【東京トウモロコシテクニカル分析】
東京トウモロコシ日足において、年初来高値2万8490円(4月30日)と年初来安値2万2680円(10月3日)にフィボナッチリトレースメントを当てはめると、高値から0.38倍押し=2万6280円、0.5倍(半値)押し=2万5590円、0.62倍押し=2万4890円となり、0.38倍押しのラインをすでに大きく上回っているので、全値戻しが期待されるところ。

一目均衡表は、”三役好転”状態が継続している。
三役好転(一目均衡表では、「買いシグナル」となる)とは、①.ろうそく足が雲を上回っている、②.転換線が基準線を上回っている、③.遅行線が実体を上回っている、状態を指す。

今回の上昇は、終値が転換線にサポートされ、安値が基準線にサポートされて上昇するという綺麗な上昇パターンを描いている。

50日移動平均線(現在2万5380円)は100日移動平均線とゴールデンクロスを示現した後も上昇を続け、200日移動平均線(現在2万5790円)に接近しつつある。50日線と200日線がゴールデンクロスとなれば、より長期的な上昇相場へのシグナルとなりスケールの大きな展開に発展する可能性がある。

年初来安値2万2680円から2万6560円(11月17日)までを上昇の第一波動と考えると、この上昇幅を押し目底から上に伸ばすN型パターンを当てはめて、2万6560円(11月17日高値)-2万2680円(10月3日安値)+2万5300円(11月20日安値)=2万9180円が上値目標値として算定される。

N型計算に関してはコチラ
⇒ http://www.ntaa.or.jp/technical/counting/count_ichimoku

達成時期としては、10月3日から11月17日までの日柄を押し目底の11月20日から対等に延長されると想定して、2015年1月上旬になると予想される。

*東京トウモロコシ日足
corn1218

情報提供:(株)インベステック
※本画面に掲載されている情報の著作権は、インベステック及び各情報提供会社に帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、インベステック及び各情報提供会社は一切の責任を負いません。