テクニカルマイスター

商品、為替、株式相場を,ファンダメンタルズとテクニカルから思いつくままに分析。

【ドル円テクニカル分析】

ドル円は、昨日の午前中、4時間チャートで転換線を下回っていることから、調整安の可能性に注意したいとしたが、昨夜のNY市場では、上昇に転じて転換線を超えて、さらには直近の高値だった119.17円をブレイクした。これにより、117.225~119.17円のレンジを上抜けたことになったので、新たな上昇相場が開始したと見ていいだろう。MACDもゴールデンクロスを示現して上昇再開となっている。

当面の高値の目安はレンジ幅119.17-117.225=1.945円をレンジの上限に上乗せして、119.17+1.945=121.115円が算定される。

大局的には72本移動平均線にサポートされている限りは、上昇相場が継続していくと見ていいだろう。

*ドル円4時間足
yen1203

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。


12月3日(水)
【12月2日の海外相場および市況】
ny1202

*NY金は、ドル高に押されて反落し、終値は1200ドルを割り込んだ。外国為替市場でドルが反発に転じたため、ドル建て金相場に割高感が生じ売りが出た。最近の原油安を背景にインフレ懸念が後退していること、原油安を背景に米景気の先行きに楽観的な見方が広がっていること等が金の売り要因。アジアの現物需要が金相場を支えているが、最大の消費国・中国での相場プレミアムは2日時点でオンス当たり1ドル未満と買い意欲の高まりはまだ弱い。

*海外石油相場は、前日の急反発を受けた戻り待ちの売りに下落。イラク政府は2日、中央政府に属するキルクーク州の油田から日量30万バレルを、クルド自治区から日量25万バレルをトルコを通じて輸出することで合意したと発表したことが弱材料になった。米原油先物市場の当初証拠金を引き上げたことや、ドル高も圧迫要因。

*コーンは、米国内の記録的豊作に加え、南米の生育条件が望ましい状況にあることから、供給増懸念に圧迫されて急落した。南米のトウモロコシ生産国であるアルゼンチンやチリでは、今季の降水量は今のところ十分な量であり、生産懸念は小さいという。大豆は、大豆油の下落が弱材料となって大幅下落となり、1000セントの大台を割り込んだ。ブラジルやアルゼンチンでの好天も、圧迫材料という。

*NY外国為替市場のドル円相場は、米連邦準備制度理事会(FRB)幹部の発言や米長期金利の上昇などを背景に上昇した。FRBのフィッシャー副議長、NY連銀のダドリー総裁は1日、原油安によるインフレ低下は一時的で、米国や世界経済にとってはプラスであるとの見解を示した。また、両総裁は米国の利上げについても前向きな姿勢を示した。さらに、米債券売りに伴う長期金利の上昇やNYダウが史上最高値を更新して終了したことも、ドル買い・円売り材料となった。ドル円は一時119円29銭と2007年8月上旬以来7年4カ月ぶりの高値を付けた。

*フィッシャーFRB副議長は、低金利を「相当な期間」維持するとの文言については、「当局がその削除に数カ月前よりも近づいているのは明白だ」と述べた。

*昨日2日、豪中銀は政策金利を過去最低の2.5%に据え置いた。豪中銀は声明で「主要商品価格はこの数カ月間で大幅に下落した」と指摘した。

*NY株式市場は、原油安を契機としたエネルギー業界再編への期待から反発し、2営業日ぶりに史上最高値を更新して終了した。11月の米新車販売は、同月としては13年ぶりの高水準となり、10月の米建設支出も前月比1.1%増。堅調な米経済を示すこうした統計も買い材料となった。4日の欧州中央銀行(ECB)理事会で追加金融緩和が決定されるとの期待も押し上げ要因となった。

【本日の主な経済指標およびイベント】
09:30 (豪) 第3四半期GDP [前期比] +0.5% +0.7%
      (豪) 第3四半期GDP [前年比] +3.1% +3.1%
10:00 (中国) 11月非製造業PMI 53.8
18:30 (英) 11月PMIサービス業 56.2 56.5 
19:00 (ユーロ圏) 10月小売売上高 [前月比] -1.3% +0.5%
      (ユーロ圏) 10月小売売上高 [前年比] +0.6% +1.6%
22:15 (米) 11月ADP全国雇用者数 +23.0万人 +22.2万人
24:00 (米) 11月ISM非製造業景況指数 57.1 57.5
24:00 (加) 加中銀政策金利発表 1.00%
28:00 (米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック)

*数値は順に、前回(改定値)、予想、結果。

【12月2日 国内市況終値】
tk1202

*東京金は大幅上昇。先限は一時4630円と2013年5月以来1年半ぶりの高値を付けた。為替の円安基調が継続し、1日のNY金が大幅上昇したことから、ショートカバーや新規の買いが入った。今週は5日に11月の米雇用統計が発表されるが、好調な内容が予想されている。為替市場ではドル高が進行すると予想され、ドル建て金相場にはマイナス要因になるが、円建て金には円安が支援要因となる可能性が高い。

*中東産原油は5営業日ぶりの大幅反発。1日の欧米原油が、買い戻しに急伸したことを受け急反発した。石油製品も中東産原油高に追随し急伸した。OPEC総会の発表を受けて急落した後の反動が出た形で、落ち着いた動きになるには時間がかかりそうだ。4日に発表される米エネルギー情報局(EIA)週間原油在庫で、ガソリンの需要動向が注目されそうだ。米国のガソリン価格は低下しており、需要が増加していれば相場には強材料になろうが、逆に減少していれば弱材料になるだろう。

*ゴムは、石油製品高を受けた買い戻しに反発。ただし、上海相場が上値重く推移したので、終値は200円の大台を回復できなかった。中国の11月製造業購買担当者景況指数(PMI)が低下し、景気に減速感が広がっている事が、上海ゴム相場の上値を抑えているようだ。対米タイヤ輸出の減少観測も嫌気されている。生産国タイでは、これから増産期を迎える事も弱気要因。

*トウモロコシ、一般大豆は反発。シカゴ相場が小麦高を受けて上昇した流れを引き継いだ。シカゴ穀物市場では、小麦相場が急伸し6月上旬以来約半年ぶりの高値を付け、コーンや大豆の牽引役となった。ロシアは先月27日、天候不順の影響で15年の穀物収穫高が8600万トンと、14年より2割近く減少するとの見通しを公表した。ユーリエフ副農相は、国内の穀物市場を守るために、15年に穀物輸出関税の導入を検討する可能性を示唆した。ロシアは世界有数の小麦生産国だが、干ばつ被害を受けた10年には穀物の禁輸措置を打ち出した。

*東京外国為替市場のドル円相場は、株価上昇を受けて118円台半ばで底堅く推移している。ただ、上値を追う勢いはなかった。ムーディーズ・インベスターズ・サービスは1日、日本の政府債務格付けを「Aa3」から1段階引き下げ「A1」とすると発表した。

*オーストラリア準備銀行(中央銀行)は2日、政策金利 を過去最低の2.5%に据え置いた。金利据え置きはこれで1年4カ月連続。スティーブンス総裁は声明で金利と通貨に関して、豪ドル相場はその基礎的価値に関する予想の大半を引き続き上回っており、国内経済の均衡の取れた成長を達成するためには為替レートの下落が必要となる公算が大きいと述べた。

*日経平均株価は軟調に始まったが、後場には押し目買いが優勢となって切り返した。堅調な米国経済への期待感と最近の原油安や円安進行による企業業績改善への期待も強いようだ。

*東京金1時間足
昨日の安値4376円が底値になって、昨夜の夜間取引では急反発に転じた。ギャップを埋めるどころか、主要な移動平均線をすべてブレイクし、一気に年初来高値を更新する急騰となった。これにより上昇相場に転換し、基調は押し目買いとなった。4500円台で値固めして一段高になりそうだ。
tkg60_1202
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【東京金テクニカル分析】

昨日のレポートでは、「東京金は急落し、午前10時時点、先週末比で110円以上安い4380円台まで下落している。東京金の年初来安値は4074円(2月5日)、年初来高値は4567円(11月25日)で、これにフィボナッチリトレースメントを当てはめると、0.38倍押し=4380円、0.5倍(半値)押し=4320円、0.62倍押し=4262円となり、現在の急落で、一時4376円まで下落しているので0.38倍押しのラインに達した。一目均衡表の基準線がほぼ4376円であり、0.38倍押しのラインはサポートとして機能しそうだ」とした。

昨日の安値は結局4376円であり、0.38倍押しのラインは維持された。昨夜の夜間取引では急上昇に転じ、4630円まで上昇し、年初来高値をあっさり更新してしまった。

通常、急落した後は下げ止まって日柄をかけた値固め局面となるのだが、今回は非常に稀なケースかもしれない。

さて、年初来高値を更新したことで、より長期的な観点から週足を参考に東京金相場を見てみよう。2013年2月5081円の上場来最高値をつけた。その後、2013年6月に安値をつけて下値を切り上げてきたが、戻りは4532円(2013年9月)、4545円(2014年3月)、4544円(2014年11月)と4550円に達しなかった。一連の動きで、ウェッジが形成されていたが、昨日の上昇により、ウェッジの上限がブレイクされた。

また、高値5081円と安値3750円にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、安値から0.38倍戻し=4256円、0.5倍(半値)戻し=4416円、0.62倍戻し=4576円となり、0.62倍押しラインをもブレイクしている。

ポイントとなる上値抵抗線を複数ブレイクしている上に、MACDも、ゴールデンクロスしてゼロラインを越えて上昇している。新たな上昇トレンドが発生したと言える。5000円の大台を目指して上昇する展開になるだろう。
  

*東京金週足

tkgw1202
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

【豪ドル円テクニカル分析】

豪ドル円は、102.86円と年初来高値を更新したものの、反落に転じ一時100円を割り込んだ。

4時間足を見ると、転換線と基準線を割り込んで、一目均衡表の雲を下回っている。遅行線は実体とデッドクロスして下落しており、”三役逆転”状態にあり、下落基調に転じている。MACDもゼロラインを下回って推移しているため、下落相場にあることを示している。

ただ、現在は100円にサポートされて下げ止まっているため、ここから反発に転じて雲をブレイクすれば上昇基調に転じる可能性はある。しかし、100円のサポートラインを割り込めば、調整安場面を迎えるだろう。

10月以降の安値は91.75円で、高値は102.86円なので、これにフィボナッチリトレースメントを当てはめると、0.38倍押し=98.64円、0.5倍(半値)押し=97.31円、0.62倍押し=95.97円となり、98円60銭台への反落が想定される。

*豪ドル円4時間足

aud1202

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。

↑このページのトップヘ