テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【4月6日 国内市況と終値】
tk0406

*金は反発。3月の雇用統計が弱い内容だったため、ドルが急落し、NY金時間外相場は上伸したため、買いが優勢となった。終値は50日移動平均線を上回った。10日と25日の移動平均線はゴールデンクロスした。RSI(14日)=59.1%。白金もNY時間外高を反映して反発。終値は50日移動平均線を上回った。RSI(14日)=55.5%。週末3日に公表された3月の米雇用統計は非農業部門の就業者数が前月比12万6000人増と市場予想の24万5000人増を大幅に下回った上、過去の数値も下方改定され1~3月期の平均は20万人増を割れた。失業率は横ばいにとどまったものの、連邦準備制度理事会(FRB)が注目している平均時給は前年同月比2.1%増と伸び悩んだ。今夜発表される3月の米ISM非製造業景況指数が悪化していれば、NY金は一段高になる可能性が高い。

*中東産原油は反発。NY原油時間外相場は、3月雇用統計の悪化を受けたドル安から反発しており、買いが先行した。RSI(14日)=47.9%。石油製品も原油に追随して反発。ガソリンのRSI(14日)=45.8%。灯油のRSI(14日)=51.1%。NY原油時間外相場は、ドル安を受けて節目の50ドルを回復し、一時50.47ドルの高値を付けた。

*ゴムは続落し、先限は一時200円を割り込んで、約2カ月ぶりの安値となった。為替相場の円高を受けて売りが膨らんだ。終値は50日安値を更新した。RSI(14日)=34.5%。本日は、上海市場が清明節で休場。

*トウモロコシは反落。シカゴ時間外相場は反発したが、為替の円高が嫌気されて売りが優勢となった。RSI(14日)=35.1%。一般大豆は反発。RSI(14日)=58.7%。

*週明け6日の東京外国為替市場のドル円相場は、119円前後で保ち合い。前週末に発表された3月の雇用統計は予想以下の内容となり、失望感が強まったが、すでに119円を割り込む水準まで下落していたため、買い戻しが先行し、むしろ底堅く推移した。

*日経平均株価は小幅安。前週末公表された3月の米雇用統計で新規就業者数の伸びが市場の事前予想を下回ったため、売りが先行し、一時200円安近くまで下落した。ただ、下値での買いも入り、下げ幅を縮めた。

第9回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

4月6日(月)
【4月3日の海外相場および市況】
*3日はイースターで商品、株式市場は休場。

*3日のNY外為市場のドル円は急落。3月の米雇用統計が予想を下回る弱い内容となったことを受け、連邦準備理事会(FRB)が金融引き締め開始を予想以上に先延ばしするとの観測が高まった。雇用統計では、非農業部門の雇用者数が12万6000人増と、市場予想の24万5000人増を大幅に下回った。2月も26万4000人増加と、速報値の29万5000人から下方修正された。失業率は前月から変わらずの5.5%で、市場予想と一致した。雇用統計発表直後、ユーロドルは1%超急上昇し、1.10230ドルと、1週間ぶりの高値をつけた。ドル円はおよそ0.8%下落し、1週間ぶりの安値となる118円74銭となった。ただ、イースター休暇の連休で、商いは薄かった。

*金。CFTC建玉3月31日時点:ファンドの金買い越しは8万0019枚(前週比+2万5738枚)と買い越し幅は大幅増加。総取組高は38万7585枚と前週比4万6182枚と大幅減少。ファンドは売りを減らし、買いを増やしている。

*白金。CFTC建玉3月31日時点:ファンドの白金買い越しは2万4773枚(前週比+2613枚)と買い越し幅は増加。総取組高は6万8848枚と前週比4101枚の減少。ファンドは売りと買いを共に減らしている

*原油。CFTC建玉3月31日時点:ファンドの原油買い越しは22万6695枚(前週比+1万9808枚)と買い越し幅は増加。総取組高は174万0134枚と前週比7933枚の減少。ファンドは売りを減らし、買いを増やしている。

*シカゴトウモロコシ。CFTC建玉3月31日時点:ファンドのトウモロコシ買い越しは10万4374枚(前週比+7988枚)と買い越し幅は増加。総取組高は134万9885枚と前週比1万6445枚の増加。ファンドは売り、買い共に減らしている。

*シカゴ大豆。CFTC建玉3月31日時点:ファンドの大豆売り越しは1万4286枚(前週比+5710枚)と売り越し幅は増加。総取組高は76万3912枚と前週比3万5627枚の増加。ファンドは売り、買い共に増やしている。

【本日以降の主な経済指標およびイベント】
NZ、オーストラリア、フランクフルト、ロンドン休場(イースター休暇)、上海休場(清明節)
14:00 (日) 2月景気動向指数・速報 [先行CI指数] 105.5 105.1 
   (日) 2月景気動向指数・速報 [一致CI指数] 113.3 110.7 
23:00 (米) 3月ISM非製造業景況指数 56.9 56.5 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

第9回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

4月3日(金)
【4月2日の海外相場および市況】
ny0402

*2日のNY金は、利益確定売りが優勢となり反落した。堅調な米新規失業保険申請件数を受けて、安全資産の金には売りが強まった。ただ、為替市場では、ドルが対ユーロで軟化したため、ドル建て金の割安感が強まり、下値はサポートされた。3日に発表される3月の米雇用統計を控えて様子見ムードが広がった。RSI(14日)=54.5%。白金は反落。RSI(14日)=51.3%。

*28日までの1週間の米新規失業保険申請件数は前週から減少し、予想を下回った。2月の米貿易統計では赤字が2009年10月以来の低水準となった。ただ、米経済成長が第1四半期に大幅に鈍化したとの見方から、ドルは圧迫された。3月の米雇用統計では、非農業部門就業者数は、24万5000人増が予想されている。2月は29万5000人増だった。失業率予想は前月と変わらずの5.5%。

*2日のNY原油は、イラン核開発問題をめぐる交渉の進展を背景に反落した。イランと欧米など主要6カ国は1日深夜からこの日早朝まで協議を実施した。イラン核協議が6月末までの最終合意に向けた枠組みで大筋合意したことが発表されると、一時48.11ドルまで下落した。6月末までに最終合意が実現すれば、イランはウラン濃縮規模を削減し、同国が最終合意の条件を満たせば、経済制裁は解除される。これにより、EUへのイラン産原油の輸入制限が撤廃されるため、供給増加懸念が強まった。RSI(14日)=51.5%。北海ブレント原油もイラン報道を受けて下落。終値は55ドルを下回った。イランの原油輸出は、制裁の影響で、日量約110万バレルと、2012年の250万バレルから減少している。イランは、タンカーに約3000万バレルの原油を保管しており、出荷できる態勢にあるという。

*シカゴトウモロコシは、イースター連休を控えてショートカバーが入り続伸。作付け意向面積報告の発表が終わり、市場は、米国の天候に注目している。南部では降雨により、早期の作付けに遅れが出ているという。RSI(14日)=50.3%。シカゴ大豆は、イースター連休を控えて、利食い売りが出た。週間輸出成約高統計によると、米国産大豆の今年度の週間純成約量は2万7400トンと、市場予想(15万~30万トン)を下回ったことも嫌気された。RSI(14日)=51.8%。

*2日のNY外国為替市場のドル円相場は米雇用統計を控え模様眺めとなり、119円台半ばから後半で保ち合いとなった。米新規失業保険申請件数は前週比2万件減の26万8000件と市場予想28万5000件を下回った。予想より良好な内容となったことから円売り・ドル買いが進み、円は一時119円89銭まで下落。2月の米製造業受注額が前月比0.2%増と予想の0.5%減に反して伸びたこともドルの買い材料となった。ただ、3日の雇用統計の内容を見極めたいとの思惑から、戻りは限定的だった。

*2日のNY株式市場は、良好な米経済指標を受けて買われ、3日ぶりに反発した。週間新規失業保険申請件数と2月製造業受注が市場予想よりも良好な結果だったことで、米景気先行きへの安心感が広がった。一時は116ドル高まで上昇したが、徐々に伸び悩んだ。3日はグッドフライデーで休場になることに加え、同日には3月の米雇用統計の発表があるため、利益確定売りが優勢となった。


【本日以降の主な経済指標およびイベント】
NZ、オーストラリア、フランクフルト、ロンドン、NY休場(イースター休暇)
21:30 (米) 3月非農業部門雇用者数 +29.5万人 +24.5万人 
21:30 (米) 3月失業率 5.5% 5.5% 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果

【4月2日 国内市況と終値】
tk0402

*金は続伸。1日のNY金が弱い米経済指標を受けて反発したことを受け、買いが先行した。終値は50日移動平均線を上回った。RSI(14日)=51.8%。白金は大幅続伸。終値は25日移動平均線を上回った。RSI(14日)=53.2%。NY金時間外相場は下落。3日に発表される3月の米雇用統計を控えて調整売りに押されている。昨夜発表された3月のADP全米雇用報告は、非農業部門就業者数が前月比18万9000人増と市場予想を下回った。3月の米ISM製造業景況指数は、5カ月連続の低下となり、米景気に対する不安感が強まっている。

*中東産原油は大幅反発。1日の欧米原油相場が、米国内の原油生産の減少を受けて急反発したことを受け、買い戻しが先行した。RSI(14日)=51.2%。石油製品は、原油相場の上昇を受け反発した。ガソリンのRSI(14日)=51.2%。灯油のRSI(14日)=48.0%。

*NY原油時間外相場は下落。米エネルギー情報局(EIA)が1日発表した週報では、原油生産は前週比3万6000バレル減の日量938万6000バレルと、1月30日時点以来の減少に転じた上、ガソリン在庫は予想(前週比90万バレル減)を上回る430万バレル減となった。イラン核協議は、『枠組み合意』に達すれば先行きの需給緩和につながるとして警戒されている。フランスのファビウス外相は1日、記者団に対し「ゴールまでわずかな距離にいる。最後の部分が最も困難だ」と語った。

*ゴムは期近安の期先高。原油相場の反発を受けて買い戻しが先行したが、上値では利益確定売りに押された。RSI(14日)=40.7%。一頃拡大した逆ザヤ幅は解消し、まちまちのサヤ状態になった。

*トウモロコシは続落。シカゴ時間外相場の軟化を受けて売りが優勢となった。終値は50日安値を更新し、RSI(14日)=32.5%。一般大豆は先が高い。RSI(14日)=61.6%。

*東京外国為替市場のドル円相場は、株価は大幅高となったものの、反応は薄く、119円台半ばで保ち合いとなった。日経平均株価は一時400円近い上げ幅となったが、ドル円の反応は鈍く、平均株価が伸び悩むとドル円はやや弱含む程度だった。3日夜には、3月の米雇用統計が発表される上、海外ではイースター休暇に入るため、動意が乏しくなっているようだ。

*日経平均株価は大幅上昇。ただ、上げ幅は一時400円に迫ったが、ドル円相場の上昇が重石になり、引けにかけて伸び悩んだ。米国では経済指標が悪化しているほか、2015年1~3月期の企業決算発表を前に寒波やドル高、原油安の影響による業績の下振れ懸念が出ている。米景気への先行きに不透明感が広がっているため、上値では利益確定売りが出やすいようだ。

↑このページのトップヘ