テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

3月19日(木)
【3月18日の海外相場および市況】
ny0318

*18日のNY金は、連邦公開市場委員会(FOMC)の声明待ちで見送りムードが広がる中、調整的な買いに小反発した。FOMC声明では、事実上のゼロ金利解除に向けて「忍耐強く」対応するとの文言が削除されるかどうかが焦点。仮に文言が削除されたとしても6月からの利上げが確約される訳ではなく、利上げ時期については不透明感が残るため、様子見となった。RSI(14日)=28.6%。引け後に発表されたFOMC声明からは、「忍耐強く」の文言が削除され、雇用改善、物価目標達成への「合理的確信を得て利上げするのが妥当」との指針(フォワードガイダンス)に変更された。また、連邦準備制度理事会(FRB)の政策金利見通し(中央値)は、2015、16、17年末についていずれも昨年12月時点から下方修正された。これをきっかけにドル売り・ユーロ買いが進行。ドル建て金の割安感から買いが活発化した。FOMC声明発表後の時間外取引では、一時1172ドル台まで上伸した。

*白金は3日続落し、2日連続で2009年3月半ば以来の安値を付けた。RSI(14日)=20.8%。

*18日のNY原油は、軟調に推移した後、連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を受けてドルが下落したため、急反発に転じた。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した週報では、原油在庫が前週比960万バレルの大幅増となった。米国の原油受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫も290万バレル増と、記録的な高水準となったことから、一時42.03ドルと、6年ぶりの安値を付けた。しかし、午後に発表されたFOMC声明では、利上げに対し依然慎重な姿勢が示され、為替市場でドル売り・ユーロ買いが急加速し、ドル建ての原油相場も割安感が強まるにつれて急反発に転じた。RSI(14日)=37.8%。北海ブレント原油もドル安を受けて大幅急伸となった。

*シカゴトウモロコシは5営業日ぶり反発。連邦準備制度理事会(FRB)が連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表した声明から「忍耐強く」という文言が削除された。これを受けてドルが下落したため、商品市場は総じて上昇し、トウモロコシにも買いが入った。RSI(14日)=40.3%。大豆は5営業日ぶりに反発。ただ、南米産の収穫が進み、半分近くが完了したことは、上値を抑えた。RSI(14日)=40.3%

*18日のNY外国為替市場のドル円相場は、米利上げの後ずれ観測の強まりを受けてドルが売られ、大幅下落となった。連邦公開市場委員会(FOMC)声明が公表されると、円買い・ドル売りが加速した。連邦準備制度理事会(FRB)は大方の予想通り、事実上のゼロ金利解除に向けて「忍耐強く」対応するとの指針(フォワードガイダンス)を削除したものの、今年末の政策金利見通しが大幅に下方修正されたことで、9月利上げ開始の可能性が高まったとの見方が広がった。米金利が急低下し一時119円29銭まで下落、2週間半ぶりの安値を付ける場面もあったが、その後は買い戻されて120円台に浮上した。

*18日のNYダウは、連邦公開市場委員会(FOMC)声明などで利上げを慎重に探る姿勢が示されたことを好感し、大幅に反発した。約2週間ぶりに1万8000ドルの大台を回復して終了した。FOMC声明では、事実上のゼロ金利解除に「忍耐強く」対応するとした文言を削除。6月以降に、利上げに踏み切る可能性が出てきた。一方、声明は利上げにあたり、雇用やインフレを見極めると強調し、文言削除は最初の利上げ時期を決定したことを示すものではないと念を押すなど、慎重な姿勢を示した。文言削除は予想通りだった上、市場はFOMC声明やイエレン議長の記者会見が利上げに慎重なハト派的だったと受け止めて、買い安心感が広がり、ダウは一時1万8100ドル直前まで買われた。市場では、最初の利上げは9月になり、その後の利上げペースも緩やかになりそうだとの見方が強まった。


【19日の主な経済指標およびイベント】
06:45 (NZ) 第4四半期GDP [前期比] +1.0%(+0.9%) +0.8% +0.8%
(NZ) 第4四半期GDP [前年比] +3.2% +3.4% +3.5%
21:30 (米) 週次新規失業保険申請件数 28.9万件 29.3万件-
21:30 (米) 第4四半期経常収支 -1003億USD -1041億USD 
23:00 (米) 3月フィラデルフィア連銀景況指数 5.2 7.0 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

【3月18日 国内市況と終値】
tk0318

*金は続落。昨日のNY金の下落を映して売り優勢の展開となった。RSI(14日)=28.2%。NY金時間外相場は小動き。連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表とイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見を控えて様子見。日本時間19日午前3時にFOMC声明が発表される。市場ではフォワードガイダンスの「忍耐強く」が削除され、FRBが利上げの準備に入るとの見方が多い。ただ、複数の米経済指標は依然とし冴えないため、声明では、利上げ時期に関して慎重姿勢を示すと予想されている。白金は、NY時間外安を映して3営業日続落。RSI(14日)=23.4%。

*中東産原油は4日続落。NY原油時間外相場が米原油在庫の大幅増を背景に水準を切り下げたのを受け、4営業日続落となった。RSI(14日)=36.9%。石油製品も4営業日続落。ガソリンのRSI(14日)=33.8%。灯油のRSI(14日)=36.6%。NY原油時間外相場は、前日に付けた2009年3月以来6年ぶりの安値をさらに更新し、42ドル台半ばで軟調に推移している。米原油在庫の大幅な積み上がりが背景。米石油協会(API)が17日発表した最新週の原油在庫は、前週比1050万バレル増の4億5000万バレルとなった。受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの在庫も300万バレル増加していた。ドル高への懸念も弱材料。連邦準備制度理事会(FRB)は17~18日に連邦公開市場委員会(FOMC)を開催する。FOMCの結果や理事会後のイエレンFRB議長の会見内容が注目されるが、ドル高基調に変化はなさそうだ。

*ゴムは反落。上海相場の下落を映し、マイナス圏に沈んだ。ただ、終値は50日移動平均線を維持している。RSI(14日)=48.5%。日本ゴム輸入協会が18日発表した10日現在の全国営業倉庫生ゴム在庫は、2月28日時点に比べ363トン少ない1万1904トンとなった。

*トウモロコシは6営業日続落。17日のシカゴトウモロコシが潤沢な供給を背景に下落したことを受け、弱気売りが先行した。終値は25日安値を更新した。RSI(14日)=35.8%。一般大豆はまちまち。材料難で方向感を欠いた。RSI(14日)=41.7%。

*東京外国為替市場のドル円相場は、株高に影響されて121円台前半で堅調に推移している。日経平均株価の上昇基調が鮮明となったことで、ドル円もやや買い優勢となった。もっとも値幅は狭く、明日のFOMCを待っている状況。FOMCの声明では、フォワードガイダンスから「忍耐強く」が削除されるとの見方が多い。利上げについては、イエレンFRB議長は急がない姿勢を強調するとみられる。

*日経平均株価は、利益確定売りが先行し、小安く始まったが、売り一巡後は押し目買いが優勢となって切り返し、反発した。賃金上昇を通じた景気持ち直しに加え、企業業績改善への期待感から押し目買い意欲は強く、日経平均株価は約15年ぶりとなる1万9500円台を回復した。先高観から海外投資家の買いが株価を押し上げているという。


3月18日(水)
【3月17日の海外相場および市況】
ny0317

*17日のNY金は、連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定を翌日に控えて4営業日ぶりに反落。2014年11月6日以来約4カ月ぶりの安値で引けた。RSI(14日)=26.2%。2月の住宅着工件数は前月比17.0%減少し、1年1カ月ぶりの低水準に落ち込んだ。一方、、先行指標の許可件数は3.0%増加し予想を上回ったため、いったんは売りに押されたものの、急ピッチで切り返すなど、荒い展開となった。連邦準備制度理事会(FRB)は17日、2日間の日程でFOMCを始めた。政策に関する声明文から「忍耐強く」との表現が削除されると予想されている。この表現がなくなれば、利上げに一歩近づくことになり、金利を生まない金には押し下げ要因になりそうだ。白金は続落。終値は1100ドルの節目を割り込み、2009年3月半ば以来約6年ぶりの安値を付けた。RSI(14日)=20.9%。

*17日の米欧石油市場では、北海ブレント原油がドル安や買い戻しを受けて小反発する一方、NY原油は在庫増加観測から続落して終了した。NY原油のRSI(14日)=33.1%。ただ、引け後に米石油協会(API)が公表した3月13日までの1週間の原油在庫は、前週比1050万バレル増と、予想の380万バレル増を大きく上回った。これを受けてNY原油時間外相場は、0.6ドル程度下落し、44.60ドルレベルで推移している。リビアの生産増や、イランが核協議で西側による制裁が解除されれば、輸出が増える可能性もあり、さらに原油相場を圧迫しそうだ。

*シカゴトウモロコシは、世界的に潤沢な供給が圧迫要因となる中、続落した。RSI(14日)=35.9%。シカゴ大豆は、大豆ミール安に連れて下落し、5カ月ぶりの安値を付けた。RSI(14日)=35.2%。

*17日のNY外国為替市場のドル円相場は、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちとなる中、121円台前半で小動きとなった。米長期金利の低下を受けて一時ドルが買われたものの、引けにかけてジリ安となった。2月の米住宅着工件数は前月比17.0%の大幅減となったものの、先行指標である許可件数は3.0%増加し予想を上回ったため、相場への影響は限定的だった。
FOMC声明文発表を控えて様子見姿勢が強まった。今回の会合では、声明文から「忍耐強く」との表現が外される可能性が高いとみられており、利上げ時期を占う目安として注目が集まっている。

*17日のNYダウは、連邦公開市場委員会(FOMC)の声明発表を控えた警戒感から反落。前日に大幅上昇した反動やFOMCの声明発表を控え、利益確定の売りが先行した。2月の米住宅着工件数が前月比17.0%減と市場予想を大きく下回ったことや原油安にも圧迫された。市場は18日に公表されるFOMC声明で、利上げに向け「忍耐強く」対応するとの文言が変更されるかどうかに注目している。連邦準備制度理事会(FRB)は利上げの前に文言を変更すると表明しており、市場では、今後の金融政策の柔軟性を高めるためにも文言を変更するとの見方が優勢。ただ、雇用統計が2カ月連続で改善する一方で、経済指標が市場予想を下回るなど、利上げ時期に関しては、依然として不透明な状況にある。

【18日の主な経済指標およびイベント】
17:00 (南ア) 2月消費者物価指数 [前年比] +4.4% +3.8% 
18:30 (英) 2月失業保険申請件数 -3.86万件 -3.00万件 
18:30 (英) 2月失業率 2.5% 2.4%
18:30 (英) BOE議事録
19:00 (ユーロ圏) 1月貿易収支 +243億EUR +150億EUR 
20:00 (南ア) 1月実質小売売上高 [前年比] +3.4% +2.5% 
27:00 (米) FOMC政策金利発表 0.00-0.25% 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

【3月17日 国内市況と終値】
tk0317

*金は下落。週明け16日のNY金が伸び悩んだため、売り優勢の展開となった。RSI(14日)=29.9%。NY金市場は、17、18日の連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが強まっている。18日には、FOMC声明発表とイエレンFRB議長の会見が行われる。市場では、フォワードガイダンスの利上げに「忍耐強く」の文言が削除され、金融政策正常化への準備を進めるとの見方が優勢。予想通りに「忍耐強く」が削除されれば、金は売られ、2014年12月1日の安値1141.7ドルを試し、下抜ける可能性もありそうだ。ただ、イエレン議長が記者会見で、6月の利上げに慎重な発言をすれば買い戻されそうだ。白金は続落。終値は50日安値を更新した。RSI(14日)=25.1%。

*中東産原油は3営業日続落。RSI(14日)=39.3%。週明け16日の欧米原油は、米原油在庫の積み上がりやイランの核協議をめぐる需給緩和懸念を背景に売られ、NY原油は2009年3月以来6年ぶり、北海ブレントが今年2月2日以来の安値を付けた。石油製品は原油安に追随して下落。ガソリンのRSI(14日)=36.2%。灯油のRSI(14日)=39.5%。

*ゴムは、タイの現物相場の上昇や上海相場が切り返したことを受けて反発。ただ、戻り待ちの売りも多く、上値を削って引けた。終値は50日移動平均線を維持した。RSI(14日)=49.2%。

*トウモロコシは5営業日続落。16日のシカゴ相場が輸出需要の減退観測を受けた売りに下落したことを受け、売りが優勢となった。終値は50日移動平均線を下回った。RSI(14日)=41.9%。一般大豆はまちまち。RSI(14日)=49.3%。

*東京外国為替市場のドル円相場は、日銀金融政策決定会合を受けた黒田総裁の記者会見を前に様子見から、121円台前半で小動きになっている。日銀決定会合は市場の想定通り現状維持だった。ユーロは対円、対ドルともに伸び悩み。

*日銀は17日の金融政策決定会合で、政策方針の現状維持を8対1の賛成多数で決めた。生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI)の前年比(増税の影響を除くベース)については「エネルギー価格下落の影響から当面ゼロ%程度で推移する」との見通しに下方修正した。 また、マネタリーベースが年約80兆円に相当するペースで増えるよう金融市場調節を行う方針を据え置いた。長期国債は年約80兆円、指数連動型上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(J-REIT)はそれぞれ年約3兆円、年約900億円に相当するペースで保有残高が増加するよう買い入れる方針も維持した。

*日経平均株価は大幅反発し、13日に付けた昨年来高値を更新した。3月期末配当の権利確定日が集中する26日にかけて売りが一段と細るとみられ、需給の引き締まりで株価が上昇しやすくなりそうだ。市場では、月内にも日経平均は2万円の大台を回復する可能性が高いとの先高期待が増している。

3月17日(火)
【3月16日の海外相場および市況】
ny0316

*週明け16日のNY金は、ドル安による買いと株高を受けた売りが交錯した後、小幅続伸した。RSI(14日)=25.6%。為替市場では、前週末のドル高が一服し、ドル安・ユーロ高によるドル建て金の相対的な割安感を受け、買い戻しが入った。しかし、その後はNYダウが上昇したことを受けて買いの勢いが弱まった。市場では、17、18日に行われる連邦公開市場委員会(FOMC)の行方に注目が集まっている。利上げに向けて「忍耐強く」対応するとの指針(フォワードガイダンス)が変更されるかどうかが焦点。白金は反落し、一時2009年7月以来5年8カ月ぶりの安値を付けた。終値は50日安値を更新した。RSI(14日)=23.6%。

*週明け16日のNY原油は、米原油在庫の積み増しに対する懸念から5営業日続落。終値は25日安値を更新した。RSI(14日)=33.9%。2009年3月以来約6年ぶりの安値で終えた。国際エネルギー機関(IEA)は前週、米国の貯蔵能力の限界に達する可能性を指摘。一段の米在庫増に対する警戒感が強まり、一時42.85ドルまで下落した。エネルギー情報企業ジェンスケープの予想によると、米オクラホマ州クッシングの米原油先物受け渡し拠点の先週の原油在庫は300万バレル以上増加し、10週連続の在庫積み上がりで過去最高を記録すると懸念されている。イランと欧米など6カ国の核問題をめぐる交渉が進展、合意が近付いていることを受け、イランの原油輸出量が増えるとの思惑が広がったことも、圧迫材料となった。ただ、為替市場でドルが対ユーロで下落したため、ドル建て原油相場は割安感に下支えされ、下げ幅を縮小した。ソシエテ・ジェネラルは、世界の原油在庫が日量160万バレルのペースで増加しており、2015年後半には増加速度が日量170万バレルに加速すると試算している。ゴールドマン・サックスはアナリスト・リポートで、米国での油田掘削リグ稼働数が減少しても、2015年後半の産油量の減少規模は限定的だと指摘した。

*北海ブレント原油も下落し、一時6週間ぶり安値の52.50ドルまで下げた。米国やリビアで増産の兆しが出ているほか、欧米とイランが核協議で合意すればイラン産原油の禁輸など制裁措置が解除され、市場への原油供給量が増える可能性があるとの観測が強まった。業界関係者は16日、リビアの産油量が日量約49万バレルに増加したと述べた。
 *シカゴトウモロコシは、輸出検証高が予想を下回ったため、3営業日続落した。週間輸出検証高(6~12日)によると、米国産トウモロコシの検証高は73万5311トンで、予想の下限を下回った。RSI(14日)=42.0%。

*シカゴ大豆は、大豆ミール相場の下落に追随して安い。全米油実加工業者協会(NOPA)は、2月の圧砕統計を発表。それによると、圧砕量は1億4697万ブッシェルと、前年同月比3.8%増加した。RSI(14日)=39.6%。

*週明け16日のNY外国為替市場のドル円相場は、様子見が広がり121円台前半で小動きとなった。18日の連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表や17日の日銀の金融政策会合を控えて、内容を見極めたいとの見方が広がり、終日にわたって値幅の狭い動きが継続した。2月の米鉱工業生産や3月のNY州製造業景況指数はいずれも市場予想を下回った。このため、一時的に円買い・ドル売りが優勢となる場面もあったが、反応は限定的。

*週明け16日のNY株式相場は、欧州株高やドル高一服を受けて買い戻す動きが強まり大幅反発し、1週間ぶりの高値で終了した。ドル高進行の一服で、グローバル企業の業績悪影響の懸念も一時的に後退した。17、18両日の連邦公開市場委員会(FOMC)では、ゼロ金利解除に向けて「忍耐強く」対応するとの指針を変更するかどうかが焦点。しかし、16日発表の経済指標では、2月の鉱工業生産指数や3月の住宅建設業者信頼感指数がいずれも市場予想を下回ったため、市場では6月の早期利上げ観測が後退したとの見方が広がり、買い安心感が強まった。

【17日の主な経済指標およびイベント】
未定 (日) 日銀金融政策決定会合
09:30 (豪) RBA議事録
19:00 (独) 3月ZEW景況感調査 53.0 59.4
19:00 (ユーロ圏) 3月ZEW景況感調査 52.7 
21:30 (米) 2月住宅着工件数 106.5万件 104.0万件 
21:30 (米) 2月建設許可件数 105.3万件(106.0万件) 106.5万件 

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

↑このページのトップヘ