【11月28日 国内市況終値】
tk1128

*金は3日続落。NY金時間外は下落したが、為替がドル高・円安で推移したため、下げ幅は小さかった。白金も、NY時間外安を受けて続落。NY金時間外相場は、原油価格の急落や為替のドル高・ユーロ安を背景に売られている。27日に開催された石油輸出国機構(OPEC)総会では減産が見送られ、原油価格は大幅急落。インフレ懸念が後退し、インフレヘッジとして買われる金は売られた。また減産見送りから、外為市場ではドルが資源国通貨に対して買われて上伸し、ドル建て金に割高感が強まった。金市場では、30日に実施されるスイス中銀による金準備売却禁止法案の是非を問う国民投票の可否が注目されている。仮に成立されれば、スイス中銀は金準備比率を20%まで引き上げることになり、金価格の上昇が見込まれる。

*中東産原油は3日連続で大幅下落。石油輸出国機構(OPEC)の減産見送りを背景に海外市場が急落したため、暴落となった。石油製品も中東産原油安に追随し、大幅続落。東京ガソリン2015年1月当限は、6万5130円の安値を付け、2012年12月7日(6万4870円)以来約2年ぶりの水準に沈んでいる。当限の急落を受けて、他の5限月の下落幅も拡大した。灯油も今冬の暖冬観測も加わってガソリン以上に下落している。今冬に必要な在庫はすでに蓄えられているという。気象庁が25日発表した3カ月予報では、12月から15年2月までの平均気温は東・西日本と沖縄・奄美で高く、暖冬の可能性があるとの見通しが示された。

*ゴムは期先が小幅高。原油や石油製品の急落に連れて197.5円まで下押したが、上海相場の堅調な動きを受けて引けでは200円を回復した。12月1日に発表される11月のHSBC中国製造業購買担当者景況指数(PMI)については、大幅な改善が見込みにくいため、買い要因にはならない可能性がある。合成ゴムの原料となる原油が大幅下落していることも押し下げ要因になりそうだ。

*トウモロコシは小幅続落。時間外取引がないため週末を控えて整理売りが出た。一般大豆はまちまち。

*東京外国為替市場のドル円相場は、118円台前半で堅調に推移した。朝方はOPEC総会の減産見送りを受けた資源国通貨売り・ドル買いが続いたほか、輸入企業の買いも加わり、118円台に乗せた。午後は、日経平均株価が一段高となったことで118円30銭台に続伸した。原油安による物価下押し圧力を受けて日銀がさらなる緩和強化を迫られるとの見方も出て、円は下落基調が続くとの見方が強い。

*日経平均株価は円安を受けて上昇。10月の鉱工業生産など国内経済指標が市場の予想に比べ良かったことから、景気回復への期待感が広がった。さらに、石油輸出国機構(OPEC)が、生産目標の据え置きを決定したことも、燃料価格低下で恩恵を受ける企業の株が買われ、日経平均株価を押し上げた。

*東京金1時間足
18本、36本、54本の3本の移動平均線を下回った状態が続いている。MACDもデッドクロスして下落し、ゼロラインを下回っている。下落基調に転じた可能性があるが、下値の堅い展開が続いている。4450~4567円のレンジ内で推移している。4450円を下回れば、4400円のサポートラインが試される展開になるだろう。
tkg60_1128

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。