テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

5月22日(月)
【5月19日の海外相場および市況】
ny0522

*週末19日のNY金は小じっかり。トランプ米政権に対する先行き不安がこの日も支援材料。また、為替市場でドル安・ユーロ高が進行したこともドル建て金を支えた。 ただ、原油価格の上昇で、米株が上げ幅を拡大したことは圧迫材料となった。CFTC建玉5月16日時点:ファンドの金買い越しは12万6724枚(前週比-2万3282枚)と減少。総取組高は43万5021枚と前週比1988枚の減少。

*週末19日のNY白金はドル安を受けて反発。CFTC建玉5月16日時点:ファンドの白金買い越しは1万2169枚(前週比+1929枚)と減少。総取組高は7万4421枚と前週比1683枚の減少。

*週末19日のNY原油は3日続伸し、1カ月ぶりに50ドル台を回復した。石油輸出国機構(OPEC)主導で年初に発効した協調減産措置をめぐって、サウジアラビアとロシアが15日に9カ月延長の必要性で意見が一致したと発表。クウェートやイラク、イランなどの主要産油国も協調減産延長に前向きな姿勢を見せており、25日にウィーンで開かれるOPEC加盟・非加盟国の会合で延長が正式決定される見通しが濃厚。また、為替市場ではドル安・ユーロ高が進行したため、ドル建て原油は割安感から買いが強まり、50ドルの節目を突破した。ただ、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した国内の石油掘削リグ稼働数は前週比8基増の計720基。18週連続の増加となったことから、供給過剰懸念がやや強まり、小幅ながら上値を削った。CFTC建玉5月16日時点:ファンドの原油買い越しは32万8952枚(前週比+201枚)と増加。総取組高は233万7124枚と前週比6万0711枚の増加。

*週末19日のシカゴトウモロコシは、米中西部産地の天候懸念を受けて反発。米中西部東域やデルタ地帯では土壌が水分過多となっており、今週末も降雨がある見通し。このため、トウモロコシの作付けや植え直し、発芽が滞る恐れがある。CFTC建玉5月16日時点:ファンドのトウモロコシ売り越しは9万7301枚(前週比-2506枚)と減少。総取組高は137万1182枚と前週比1万3281枚の増加。

*週末19日のシカゴ大豆は3日ぶりに反発。ブラジル通貨レアルが反発し、ブラジルの農家の売りが鈍化したことも相場を押し上げた。CFTC建玉5月16日時点:ファンドの大豆売り越しは2万8823枚(前週比-1064枚)と減少。総取組高は64万7710枚と前週比7532枚の増加。

*週末19日のNY外国為替市場では、トランプ政権に対する先行き不透明感から、安全資産である円を買ってドルを売る動きが優勢となり、ドル円は111円台前半に下落した。原油価格の上昇を受けてNYダウが上昇したことから、一時111円67銭まで反発していたが、昨年の米大統領選にトランプ陣営とロシア側が共謀して干渉したとされる「ロシアゲート」疑惑をめぐる捜査で、重要参考人として現職のホワイトハウス当局者が特定されたとの報道などが流れたことから、再び円買い・ドル売りが優勢となった。CFTC建玉5月16日時点:ファンドのドル買い・円売りは6万0008枚(前週比+2万3701枚)と増加。総取組高は22万2510枚と前週比1万9370枚の増加。

*週末19日のNYダウは続伸。米農業機械大手の2-4月決算が、大幅な増収増益で市場予想も大きく上回ったことから、他の機械メーカー株にも買いが広がり、相場を押し上げた。また、NY原油が1カ月ぶりに50ドルの大台を回復したことも好感された。


【本日の主な経済指標およびイベント】
08:50 (日) 4月貿易収支 +6147億円(+6140億円) +5207億円 

第116回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

【5月19日(金)国内市況と終値】
ny0519

*19日の金は反落。前日のNY金が利益確定売りに押されて反落したため、売りが優勢となった。白金は3日続落。来週は24日がポイントになりそうだ。5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が公表されるほか、米連邦捜査局(FBI)長官を解任されたコミー氏の議会証言が予定されている。

*19日の中東産(ドバイ)原油は続伸。18日の米欧石油相場が産油国の協調減産延長への期待感から上昇したことを受け、買いが優勢となった。石油製品(バージ)も中東産原油につれて続伸。石油輸出国機構(OPEC)やOPEC非加盟国の会合を来週25日に控え、協調減産延長を織り込む形で買われている。産油国は来年3月まで協調減産を延長する方向で、合意する可能性が高い。また、19日に行われるイラン大統領選の影響も大きそうだ。現職で保守穏健派ロウハニ大統領と、保守強硬派ライシ師の事実上の一騎打ちになる見通しで、ライシ師が勝利すれば対米関係が悪化する可能性が高く、地政学リスクが高まりそうだ。逆に、ロウハニ大統領の続投が決まれば、相場への影響は限られる見通し。ただ、穏健派・強硬派どちらが勝利しても、イランは産油国の協調減産延長に同意する見込み。

*19日のゴムは反発。上海相場の堅調地合いを受けて買われた。

*19日のトウモロコシは6日ぶりに反発。一般大豆は堅調。18日のシカゴ大豆相場は、ブラジル通貨レアルの急落を受けて大幅安となった。レアル安に伴いブラジル産が割安となり、同国農家は輸出拡大に動くとみられ、シカゴ相場に新たな弱材料が浮上した。ブラジルのテメル大統領の汚職をめぐる疑惑が報道され、レアルが対ドルで7%も急落し、シカゴ大豆は割高感が強まった。

*19日の東京外国為替市場のドル円相場は、日経平均株価の切り返しや米長期金利の上昇を受けて、111円台半ばで堅調に推移した。午前は日経平均の下落を嫌気して、111円10銭台に軟化した。午後は日経平均の切り返しや時間外取引での米金利上昇、実需の買いなどに支援され、111円台前半に浮上した。

*19日の日経平均株価は小反発。トランプ大統領の「ロシア疑惑」で17日に急落した米国株は18日、良好な経済指標を下支えに反発。為替市場でも円高が一服したため、リスク回避姿勢が和らぎ、買いが優勢となった。


第116回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


5月19日(金)
【5月18日の海外相場および市況】
ny0519

*18日のNY金は反落。前日はトランプ大統領による政権運営能力に懐疑的な見方が広がり、リスク回避姿勢が強まって6日続伸し、約3週間ぶりの高値を付けていたが、この日はその反動から利益確定売りが優勢となった。ただ、トランプ政権をめぐる先行き不透明感は根強く、金相場の下値は底堅かった。NY白金は反落。

*18日のNY原油は続伸し、3週間ぶりの高値をつけた。先週の米原油輸出量(日量)が史上3番目の高水準となったことで売りが優勢となったが、産油国の減産延期期待から安値買いが入り、一時49.60ドルまで上昇した。石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟産油国の会合を25日に控えて、産油国が協調減産延長に前向きな姿勢を相次ぎ表明したため、買いが継続した。イラクのアバディ首相は16日の記者会見で、OPEC主導の減産延長について支持する意向を表明。またイラン政府も、イラクなど他の産油国と足並みがそろえば、9カ月間の減産延長に同意する考えを示した。

*18日のシカゴトウモロコシは反落。大豆安やブラジル通貨急落に圧迫された。シカゴ大豆は続落。ブラジル通貨急落が嫌気された。

*18日のNY外国為替市場では、良好な米経済指標を受けて円売り・ドル買いが進み、ドル円は111円台半ばに反発した。NY市場が始まる前に、ブラジルのテメル大統領が、汚職事件の捜査妨害を容認していたとの報が伝わり、ドル円は110円20銭台まで急落したが、最新週の新規失業保険申請件数やフィラデルフィア連銀による5月の製造業景況指数がともに市場予想よりも良好な内容となったことから、ドルが買い戻され、ドル円は一時111円台後半まで急反発した。ただ、トランプ大統領には、機密情報漏えいや連邦捜査局(FBI)に対する捜査妨害など、不適切なロシア絡みの疑惑が複数浮上しており、政治の先行き不透明感からドル買いの勢いは続かなかった。

*18日のNYダウは3日ぶりに反発。前日は、トランプ大統領の陣営とロシア政府が共謀して昨年11月の米大統領選に干渉したという「ロシアゲート」疑惑の高まりなどで、政治的混乱への懸念からダウは370ドル超も下落し、大統領選後で最大の下げ幅を記録した。米司法省が疑惑の捜査を指揮する特別検察官にモラー元連邦捜査局(FBI)長官を任命し、大統領を取り巻く状況は厳しさを増しているが、18日は安値拾いの買いが入り、プラス圏に浮上した。この日米経済指標が堅調だったことも好感された。最新週の新規失業保険申請件数やフィラデルフィア連銀による5月の製造業景況指数がともに市場予想よりも良好な内容だった。トランプ大統領の弾劾を求める動きすら出始める政治的混乱を受け、政権が目指す大型減税や大規模なインフラ投資への期待感は大きく剥落しているが、米経済の基調は底堅く、発表を終えた1~3月期の米企業業績も良好だったため、下値は限定的との強気の見方が出ている。


【本日の主な経済指標およびイベント】
*イスタンブール休場(青少年とスポーツの日)
15:00 (独) 4月生産者物価指数 (前年比) +3.1% +3.2% --
23:00 (EU) 5月消費者信頼感・速報 -3.6 -3.0 


第115回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


【原油相場は上昇の可能性】

17日発表された米エネルギー情報局(EIA)による週間在庫統計では、最新週の原油在庫が前週比180万バレル減となった。減少幅は市場予想の240万バレル減よりも小さかったが、6週間連続で在庫が減少したことが好感され、NY原油は買われた。季節要因的にも、今後はガソリン需要が増加する傾向にあり、在庫減少が続きそうだ。


eia0518


サウジアラビアとロシアは、協調減産について、9カ月間延長する必要性で意見が一致し、石油輸出国機構(OPEC)加盟国のクウェートとイラク、ベネズエラも、減産を、2018年3月まで延長することに支持を表明した。

19日に行われるイランの大統領選挙では、穏健改革派で現職のロウハニ師が優勢と伝えられているが、対立候補は現政権による経済回復の遅れを攻撃している。イランの穏健改革派は核開発放棄の見返りとして石油開発を柱とした経済復興を掲げており、以前は減産に対して消極姿勢だったが、現在の減産には合意している。

25日のOPEC総会では、減産延期が決定される見込みで、これが原油相場をサポートしよう。

国際エネルギー機関(IEA)の推定によると、4月の世界の石油供給量は日量9617万バレルだが、石油輸出国機構(OPEC)の推定産油量は日量3178万バレルだった。4月の産油量が継続した場合、今年第2四半期の世界の石油在庫は日量70万バレル減る計算になる。協調減産が延長されれば、第3四半期以降の在庫の減少幅は更に拡大する見通し。

oil0518

減産延期が決定されれば、NY原油は4月の高値53ドルを目指すと予想する。



情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。

【5月18日(木)国内市況と終値】
tk0518

*18日の金は反発。前日のNY金が、トランプ大統領のロシア疑惑をめぐる政治的リスクを背景に上昇したことから、買いが優勢となった。白金は円高を受けて続落。

*18日の中東産(ドバイ)原油は反発。石油製品(バージ)も、原油高になびいて反発。米エネルギー情報局(EIA)が発表した最新のデータによると、原油在庫は前週に比べ180万バレル減少した。夏場のドライブシーズンに向け、在庫は減少傾向を示すとみられ、原油相場は強地合いが続きそうだ。

*18日のゴムは、円高を受けて8日ぶりに反落。上海ゴム相場の下げを受けて、下げ幅を拡大した。

*18日のトウモロコシは5日続落。一般大豆は軟調。トランプ政権に対する不信感から、リスク回避姿勢が強まり、為替が大幅な円高・ドル安に振れているため、円高を受けて穀物相場が押し下げられた。また、米農務省のクロップ・プログレスによると、トウモロコシの作付け進捗率は14日現在で71%と、過去5年平均の70%を上回った。発芽率も31%(過去5年平均は36%)と、おおむね順調。

*18日の東京外国為替市場のドル円相場は、111円台前半で終えた。早朝、トランプ大統領のFBIの捜査妨害疑惑などを嫌気した売りが継続し、一時110円50銭台に下落。その後は実需の買いなどで111円20銭台に回復した。

*18日の日経平均株価は大幅安。米国政治の先行き不安を背景とした前日のNYダウの大幅安や、為替の円高進
行を受けて、ほぼ全面安の展開となった。ドル円が110円台に下落
した場面では、日経平均株価の下げ幅が300円を超えた。


第115回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/



↑このページのトップヘ