弱材料>
1.4月消費者物価指数は前年比+3.0%、前回+4.1%。インフレ率の低下で利下げ予想。
2.1-3月期失業率は30.1%まで上昇し、4-6月期の失業率は50%に達するとの見方。
3.南アの総負債が2020年末に会計年度末までにGDPの81.8%になる見込み。海外から70億ドルの融資を確保し、そのうち10億ドルは新開発銀行から調達する計画。
4.南ア財務省は、2020~21年度の財政赤字が新型コロナウイルス感染拡大を受けた景気対策で、国内総生産(GDP)比14.6%に拡大する見通し。アパルトヘイト(人種隔離)政策終結以降では最高水準となる。

zar


【南アフリカ経済指標】
30日火曜日
15:00南ア5月マネーサプライ
15:00南ア5月民間部門信用
18:30南ア第1四半期GDP前期比年率前回-1.4%、予想-4.0%  
18:30南ア第1四半期GDP前年比前回-0.5%、予想-0.8%
21:00南ア5月貿易収支前回-350億ZAR、予想-60億ZAR  
21:00南アフリカ5月財政収支前回-512億ZAR、予想-364億ZAR
1日水曜日
18:00南ア6月製造業PMI前回50.2、予想49.8
2日木曜日
18:00南ア第1四半期経常収支前回-680億ZAR、予想-120億ZAR  
18:00南ア第1四半期経常収支[対GDP比] 前回-1.3%、予想-0.2%

情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【ドル円、今週の予想(6月29日)】
*堅調。
*予想レンジ:106.50~108.50円。
新型コロナウイルスの感染拡大が懸念される中、「有事のドル買い」が優勢になりそうだ。
ユーロ圏の経済指標改善を受けたユーロ買い・ドル売りがドル円にも影響し、23日には106円割れ近くまで下落する場面があった。リスクオフ局面でドルが買われ、リスクオン局面でドルが売られるという動きも見られた。世界的にロックダウン(都市封鎖)が解除され経済活動の活性化が期待される反面、人やモノの往来の活発化に伴う新型コロナ「第二波」が懸念されている。米ジョンズ・ホプキンス大学によると、世界の新型コロナウイルスの累計死者数は29日に50万人を超えた。経済活動の再開を急ぐあまり再び感染が広がる国もあり、依然として感染者・死者数ともに拡大ペースは続いている。国・地域別の累計者数では米国が12万5千人超と最も多く、世界全体の4分の1を占めている。ブラジル(約5万7千人)やメキシコ、(約2万6千人)、インド(約1万6千人)、イラン(1万人超)等新興国でも死者数は拡大しているが、米国内の新規感染者が過去最多を更新したことが憂慮されている。テキサス州では、新型コロナウイルス感染者の急増を受け、バーを閉鎖し、レストランの入店者数も50%に制限する知事令を出した。フロリダ州もバーでの酒類消費が停止になった。景気回復への阻害要因が大きくなっている事を背景に週末26日のNYダウは前日比730ドルも下落し、2万5015.55ドルで引けた。米中関係悪化も懸念される。米上院は25日、香港の自治侵害に関わった中国当局者らに制裁を科す「香港自治法案」を可決した。こうした不安要因が「有事のドル買い」を後押ししよう。今週末は独立記念日に伴う3連休に入るためドル需要は強まりそうだ。

<強材料>
1.米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は、物価安定の目標としている2%のインフレ率について、「引き下げを検討することさえも考えていない」と明確に否定。
2.シカゴ連邦準備銀行が発表した5月全米活動指数(CFNAI)はプラス2.61となり、前月のマイナス17.89(改定値)から大幅改善した。
3.5月米耐久財受注額(季節調整後、半導体を除く)は、前月比15.8%増の1944億1900万ドルとなった。伸びは2014年7月(23.2%増)以来5年10カ月ぶりの大きさ。
4.5月米個人消費支出(PCE)は前月比8.2%増と、1959年に集計を始めて以来最大の伸びとなった。4月は最大の下落幅だったが、新型コロナウイルス対策で政府が講じた世帯現金給付、失業手当拡充などを背景に急回復した。
5.ロス商務長官は日、新型コロナウイルスの感染者増加を受けてテキサス州が経済活動の再開を抑制したものの、米国の景気は今年下半期に引き続き力強い回復軌道を維持するとの見通しを示した。
6.米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は、米中通商合意は無傷であるばかりか、数々の分野で建設的に前進しているという考えを示した。ナ

<弱材料>
1.国際通貨基金(IMF)は24日、最新の世界経済見通しで、2020年の成長率をマイナス4.9%と4月時点の予測(マイナス3.0%)から下方修正した。新型コロナウイルス感染拡大が収束せず、景気回復が想定より鈍いと分析した。1930年代に深刻化した大恐慌以来の不況に陥り、米国の20年成長率はマイナス8.0%と予想。
2.米国では州間で失業率の格差が広がっている。中西部「ラストベルト」(さび付いた工業地帯)では高止まりしている。
3.経済再開を急いだ州では感染が再拡大している。1日当たりの新規感染者数の調査によると、アリゾナ、テキサス、フロリダは最近、過去最多を更新した。
4.ミネアポリス連邦準備銀行のカシュカリ総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大で悪化した景気の回復は「2~3カ月前に想定していたよりも長引くだろう」と語った。さらに、回復持ち直しが鈍いとの見方を示した。
5.5月米中古住宅販売件数(季節調整済み)は年換算で391万戸と、2010年10月(383万戸)以来9年7カ月ぶりの低水準となった。前月比は9.7%減と3カ月連続のマイナス。
6.6月第1~3週の米国小売売上高は季節調整済みで前月同期比1.4%減少。前年同期比では8.0%の減少。IHSマークイットが発表した6月のユーロ圏製造業購買担当者景況指数(PMI)速報値が市場予想を上回る一方、米製造業PMI速報値がさえない内容だった。
7.2020年1~3月期の税引き後企業利益(在庫評価・資本減耗調整済み)改定値は、季節調整後の年換算で前期比12.4%減の1兆6723億ドルとなった。前年同期比では6.6%減。

yen0629

*CFTC建玉6月23日時点:ファンドのドル売り・円買いは2万7458枚(前週比+5348枚)と増加。総取組高は14万4549枚と前週比1万7262枚の増加。


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。

【6月29日海外市況】
ny0630

*週明け29日のNY外国為替市場では、リスク選好姿勢の高まりから円売り・ドル買いが広がり、107円台後半に上昇した。107円53~63銭。欧州株や米国株の上昇に伴ってリスク選好が広がり、円を売ってドルを買う動きが強まった。月末や四半期末要因の調整目的の売買も、円安・ドル高を促したとみられる。相場は約3週間ぶりの円安水準となる107円88銭まで売られた後は動意が弱まった。
*週明け29日のNY金は、新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念が高まる中、堅調に推移した。1781.20ドル(+0.90)。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、新型コロナによる世界の死者数は50万人、感染者の累計は1000万人を超えた。米国では1日の新規感染者数が4万人に達しており、南部や西部を中心に経済活動を再度規制する動きが広がっている。カリフォルニア州は28日、ロサンゼルスなどでバーの再閉鎖を決めた。このため、安全資産である金の需要は衰えず、底堅く推移した。ただ、外国為替市場で主要通貨に対するドル高が進んだことから、ドル建て金の上値は抑えられた。
金ETFは、1178.90ドル(変わらず)。
NY白金は上伸。828.20ドル(+8.90)。
パラジウムも高い。1933.10ドル(+38.70)。
*週明け29日のNY原油は、景気回復への期待が盛り返し反発した。39.70ドル(+1.21)。欧州や中国の経済指標改善を受けて、景気回復への期待が広がった。6月のユーロ圏景況感指数は全体が75.7と、5月の67.5から改善。ただ、市場予想の80.0には届かなかった。また、中国の5月の工業部門企業利益は、6カ月ぶりに増加に転じた。一方、新型コロナによる世界の死者数は28日に50万人を突破した。米国の西部や南部を中心に新型コロナウイルスの新規感染者が増えていることも相場の重石となった。感染防止のため、南部テキサス州やフロリダ州などはバーの利用を規制。西部カリフォルニア州サンフランシスコ市は経済活動の再開を停止した。こうした動きが早期の景気回復の妨げになることが懸念されている。
*週明け29日のシカゴ・トウモロコシは大幅反発。326.25セント(+9.25)。
米農務省は30日、穀物在庫や作付面積報告を公表する。トウモロコシの作付けは農務省の3月予測から減少し、今月1日時点の在庫は4年ぶりの低水準となると見込まれている。
シカゴ大豆は小反発。866.50セント(+1.50)。米農務省が30日に作付面積や穀物在庫を公表するのを控え、ショートカバーが入った。一時は860セントまで下落し、今月17日以来の安値を付けた。市場では、大豆の作付面積は3月予測から増加し、今月1日時点の在庫は前年比で減少するものの依然として過去2番目の高水準となると予想されている。
*週明け29日のNYダウは急反発した。2万5595.80ドル(+580.25)。米連邦航空局(FAA)とボーイングは29日、737MAXの墜落事故の原因とみられている自動飛行制御システムの変更点を審査するための認証試験飛行を開始した。試験は3日程度かかる見通し。市場では同機の運航再開に向けた期待が高まり、ボーイング株など航空関連株を中心に買いが膨らんだ。また、5月米中古住宅販売仮契約指数は前月比44.3%上昇と、過去最大の伸びを記録。市場予想(18.9%上昇)を大幅に上回る内容となったことも相場を押し上げた。一方、米ジョンズ・ホプキンス大の集計によると、世界の感染者数の累計は1000万人、死者数は50万人に達した。米国でも経済活動を早期に再開した南部や西部の州で感染者が急増している。景気回復が遅れるとの警戒感が広がる半面、この日は米政府や金融当局による追加刺激策への期待が上回った。
【30日の経済指標】
08:30   (日) 5月 失業率  2.6%   
08:30   (日) 5月 有効求人倍率  1.32  
08:50   (日) 5月 鉱工業生産・速報値 [前年同月比]  -15.0%   
10:00   (中) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI) 
14:00   (日) 5月 新設住宅着工戸数 [前年同月比]  -12.9% 
15:00   (南ア) 5月 マネーサプライM3 [前年同月比]  10.47% 
15:00   (英) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP、改定値) [前年同期比]  -1.6%
16:00   (トルコ) 5月 貿易収支  -45.6億ドル  
16:00   (スイス) 6月 KOF景気先行指数  53.2  
18:00   (欧) 6月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比]  0.1%  
18:00   (欧) 6月 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値) [前年同月比]  0.9%
18:30   (南ア) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比年率]  -1.4%   
18:30   (南ア) 1-3月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]  -0.5% 
21:00   (南ア) 5月 貿易収支  -350億ランド 
22:00   (米) 4月 ケース・シラー米住宅価格指数  222.21 
22:45   (米) 6月 シカゴ購買部協会景気指数  32.3  42.0 
23:00   (米) 6月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)  86.6  90.0 
25:30   (米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長発言 

*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/

*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1

↑このページのトップヘ