【NY金テクニカル分析】

11月30日に実施されたスイス中央銀行の金準備拡大法案に対する国民の判断は否決だった。これを受けてNY金は1日に1141.7ドルまで下落したが、急速に引き戻され、1200ドルを超える大陽線となって引けた。11月7日につけた年初来安値1130.4ドルと合わせて2点底となった。ただ、まだ下落基調が終了したとも判断できない。

日足の一目均衡表を見ると、1日の大陽線で転換線と基準線をブレイクしたものの、まだ雲の下側に留まっており、遅行線も実体に達していない。

年初来高値の1392.6ドル(3月17日)と年初来安値の1130.4ドル(11月7日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、安値から0.38倍戻し=1230ドル、0.5倍(半値)戻し=1262ドル、0.62倍戻し=1293ドルとなり、0.38倍戻しにも達していない。

今後、上昇相場へ発展するためには、0.38倍戻しをブレイクすることはもちろんだが、10月の高値を超えることで、チャートパターン的にはボトムが形成されることから、0.5倍戻しである1262ドルを終値でブレイクする必要があるだろう。

MACDはゴールデンクロスした後に上昇しているが、これからゼロラインを越えるかどうかが試される。ゼロラインを越えてくれば、8月以来の指標変化となり、現況の下落基調からの転換が期待できるだろう。雲はこれから下がってくるので、これに上値を抑えられる可能性もあるが、値位置が低くなる分、ブレイクする可能性も出てくる。

今週5日は、11月の米雇用統計という重要イベントがあり、満月でもある。果たして変化がでるのかどうか注目したい。

ただし、下がりくる雲に抑えられて、下落に転じ、年初来安値を更新する事態になれば、1100ドルを割り込んで1000ドル台へと下落する弱気相場になるだろう。

*NY金日足

nyg1204
情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。