ブログネタ
雨の週末の過ごし方は? に参加中!

【東京トウモロコシテクニカル分析】

東京トウモロコシの日足で、年初来高値2万8490円円(4月30日)と年初来安値2万2680円円(10月3日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、0.38倍押し=2万6280円、0.5倍(半値)押し=2万5590円、0.62倍押し=2万4890円となり、昨日13日には0.38倍押しをブレイクし、現在もここを上回って推移している。

11月11日には200日移動平均線を上回っており、大勢的に上昇相場で推移している。

そのため、0.38倍押しも上回っていることから、全値戻しが期待されるところだが、RSI(14日)が買われ過ぎゾーンに達していること、依然として50日移動平均線と100日移動平均線が200日移動平均線の下側にあることから、調整安を迎える可能性には注意しておきたい。

10月以降の今回の上昇相場は、一目均衡表の転換線にサポートされる格好で上昇しており、調整安となった場合、これが下げ止まりの目安になるだろう。そこで再び反発に転じれば地合いの強さが確認されるが、転換線を割り込んだ場合、調整の下げ幅は拡大しそうだ。転換線の下側にある基準線がサポートの目安になるだろう。

現在、50日移動平均線が緩やかに上昇しており、横ばいで推移している100日移動平均線に近づきつつある。長期的に下値は支えられ、押し目は買われていく展開になるだろう。

ただ、50日線と100日線がゴールデンクロスすれば長期上昇相場に移行するが、50日線が100日線で押し返された場合、再び下落基調に転換する可能性が高まるため注意が必要だろう。


*東京トウモロコシ日足

corn1114
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。