【FOMC、量的緩和が終了】

米連邦準備理事会(FRB)は29日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明で、資産買い入れ額をこれまでの150億ドルからゼロとした。これに伴い、2012年9月に開始した量的緩和第3弾(QE3)は終了した。

市場が最も関心を寄せていた利上げ時期に関しては、事実上のゼロ金利を「相当期間」維持するとの文言を維持した。

声明では「労働市場の状況は改善した。雇用は着実に伸び、失業率は低下している。労働市場は労働力の活用不足が徐々に解消されつつある」とし、前回の声明よりも改善していることを強調した。

世界経済の弱さが米経済にもたらす影響には言及しなかった。

インフレについては、エネルギー価格の下落に抑制されるとしながらも、9月の声明にあった「インフレ率が2%を下回り続ける可能性は低下した」という文言を維持した。

FOMCは2008年12月以降、事実上のゼロで据え置いているフェデラルファンド(FF)金利誘導目標の引き上げ時期を判断する上で、さまざまな情報を検討していく方針をあらためて示したが、市場では、今回の声明文が予想外にタカ派的なものだったことから、2015年後半へ後退していた利上げ開始期待は、2015年半ば程度に前倒しされるとの見方が強まった。

米金利は上昇し、これを受けてドルが全面高となり、ドル円相場は109円台前半に上昇している。

金相場に関しては、ドル建て金に割高感が生じ、時間外取引では下げ幅が拡大している。

本日の時間外取引では一時前日比14.2ドル安の1210.7ドルまで下落したが、10:00時点では1215ドル前後へ引き戻している。

東京金相場先限は、一時4243円まで下落したが、その後は4260円前後に引き戻している。
日足ベースでは、保ち合いの域にとどまっている。

*ドル円60分足
usd1030

*東京金60分足

tkg60-1

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。