テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

1月12日(火)
【1月11日の海外相場および市況】
ny0111

*週明け11日のNY金は小幅続落。為替市場ではドルが対ユーロで反発し、ドル建て金に割高感が強まった。 ただ、中国景気の先行きが不透明なことから、リスク回避の金買いもあり、下値は限定的だった。また、中国の金融システムに対する不安も根強いようだ。中国の金融当局が株式市場や為替相場のコントロールに失敗したとの受け止めが広がっており、中国政府が経済政策を管理し切れなくなるとの懸念が強まっている。NY白金は、南アランドが対ドルで史上最安値を更新したことを受けて3日ぶりに大幅反落した。

*週明け11日のNY原油は6日続落。上海株の大幅反落を受けて中国景気の減速不安が強まり、エネルギー消費大国である同国の需要減退懸念が広がったことから、原油相には売りが強まった。為替市場でドルが対ユーロで堅調に推移したこともドル建て原油には売り材料となり、一時31ドルを割り込む場面もあった。また、世界的な需給緩和も依然として懸念されている。

*週明け11日のシカゴトウモロコシは利食い売りに反落。商品相場全般の下落に加え、中国の景気減速懸念が嫌気された。シカゴ大豆は反落。中国の需要鈍化が懸念されている。

*週明け11日のNY外国為替市場のドル円相場は、NYダウの上昇を受けてリスク回避姿勢が弱まり、円が売り戻されて、ドル円は117円台後半に上昇した。ただ、原油相場がおよそ12年ぶりの安値を付けたため、リスク懸念は払拭されず、ドル円の上値は限定的だった。

*週明け11日のNYダウは、4日ぶりに反発。安値拾いの買いが先行し、一時115ドル高まで上昇した。しかし、原油相場がおよそ12年ぶりの安値を付けたことが嫌気され、高値から反落し、上値は重かった。


【12日の主な経済指標およびイベント】
08:50 (日) 11月国際収支-経常収支 +1兆4584億円 +8950億円
08:50 (日) 11月国際収支-貿易収支 +2002億円 -1587億円
15:00 (日) 12月景気ウォッチャー調査・現状判断DI 46.1 46.6 
15:00 (日) 12月景気ウォッチャー調査・先行き判断DI 48.2 48.0
18:30 (英) 11月鉱工業生産 (前月比) +0.1% 0.0%
18:30 (英) 11月製造業生産 (前月比) -0.4% +0.1%
24:00 (英) 英国立経済研究所(NIESR)GDP +0.6%
24:00 (米) 1月IBD/TIPP景気楽観度指数 47.2 47.5 
*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第47回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


1月11日(月)
【1月8日の海外相場および市況】
ny0108

*週末8日のNY金は6日ぶりに反落。2015年12月の米雇用統計で非農業部門就業者数が29万2000人増と予想以上に伸びたことを受けて売りが強まった。為替市場でドリ買いが強まったため、ドル建て金に割高感が強まったことも弱材料。ただ、インフレ率の低下懸念から、追加利上げペースは緩やかになるとの見方が優勢となり、金は反発に転じた。CFTC建玉1月5日時点:ファンドの金買い越しは2万6560枚(前週比+7458枚)と買い越し幅は増加。総取組高は41万3688枚と前週比1万1808枚の増加。ファンドは買いを増やし、売りを減らしている。

*週末8日のNY白金は金につれて続伸。CFTC建玉1月5日時点:ファンドの白金買い越しは2万3857枚(前週比+514枚)と買い越し幅は増加。総取組高は6万5506枚と前週比1078枚の減少。ファンドは買い、売りを共に減らしている。

*週末8日のNY原油は、世界的な需給緩和観測に押されて5日続落。2015年12月の米国雇用統計は、非農業部門就業者数の伸びが市場予想を大きく上回り、一時は買い戻しが優勢となったが、需給緩和を払拭できるものではなく、戻りは売られた。ゴールドマン・サックスは、この日公表した報告で、需給を均衡させるに十分な生産削減には、さらに相場が下げる必要があるとの見方を示した。CFTC建玉1月5日時点:ファンドの原油買い越しは18万4177枚(前週比-1万2174枚)と買い越し幅は減少。総取組高は170万3201枚と前週比5万4297枚の増加。ファンドは買い、売りを共に増やしている。

*週末8日のシカゴトウモロコシは需給報告を控えて買戻しが入り上伸。CFTC建玉1月5日時点:ファンドのトウモロコシ売り越しは6万1762枚(前週比+2万2188枚)と売り越し幅は増加。総取組高は135万6517枚と前週比3万8703枚の増加。ファンドは買い、売りを共に増やしている。

*週末8日のシカゴ大豆は需給報告を控えた買戻しに上伸。最大の大豆輸入国である中国が、2015~16年度の輸入見通しを8000万トンに上方修正した。CFTC建玉1月5日時点:ファンドの大豆売り越しは7万8915枚(前週比+1万8632枚)と売り越し幅は増加。総取組高は65万8069枚と前週比1万1412枚の増加。ファンドは買い、売りを共に増やしている。

*週末8日のNY外国為替市場のドル円相場は、米雇用統計の改善を受けたドル買いに一時118円台後半に上昇したが、利上げペースは緩慢になるとの見方が優勢になって急落に転じ、117円台前半に下落した。2015年12月の米国雇用統計は、非農業部門就業者数は前月比29万2000人増と市場予想の20万人増を大幅に上回った。堅調な雇用改善ペースを追い風に円安・ドル高が一時的に進行し、ドル円は118円85銭まで急上昇した。しかし、平均時給が前月比で小幅減少したため、インフレ圧力は弱く米国の追加利上げは緩やかなペースになると観測が次第に強まって、ドル売り・円買いに転じた。また、中国株安や人民元の下落が一服したものの、世界経済の先行きが不透明なことから、市場のリスク回避姿勢は強く、円が買われ、117円台前半に下落した。

*週末8日のNYダウは、米国雇用統計が良好にもかかわらず、原油安や中国市場に対する警戒感から3日続落した。2015年12月の米雇用統計では、非農業部門就業者数が前月比29万2000人増と市場予想の20万人増を大きく上回った。しかし、原油相場や中国経済の先行き不透明感、中東や北朝鮮などの地政学的リスクへの懸念が強く、売りが優勢になった。

【11日の主な経済指標およびイベント】
*東京休場(成人の日)
24:00 (米) 12月労働市場情勢指数 (前月比) 0.5 0.0 
*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第47回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

1月8日(金)
【1月7日の海外相場および市況】
ny0107

*7日のNY金は大幅続伸し、約2カ月ぶりの高値水準となった。この日も人民元安が継続し、中国株式市場は取引開始後、わずか30分で取引が停止された。市場のリスク回避姿勢が強まり世界的な株安が継続したため、安全資産である金は買われた。白金も金に連れて反発。
*7日のNY原油は、中国経済の先行き不安や払拭されない供給過剰感を背景に4日続落した。人民元の下落や中国株式市場の取引停止を受けて、世界的に株安が継続した。中国経済の減速に伴い同国のエネルギー需要が減退するとの懸念が強まった。NY原油は一時32.10ドルと、およそ12年ぶりの安値を付けた。下げ過ぎ感から買い戻され、一時34ドル台を回復したものの、供給過剰懸念は強く、再び売りが優勢になった。

*7日のシカゴトウモロコシは小幅安。小麦相場の上昇を受けて安値からは値を戻した。週間輸出成約高によると、2015~16年度の米国産トウモロコシの純成約量は25万2900トンと、市場予想レンジ(40万~60万トン)を下回った。シカゴ大豆は小反落。週間輸出成約高によると、2015~16年度の米国産大豆の週間純成約量は63万8700トンと、市場予想レンジ(40万~70万トン)内だった。

*7日のNY外国為替市場のドル円相場は、117円台後半に下落した。7日の上海株式市場では、中国経済や人民元安への懸念で寄り付き直後から急落し、開始から30分で取引停止となった。中国株安に連動して日本、欧州、米国の株式市場も下落となったことを受けて、リスク回避の円買いが継続した。ただ、上海証券取引所などが相場の急変時に取引を止めるサーキットブレーカー制度を停止すると発表すると、118円台前半まで反発する場面もあった。しかし、制度停止で中国株安に歯止めがかかるかどうかも不明との見方から、再び円買い・ドル売りが強まった。NY原油がおよそ12年ぶりの安値を付けたことも円買い要因となった。

*7日のNYダウは、上海株式市場の混乱や原油安を背景にした世界的な株安が継続し、急落した。7日の上海株式市場は、中国経済や人民元安への懸念で寄り付き直後から急落し、開始から30分で取引停止となった。上海証券取引所などが相場の急変時に取引を止めるサーキットブレーカー制度を停止すると発表したものの、制度停止で中国株安に歯止めがかかるかどうかも疑わしいとの見方から、売りが継続した。NY原油がおよそ12年ぶりの安値をつけたことも弱材料視された。


【8日の主な経済指標およびイベント】
09:30 (豪) 11月小売売上高 (前月比) +0.5% +0.4%
16:00 (独) 11月鉱工業生産 (前月比) +0.2% +0.5% 
16:00 (独) 11月貿易収支 +225億EUR(+223億EUR) +202億EUR
16:00 (独) 11月経常収支 +230億EUR +210億EUR 
22:30 (米) 12月非農業部門雇用者数 +21.1万人 +20.0万人
22:30 (米) 12月失業率 5.0% 5.0%
22:30 (米) 12月平均時給(前月比) +0.2% +0.2%

*9日(土)
10:30 (中) 12月消費者物価指数 (前年比) +1.5% +1.5%
10:30 (中) 12月生産者物価指数 (前年比) -5.9% -5.8% 
*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第46回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

【1月7日(木) 国内市況と終値】
tk0107

*7日の金は反発。6日のNY金は中国経済の減速や朝鮮半島の緊張の高まりを背景に上伸したことから、買いが優勢となった。NY金時間外は、中国経済の先行き懸念、中東情勢の緊迫化に加え、北朝鮮の水爆実験実施を受けて、リスク回避姿勢が継続し、2015年11月6日以来およそ2カ月ぶりに1100ドル台に乗せた。特に、2日に渡って、中国人民銀行が人民元の基準値を元安・ドル高方向に設定したため、元安に誘導しなければならないほど中国経済が悪化しているとの観測が浮上し、世界的な株安を誘因した。白金は円高と株安を受けて続落。

*7日の中東産原油は3日続落。先限は一時2万4550円と2009年2月19日以来、約7年ぶりの安値を付けた。日経平均株価や中国株の下落を眺めて下げ幅が拡大し、CBが発動された。石油製品も原油になびき大幅続落。NY原油は、米国の石油製品在庫の増大や中国経済の先行き不安により、一時32.50ドル台まで下落した。

*7日のゴムは小幅反発。原油相場の下落や世界的な株安を背景に売りが優勢となった。が、引けには利益確定から買い戻された。ただ、中国が人民元を2日間に渡って、元安基準に設定したことで、ゴムの最大消費国である同国の需要が期待できそうにないため、戻りは限定的と見られている。東京市場は、当限と先限の順ザヤ幅が15円程度開いており、サヤ滑りが懸念される。

*7日のトウモロコシは反落。円高とシカゴ相場の下落を受けて売りが優勢となった。一般大豆は軟調。

*7日の東京外国為替市場のドル円相場は、一時117円70銭台まで下落し、引けにかけては118円に接近した。中国人民元が前日に続いて安値で設定されたことを受けて、リスク回避の円買いが強まり、118円70銭台から一気に117円70銭台まで急落した。日経平均株価が下げ幅を広げたため、ドル円の戻りも鈍かった。

*7日の日経平均株価は4日続落し、終値は1万7700円台となり、約3カ月ぶりの安値となった。サウジアラビアとイランの外交関係断絶に続き、中国株式市場の混乱、北朝鮮の核実験、原油安や円高進行による輸出企業の収益減少が懸念され、買い材料が見出しにくい状況にある。加えて、暖冬で内需の落ち込みも懸念されているという。

*第46回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

↑このページのトップヘ