テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【7月23日 国内市況と終値】
tk0723

*金は5日ぶりに反発。円安とNY金時間外の反発を受けて買い戻された。RSI(14日)=25.4%。ほぼ10年ぶりとなる米国の利上げ観測が高まっていることで、金投資への旨味が薄れている。世界最大の金上場投資信託(ETF)のSPDRゴールド・シェアーズの金保有量は2008年以来最も少ない保有量となり、ピークだった2012年の約半分に減少した。白金も円安とNY白金時間外の反発を受けて6日ぶりに反発。RSI(14日)=32.2%。

*中東産原油は5日続落。22日の欧米原油相場が米原油在庫増やドル高を背景に下落したが、それを受けて売りが優勢となった。RSI(14日)=35.9%。原油相場に追随して製品も総じて続落。ガソリンのRSI(14日)=33.7%。灯油のRSI(14日)=33.5%。昨日のNY原油は、終値としては約3カ月半ぶりに50ドルを割り込んだ。需給緩和懸念が弱材料視されている。しかし、石油輸出国機構(OPEC)関係者から生産調整の必要性を示唆するような発言は出ていない。このため、原油相場のレンジは切り下がるとの見方が強まっている。

*ゴムは反発。円安や来週の納会を意識して買い戻された。ただ、上海ゴム相場は軟調に推移しており、合成ゴムの原料である原
油相場が50ドルを割り込んでいることが弱材料視されている。RSI(14日)=47.8%。

*トウモロコシは小安い。22日のシカゴトウモロコシは、米中西部の天候改善を受けて下落したが、為替が円安のため、東京市場の下げ幅は小さかった。20日発表のクロップ・ブログレスで開花率は50%を超えていたが、米海洋大気局(NOAA)が22日発表した6~10日予報によると、これまで雨がちだった米中西部東側の降雨量は少なめ、やや乾燥気味だった西側の降雨量が多めになっており、受粉期は無事に通過できるとの見方が強まっている。RSI(14日)=50.6%。一般大豆も米国産地の天候改善を受けて軟調。RSI(14日)=48.3%。

*東京外国為替市場のドル円相場は、特に材料もなく124円台前半で小動き。

*日経平均株価は小幅反発。為替の円安や中国上海株の堅調な動きが強材料となったが、株価先物市場に海外投資ファンドの大口売りが出たため、上値を抑えられた。

第23回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

7月23日(木)
【7月22日の海外相場および市況】
ny0722

*22日のNY金は10日続落。連日の下落基調を受けて売り優勢の状況が続いている。終値としては、2010年3月24日の1088.80ドル以来約5年4カ月ぶりの安値となった。年内の米利上げ観測が強まる中、ドルは対ユーロで上昇し、ドル建て金に割高感が生じていることが弱材料。6月の米中古住宅販売件数が前月比3.2%増と、市場予想よりも良好な内容だったことは早期利上げ観測への思惑を強めた。世界最大の金上場投資信託(ETF)のSPDRゴールド・シェアーズの金保有量は2008年以来最も少ない保有量となり、ピークだった2012年の約半分に減少した。RSI(14日)=20.2%。白金は7日続落。RSI(14日)=21.6%。

*22日のNY原油は下落し、終値は50ドルの大台を割り込んだ。これは、4月2日(49.14ドル)以来約3カ月半ぶり。米エネルギー情報局(EIA)によると、最新週の米原油在庫は前週比250万バレル増加し、230万バレルの減少予想と正反対の内容だった。ガソリン在庫は170万バレル減(市場予想90万バレル増)となったものの、ディスティレート(留出油)は20万バレル増(市場予想180万バレル増)の積み増しにとどまった。また、原油受け渡し拠点オクラホマ州クッシングの在庫が81万3000バレル増加したことや、サウジアラビアからの原油輸入量が日量144万バレルと、前週の132万バレルから増加したことも弱材料となった。為替市場でドルが対ユーロで堅調に推移していることもドル建て原油の割高感につながり、圧迫材料となった。RSI(14日)=27.5%。北海ブレント原油も反落。

*22日のシカゴトウモロコシは、米中西部産地の天候が改善し、生育が順調に回復していることが弱材料となって下落し、、3週間ぶりの安値を更新した。RSI(14日)=50.8%。シカゴ大豆も産地の好天に圧迫されて下落。RSI(14日)=50.2%。

*22日のNY外国為替市場のドル円相場は、124円台前半に上昇した。米不動産業者協会(NAR)が発表した6月の中古住宅販売件数は年換算で前月比3.2%増の549万戸と、市場予想の前月比1.2%増、540万戸を大きく上回り、2007年2月以来の高水準となった。これを受け、米国の早期利上げ観測が強まり、ドル買い・円売りが進行した。

*22日のNY株式相場は続落。アップルなどハイテク企業の業績に対する懸念が嫌気された。また、米エネルギー情報局(EIA)の発表した最新週の原油在庫が、予想に反して前週から増加したこともエネルギー関連株の弱材料となった。


【本日の主な経済指標およびイベント】
17:30 (英) 6月小売売上高指数 [前月比] +0.2% +0.4%
   (英) 6月小売売上高指数 [前年比] +4.4% +5.1%
20:00 (トルコ) トルコ中銀政策金利発表 7.50%
21:30 (米) 週次新規失業保険申請件数 28.1万件 27.8万件 
21:30 (加) 5月小売売上高 [前月比] -0.1% +0.6% 
23:00 (EU) 7月消費者信頼感・速報 -5.6 -5.8 
未定 (南ア) SARB政策金利発表 5.75% 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第23回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

【7月22日 国内市況と終値】
tk0722

*金は続落。21日のNY金が年内の米利上げ観測を背景に9日続落したのを受け、売り優勢の展開が続いた。RSI(14日)=21.0%。NY金は、米利上げ観測を背景に下落基調が強まり、昨日の終値は1103.50ドルと約5年4カ月ぶりの安値となった。利上げ観測が後退しない限り上値が重く、まだ下値余地が残っていると見られている。市場は、来週28、29日に開催される米連邦市場公開委員会(FOMC)に注目している。7月の利上げは見送られそうだが、9月利上げを想起させるような話が出れば、さらに売り込まれる可能性が高い。白金は5日続落。RSI(14日)=24.8%。

*中東産原油は続落。21日の欧米原油相場は反発していたが、NY原油時間外の下落を受けてマイナス圏に沈んだ。RSI(14日)=37.2%。原油相場の下落に連れて石油製品も安く引けた。ガソリンのRSI(14日)=34.0%。灯油のRSI(14日)=34.4%。

*ゴムは、上海ゴム安や円高を受けて下落。RSI(14日)=44.5%。

*トウモロコシは反発。昨日のシカゴ相場の反発を受けて買戻しが優勢となった。RSI(14日)=50.3%。一般大豆は軟調。RSI(14日)=49.4%。

*東京外国為替市場のドル円相場は、123円台後半で保ち合い。豪州の消費者物価指数(CPI)の発表を受けて豪ドルが対ドルで反発すると、ドル円にも調整売りが強まり、一時123円60銭台に下落した。日経平均株価が反落していたこともあって、やや円高基調で推移した。

*日経平均株価は7日ぶりに反落。海外株安や為替がやや円高で推移したため、売りが優勢となった。

*
第23回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

7月22日(水)
【7月21日の海外相場および市況】
ny0721

*21日のNY金は9日続落。終値は2010年3月下旬以来約5年4カ月ぶりの安値となった。米連邦準備制度理事会(FRB)が年内に利上げに踏み切るとの見方から、利子を産まない金には売りが継続した。RSI(14日)=22.7%。白金は6日続落。RSI(14日)=22.4%。

*21日のNY原油は反発。為替市場では、ドルが対ユーロで反落したため、ドル建て原油に割安感が生じ、買われた。前日、3カ月半ぶりに一時50ドルを割り込み、売られ過ぎとの見方も買い要因となった。ただ、需給緩和観測も強く、上値は重かった。RSI(14日)=31.8%。北海ブレント原油も反発。

*21日のシカゴトウモロコシは、一時3週間ぶりの安値を付けたが、安値拾いの買いが入り反発に転じた。ただ、米中西部の天候は、作物の生育にとって好ましい状況とのことで、上値は重かった。RSI(14日)=53.3%。シカゴ大豆も安値拾いの買いに反発。RSI(14日)=53.9%。

*21日のNY外国為替市場のドル円相場は下落。特に米経済指標の発表がなかったため、NY株価の動きに連動した。NYダウは、一部主要企業の低調な業績を背景に下落し、ドル円も連れて一時123円76銭の安値を付けた。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)による年内の利上げ観測から、123円台後半に引き戻した。ユーロも堅調。ギリシャ政府が財政改革関連法案の第2弾を議会に提出したとの報を受け、追加支援獲得への期待が高まり、ユーロを押し上げた。

*21日のNYダウは大幅下落。4~6月期の決算発表が本格化する中、米IBMとユナイテッド・テクノロジーズの決算がともに不振だったことが、弱材料視された。トムソン・ロイターは、ドル高や原油安を受けて米主要企業の4~6月期の純利益は前年同期比1.9%減と予想している。


【本日の主な経済指標およびイベント】
10:30 (豪) 第2四半期消費者物価 [前期比] +0.2% +0.8%
      (豪) 第2四半期消費者物価 [前年比] +1.3% +1.7% 
17:00 (南ア) 6月消費者物価指数 [前年比] +4.6% +5.0%
17:30 (英) BOE議事録
22:00 (米) 5月住宅価格指数 [前月比] +0.3% +0.4%
23:00 (米) 6月中古住宅販売件数 535万件 540万件
30:00 (NZ) RBNZオフィシャル・キャッシュレート 3.25% 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第23回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

【7月21日 国内市況と終値】
tk0721

*金は暴落。先限が一時4385円を付けて2014年12月以来、7カ月ぶりに4400円を割り込んだ。20日のNY金は、米国の利上げ観測を背景に大幅安となり、3連休明けの東京金は投げが膨らんだ。米国の利上げ観測に加え、中国の金保有量が弱材料視された。中国人民銀行(中央銀行)が17日公表した6月末時点の金保有高統計によると、金準備は1658トンにとどまった。市場は3000トンを上回る量を予想していたため、中国の金購入が下値を支えるとの見方が後退したようだ。RSI(14日)=24.0%。白金はNY白金安を反映し、4日続落。先限は一時3891円を付けて年初来安値を更新した。RSI(14日)=26.1%。

*中東産原油は3日続落。20日の欧米原油相場は、供給過剰懸念や為替のドル高・ユーロ安が弱材料となって下落したが、東京市場も売りが優勢となった。RSI(14日)=37.4%。石油製品も原油の下げに連れて安い。ガソリンのRSI(14日)=34.6%。灯油のRSI(14日)=35.2%。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが先週末発表した統計によると、同国の石油掘削リグ稼働数は前週比7基減の638基と、3週ぶりにマイナスに転じた。

*東京ゴムは、小幅まちまち。上海相場は堅調に推移したが、貴金属や原油が下落していため、ゴムの買い意欲は弱まったようだ。RSI(14日)=45.9%。

*トウモロコシは大幅続落。シカゴ相場が米中西部の天候回復を受けて急落したため、利益確定売りが膨らんだ。20日発表された米クロップ・ブログレスでは、主要18州の作柄の優・良の合計は69%と前週から横ばいながら、優の割合が2ポイント上昇した。開花状況は28ポイント進み、55%。前週は平年から7ポイント遅れていたが、1ポイント遅れまで改善した。RSI(14日)=49.9%。一般大豆はまちまち。RSI(14日)=52.7%。

*東京外国為替市場のドル円相場は、124円台前半で保ち合い。日経平均株価の上昇を受けてドル買いが優勢となったものの、6月に黒田日銀総裁が発言をしたレベルに近いことから、次第に上値が重くなった。

*日経平均株価は大幅続伸。週明けの欧米株式市場の上昇を受け、買いが先行し、6月24日以来、約1カ月ぶりに2万0800円台を付けた。欧米市場では、ギリシャの債務問題に対する不安感が後退したことや、企業決算で市場予想を上回る業績が目立ったことが好感された。東京市場でも、これから本格化する上場企業の2015年4~6月期決算での業績拡大への期待が強く、買いが優勢となった。


第22回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


↑このページのトップヘ