テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

7月7日(火)
【7月6日の海外相場および市況】
ny0706

*連休明け6日のNY金は、4日ぶりに反発。RSI(14日)=45.6%。5日に行われたギリシャの国民投票では、財政緊縮策に対する反対が決定され、今後のギリシャと債権団の交渉が難航するとの思惑が強まった。これに伴い、リスク回避の金買いが入った。しかし、ドル買い・ユーロ売りが進み、ドル建て金は割高感に圧迫された。CFTC建玉6月30日時点:ファンドの金買い越しは6万7155枚(前週比-2万7959枚)と買い越し幅は減少。総取組高は44万2301枚と前週より1万1323枚増加。ファンドは買いを減らし、売りを増やしている。

*連休明け6日のNY白金は続落。RSI(14日)=38.0%。CFTC建玉6月30日時点:ファンドの白金買い越しは2万1295枚(前週比+1813枚)と買い越し幅は増加。総取組高は7万7670枚と前週より6451枚減少。ファンドは買い、売りを共に減らしている。

*連休明け6日のNY原油は急落。RSI(14日)=29.0%。5日に行われたギリシャの国民投票では財政緊縮策反対が決定され、同国のユーロ圏離脱懸念が強まった。欧州内外への混乱波及に伴うエネルギー需要減退が警戒された。イラン核問題をめぐる欧米諸国との協議が最終局面を迎え、イラン原油が市場に出回るとの思惑も弱材料になった。米国内の在庫増加や石油掘削リグ稼動数がプラスに転じたとの週間報告もあって、売りが相次いだ。北海ブレント原油も大幅安となり、4月半ば以来の60ドル割れとなった。CFTC建玉6月30日時点:ファンドの原油買い越しは32万8179枚(前週比+746枚)と買い越し幅は微増。総取組高は167万0091枚と前週より2万0066枚増加。ファンドは買い、売りを共に増やしている。

*連休明け6日のシカゴトウモロコシは、商品相場が総じて下落したため、利益確定売りが出て反落。RSI(14日)=80.98%。天気予報によると、今週は米中西部の一部で雨が降り、一部では大雨の可能性もあって、生育や収穫の妨げになる見通し。CFTC建玉6月30日時点:ファンドはトウモロコシを買い越しに転じた。買い越しは11万0569枚(前週比+15万6882枚)。総取組高は130万8355枚と前週より11万8650枚減少。ファンドは買いを増やし、売りを減らしている。

*連休明け6日のシカゴ大豆は、利食い売りや原油安を受けて下落。RSI(14日)=63.5%。週末にかけて米中西部でほぼ乾燥した天候となり、穀物の生育にとってより良い天候になるとの予報も弱材料となった。CFTC建玉6月30日時点:ファンドの大豆買い越しは8万0116枚(前週比+4万9898枚)と買い越し幅は大幅増加。総取組高は66万5965枚と前週より3万5573枚減少。ファンドは買いを増やし、売りを大幅に減らしている。

*連休明け6日のNY外国為替市場のドル円相場は上昇。前日5日に行われたギリシャ国民投票で財政緊縮策反対が決定したことから、欧州の政治や経済が混乱するとの見方が台頭し、リスク回避姿勢が強まって、安全資産としての円が買われた。米サプライ管理協会(ISM)が発表した6月の米非製造業景況指数は56.0と、市場予想の56.2をやや下回ったが、ほぼ市場予想通りとみなされ、相場の反応は一時的だった。ユーロは海外市場で対円、対ドルともに売り込まれたものの、NY市場に入ってからは買い戻された。

*連休明け6日のNYダウは続落。ギリシャが5日実施した国民投票では、財政緊縮策反対が決定され、ギリシャのデフォルト懸念からリスク資産である株式相場には売り圧力が強まった。ただ、ギリシャのチプラス首相が7日のユーロ圏首脳会議に新提案を示す方針を表明したほか、バルファキス財務相の更迭が伝わると、ギリシャとEUとの交渉余地は残されているとの見方から、下げ幅は圧縮した。市場は、欧州中央銀行(ECB)保有のギリシャ国債の償還期限である20日に注目している。償還できなければ、ユーロ圏離脱につながる公算が高い。


【本日の主な経済指標およびイベント】
13:30 (豪) RBAキャッシュターゲット 2.00%
15:00 (独) 5月鉱工業生産 [前月比] +0.9% +0.1%
17:30 (英) 5月鉱工業生産 [前月比] +0.4% -0.2%
21:30 (米) 5月貿易収支 -409.0億USD -427.0億USD 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。


第21回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

【7月6日 国内市況と終値】
tk0706

*金は下落。RSI(14日)=35.2%。ギリシャの国民投票を受けて、NY金時間外は反発したものの、ドル円の下落幅が大きく、売りが優勢となった。NY金時間外が上値を削ると、下げ幅を広げた。ギリシャの財政緊縮策の是非を問う国民投票は、最終的に反対61.3%、賛成38.7%と大差で拒否の意思が示された。反対多数が確実となった朝方のNY金時間外は一時1174ドル台まで上昇したが、その後は上値を削った。もっとも、ギリシャ国民投票の結果を受け、同国と欧州連合(EU)などとの交渉の先行き不透明感は強く、金の下値をサポートする可能性がある。白金は大幅安。RSI(14日)=34.1%。円高を受けて安寄りし、NY白金時間外安を受けて下げ幅を広げた。

*中東産原油は大幅続落。RSI(14日)=33.9%。ギリシャの国民投票で財政緊縮策への反対が賛成を大きく上回ったことから、リスクオフモードが強まって、NY原油時間外は大幅下落した。これに大幅な円高も加わって、売りが優勢となった。ギリシャ情勢が落ち着くまでは、売り圧力がかかりやすいが、今週はこの他にも、7日まで期限が延長されたイラン核問題をめぐる欧米など6カ国とイランの協議の動向もポイントになるだろう。最終合意に伴うイランからの原油供給拡大が予想されており、下落に拍車がかかる可能性もありそうだ。石油製品も中東産原油に連れて急落。ガソリンのRSI(14日)=30.9%。灯油のRSI(14日)=34.0%。

*ゴムは、上海ゴムの下落や円高を受けて大幅続落。原油や石油製品の急落も嫌気されたようだ。先限は214円30銭を付けて一代の安値を更新した。RSI(14日)=33.8%。

*トウモロコシは下落。RSI(14日)=68.5%。ギリシャの国民投票を受けて円高が進行し、その後も、シカゴ時間外の反落から売り優勢の展開が続いた。一般大豆も、円高やシカゴ時間外安を受けて下押した。RSI(14日)=59.8%。

*東京外国為替市場のドル円相場は、5日のギリシャ国民投票の結果を受けて一時121円70銭台まで急落したものの、日経平均株価の下げ幅が限定的だったことから、引けにかけては122円台半ばに買い戻された。市場は、ギリシャ投票結果に対する欧米市場の反応を見極めたいようだ。

*日経平均株価は、ギリシャの債務危機に対する懸念から売りが殺到し、全面安となった。一時527円56銭安の2万0012円23銭まで急落した。終値は6月29日以来1週間ぶりの安値となった。欧州連合(EU)など債権団から課された財政緊縮策の賛否が問われたギリシャ国民投票では、反対票が賛成票を大きく上回った。緊縮策が支持されると期待していた市場では、投票結果を受け失望売りが広がった。債権団との交渉は難航し、ギリシャ問題は長期化する可能性がある。


第21回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

7月6日(月)
【ギリシャ、緊縮財政否決。リスク回避姿勢で円、金買い強まる】

*ギリシャが5日に実施した財政緊縮策の是非を問う国民投票は即日開票された。
開票85%強の時点で反対が62%に達し、賛成は38%と、緊縮策否決が確実となった。

緊縮否決により同国のユーロ離脱の可能性は強まったが、ギリシャがユーロに残留できるかどうかは欧州首脳の決断に委ねられる。

メルケル独首相とオランド仏大統領はギリシャ問題を協議するため7日のユーロ圏首脳会議を招集した。

ギリシャの銀行資金が払底しつつある状況で、経済破綻が近づいているとの見方が強まり、週明け6日の外国為替市場ではユーロが急落し、リスク回避の円買いが強まった。

ユーロドルは先週末終値1.1100ドルから、1.0975ドル台へと急落した。8時30分時点は1.1026ドル。

ユーロ円は先週末終値136円45銭から、一時133円60銭へと急落した。8時30分時点は134円83銭。

ドル円は、市場開始直後に急落し、先週末終値122円78銭から一時121円84銭まで下落した。8時30分時点は122円31銭。

NY金の8時30分時点は1172.20ドルと先週終値1168ドルから4.30ドル高。
NY原油の8時30分時点は54.77ドルと先週終値55.53ドルから0.76ドル安。

*先週末3日の米国市場は、独立記念日のため休場。

【本日の主な経済指標およびイベント】
14:00 (日) 5月景気動向指数・速報 [先行CI指数] 106.4 106.2 
   (日) 5月景気動向指数・速報 [一致CI指数] 111.0 109.1 
23:00 (米) 6月ISM非製造業景況指数 55.7 56.4 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。


第21回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/



7月3日(金)
【7月2日の海外相場および市況】
ny0702

*2日のNY金は3日続落。RSI(14日)=39.2%。一時1155.80ドルまで下落したが、6月の米雇用統計の発表を受けて下げ幅を縮小した。6月の米雇用統計では、非農業部門の就業者数が前月比22万3000人増となり、市場予想の23万人に届かず、5月の25万4000人増(改定値)を下回った。為替市場ではドル売りが進行し、ドル建て金に割安感が生じ、買われた。また、期待外れとなった雇用統計を受けて米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げに慎重になるのではないかとの思惑が広がったことも金には支援要因。ただ、20万人以上の雇用増は弱い内容とはいえず、また、ギリシャの支援問題をめぐる不透明感もあって、上値は重かった。白金は反落。RSI(14日)=44.6%。

*2日のNY原油は続落。RSI(14日)=40.2%。6月の雇用統計は、非農業部門就業者数が前月比22万3000人増と、市場予想23万人増を下回った。米利上げのペースが緩やかになるとの見方が強まり、ドルが対ユーロで下落。ドル建て原油は割安感から買われた。しかし、米エネルギー情報局(EIA)の週報で、市場予想に反して原油在庫が増加を示したことが上値を抑え、マイナスに転じた。また、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズの週間統計で、米石油掘削リグ稼働数が今年初めて前週比増加に転じたことも弱材料になった。今週の米石油掘削リグ稼働数は前週比12基増と、昨年12月以来初めて増加に転じた。北海ブレント原油は、5日に実施されるギリシャの国民投票を控えて反発。

*2日のシカゴトウモロコシは天候懸念で続伸。RSI(14日)=83.1%。予報の専門家らによると、コーンベルト東部では既に大雨が降ったが、今後数日間は嵐になるとみられている。米農務省が今週発表した米国農産物の作付面積報告を受けて、米調査会社インフォーマ・エコノミクスは2015年の米国産トウモロコシの生産高を下方修正した。

*2日のシカゴ大豆は反発。RSI(14日)=70.8%。米中西部南域で降雨が続くとの懸念が強材料。米調査会社インフォーマ・エコノミクスは2015年の米国産大豆の生産高について、38億0800万ブッシェルと、これまでの38億7100万ブッシェルから下方修正した。

*2日のNY外国為替市場のドル円相場は下落した。6月の米雇用統計は、失業率は5.3%と前月から0.2ポイント改善したものの、非農業部門就業者数は前月比22万3000人増と、増加幅は市場予想の23万人増を下回り、5月(25万4000人増=改定値)からも縮小した。これを受けてドルが売られ、一時123円を割り込んだ。雇用統計は悪い内容ではなかったが、期待感が強過ぎたためドル売りが強まったようだ。

*2日のNYダウは、3日ぶりに反落した。6月の米雇用統計は、非農業部門就業者数が前月比22万3000人の増加と、市場予想の23万人増を下回った。また、平均賃金も前月比横ばいと伸びが鈍化し、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ時期が後ずれするとの思惑から、株式市場には好感された。ただ、米独立記念日に伴う3連休入り前とあって、利益確定売りが優勢となった。また、ギリシャは財政破綻の可能性が高まっているが、同国政府は、欧州連合(EU)の求める財政緊縮策の是非を問うため、5日に国民投票を実施する。緊縮反対派が勝てば、ギリシャのユーロ圏離脱が現実味を帯び、週明けの株式市場には弱材料になるとの見方が広まっている。


【本日の主な経済指標およびイベント】
NY休場(独立記念日の振替休日)
10:30 (豪) 5月小売売上高 [前月比] 0.0% +0.5% 
16:00 (トルコ) 6月消費者物価指数 [前月比] +0.56% -0.03% 
     (トルコ) 6月消費者物価指数 [前年比] +8.09% +7.75% 
17:30 (英) 6月PMIサービス業 56.5 57.5 
18:00 (EU) 5月小売売上高 [前月比] +0.7% +0.1%
     (EU) 5月小売売上高 [前年比] +2.2% +2.3% 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。


第20回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

↑このページのトップヘ