テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

12月12日(水)
【12月11日の海外相場および市況】
ny1211

*11日のNY外国為替市場では、米長期金利の小幅上昇を背景に円売り・ドル買いが優勢となり、ドル円は113円台前半で堅調に推移した。113円33〜43銭。この日は、米中貿易摩擦の緩和に向けた両国の協議が進展するのではないかとの期待が広がり、NYダウが大幅上伸。リスク回避姿勢が後退する中、円売り・ドル買いが優勢となった。ただその後、トランプ大統領と野党民主党の上下両院トップがメキシコ国境の壁建設予算をめぐって意見が激しく対立。年末の政府閉鎖の回避策を模索する協議だったが、逆に双方の溝の深さが浮き彫りとなったため、政府機関閉鎖への警戒感が強まった。一時的にドルが売られる場面もあったが、いったん低下していた米長期金利が小幅ながら反転上昇したことから、再びドル買いが優勢となった。

*11日のNY金は、新規の手掛かり材料に乏しい中、小幅続落した。1247.20ドル(-2.20)。外国為替市場では朝方にかけてドルが対ユーロで軟化し、ドル建て金に割安感が広がる中、金も買いが先行した。その後、ドルがユーロに対して堅調を取り戻すと、金相場は割高感から売り戻され、マイナス圏に沈んだ。ただ、下げ幅は限定的。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ局面が想定よりも早期に終了するとの観測がくすぶっており、金利を生まない資産である金の下値を支えている。パウエルFRB議長をはじめ複数のFRB高官が最近相次ぎ、金利が中立的な水準に近づいているとの見解を示しているため、18、19両日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に発表される声明では、今後の金融政策運営についてハト派的な姿勢が示されるとの見方が台頭している。

NY白金は反発。785.50ドル(+3.40)。


*11日のNY原油は、投資家のリスク選好意欲が回復する中、反発した。51.65ドル(+0.65)。トランプ大統領はこの日ツイッターに、「中国とは極めて建設的な対話が行われている。重要な発表に注目するように」と書き込んだ。これを受けて、米中間の貿易摩擦緩和に向けた協議に何らかの進展があるのではないかとの期待が広がったことから、NYダウは堅調に推移。同じくリスク資産である原油にも買いが入った。リビア国営石油会社(NOC)が10日、民兵に油田を占拠されたとして、同国最大のエルシャララ油田からの原油輸出について不可抗力条項の発動を宣言したことも支援材料。エルシャララ油田の停止により日量31.5万バレルの生産が失われ、エルフィール油田でも7.3万バレルの生産が失われる見通し。このほか、石油輸出国機構(OPEC)が7日、ロシアなど非加盟国を交えた拡大会合で主要生産国が日量約120万バレルの削減で合意、来年1月から減産を実施すると発表したことも引き続き相場を支えた。ロシアは、1月の減産幅を日量5万〜6万バレルにとどめ、合意水準の22万バレルまで段階的に引き上げる意向を明らかにした。ただ、ダウが午後に入りマイナス圏に転じた上、外国為替市場ではドル高・ユーロ安が進行し、ドル建て原油に割高感が生じたことから、上値は抑えられた。

*11日のシカゴトウモロコシは小反発。384.75セント(+0.75)。米農務省がこの日発表した12月の農産物需給報告は圧迫材料だったが、大豆につれ高となった。需給報告では、2018〜19年度の米国産トウモロコシの期末在庫予測が17億8100万ブッシェルと前月から上方修正された。世界全体のトウモロコシの期末在庫予測は、3億0880万トンと、市場予想平均の3億0759万トンを上回った。

シカゴ大豆は反発。915.00セント(+5.25)。中国による米農産品の購入期待が広がった。米農務省は11日発表した12月の需給報告で、2018〜19年度の世界全体の大豆の期末在庫予測を1億1533万トンと、前月の1億1208万トンから上方修正した。

*11日のNYダウは、米連邦予算案をめぐる協議が難航し、政府機関が閉鎖されることへの懸念から反落した。2万4370.24ドル(-53.02)。トランプ米大統領はツイッターに「中国とは極めて建設的な対話が行われている。重要な発表に注目するように」と投稿。また、中国が米国車に課している報復関税の引き下げに動くと報じた。市場では米中間の貿易摩擦緩和への期待が広がり、一時368ドル高まで上昇した。しかしその後、トランプ大統領が野党民主党の上下両院トップと面会し、メキシコ国境の壁建設費用が2019会計年度予算案に盛り込まれなければ「国境の安全対策(予算)のために喜んで政府を閉鎖する」と断言したことが嫌気され、ダウはマイナス圏に沈んだ。


【12日の経済指標】
未定   (メキシコ) 休場 
08:30   (豪) 12月 ウエストパック消費者信頼感指数  104.3   
08:50   (日) 11月 国内企業物価指数 [前月比]  0.3%   
08:50   (日) 11月 国内企業物価指数 [前年同月比]  2.9%   
08:50   (日) 10月 機械受注 [前月比]  -18.3%   
08:50   (日) 10月 機械受注 [前年同月比]  -7.0%   
13:30   (日) 10月 第三次産業活動指数 [前月比]  -1.1%   
17:00   (南ア) 11月 消費者物価指数(CPI) [前月比]  0.5%  0.2% 
17:00   (南ア) 11月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]  5.1%  5.1% 
19:00   (欧) 10月 鉱工業生産 [前月比]  -0.3%   
19:00   (欧) 10月 鉱工業生産 [前年同月比]  0.9%   
20:00   (南ア) 10月 小売売上高 [前年同月比]  0.7%  1.5% 
21:00   (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]  2.0%  
22:30   (加) 7-9月期 四半期設備稼働率  85.5% 
22:30   (米) 11月 消費者物価指数(CPI) [前月比]  0.3%  0.0% 
22:30   (米) 11月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]  2.5%  2.2% 
22:30   (米) 11月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]  0.2%  0.2% 
22:30   (米) 11月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]  2.1%  2.2% 

第192回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【東京白金はそろそろ下げ止まるか】
*先週の東京白金は下落した。11月28日、The World Platinum Investment Council(WPIC:ワールド・プラチナム・インベストメント・カウンシル)が 「Platinum Quarterly」最新版を発表した。これによると、2019年予測は市場余剰量が455koz(およそ14.15トン)で、供給が1.6%増と需要が2.4%増であるため、2018年度の余剰量に比べ10%減となると見ている。2019年度の需要増加は経済成長を反映して、主に化学および石油業界が牽引するものと見られる。

また、地金とコインの堅実な需要に加えて、ETFが回復するため、投資需要が倍増する見込み。自動車分野では課題が残り、これはヨーロッパの一部都市でのディーゼル車に対する制限に伴い、ヨーロッパでのディーゼル関連需要が減少を続けると予想される。自動車分野における需要は減少を続けることは確実だが、減少率は小さなものに留まる見込みという。来年の需給状況は今年より改善する見込みだが、株安・原油安を背景に自動車分野の需要減少に反応してファンドが手仕舞い売りを出したようだ。テクニカル的には、RSIが30%を下回ったことで売られ過ぎ感が強まっているため、そろそろ下げ止まる可能性が高いだろう。

tkpt1211


*東京白金予想レンジ:2750~2950円


*CFTC建玉12月4日時点:ファンドの白金買い越しは1万4626枚(前週比-8189枚)と減少。総取組高は7万68283枚と前週比+4455枚の増加。

saya1211

*白金と金の逆ザヤは、7月3日につけた1526円をさらに上回って、12月10日には1642円と過去最大幅を記録した。  短期的には、「白金売り・金買い」が有利のようだ。

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

【東京金は上昇相場へ転換した可能性大】    
*先週のNY金は上昇し、レンジの上限である1250ドルを上回って週を終えた。トランプ米大統領と習近平中国国家主席は1日の首脳会談で、貿易戦争の「一時休戦」で合意したものの、今後の通商協議は難航するのではないかとの懸念が浮上。トランプ大統領が中国との交渉に決裂した場合、対中関税を拡大することを改めて示唆したことから、リスク回避姿勢が強まり、米株価が下げ幅を拡大する中、安全資産とされる金には「質への逃避」買いが入った。米国の要請でカナダ当局が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部を逮捕したことを受け、90日間の米中貿易協議の先行きに懸念が生じたことも、リスク回避姿勢を強めた。

また、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長他複数のFRB高官が「中立金利」に言及したことから、FRBによる来年の利上げがペースダウンするとの見方が広まり、米金利が下落し、利子を産まない金には追い風となった。不安定な株価を背景に恐怖指数(VIX)も水準を切り上げており、金の支援要因になっている。NY金は50日と100日の移動平均線がゴールデンクロスし、下値を固め、短期的な上値抵抗線である1250ドルを上回った。次の上値の目安は200日移動平均線になりそうで、ジリ高となりそうだ。

nyg1211

*NY金予想レンジ=1230~1270ドル

*CFTC建玉12月4日時点:ファンドの金買い越しは4万9001枚(前週比+4万7130枚)と増加した。総取組高は39万9919枚と前週比4万2882枚の減少。

*先週の東京金は上昇した。200日移動平均線をブレイクし、週明けには上値抵抗線と見られていた4500円を上抜けた。米中貿易摩擦は1日の首脳会談でとりあえず「延期」となったが、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部が米国の要請を受けてカナダに逮捕されたことで、両国の交渉は一段と困難かつ長期化する可能性が強まった。NYダウは先週初めの高値から週明けの安値まで2000ドル以上も下落し、市場のリスク回避姿勢が強まっている。こうした背景から、金ETF保有量は徐々に回復しており、直近では760トン台になった。

etf1211

来週19日には今年最後の米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催され、利上げが予想されているが、このような経済環境では来年の利上げに向けて米連邦準備制度理事会(FRB)もタカ派的な姿勢を示すことは困難だろう。FRB議長はじめ複数のFRB高官から「中立金利(3.0%)」への言及があり、来年の利上げ回数は年2回に減速するとの見方が広がっている。先週は、米5年債利回りが2年債利回りを下回るという「逆イールド」現象が出現しており、市場は米国の景気減速に身構えている。来週の会合で、声明がハト派的な内容になれば、米金利はさらに低下し、NY金は一段高になることが予想される。東京金は円安の追い風もあって、既に200日移動平均線をブレイクし、4500円台に乗せた。次の目安は4600円になりそうだが、FOMCを前に次第に様子見が強まる可能性もあり、二進一退の展開が続きそうだ。

rkg1211

*東京金予想レンジ:4450~4550円。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ