【3月17日(金)国内市況と終値】
tk0317

*17日の金は続伸。白金は反落。16日のNY金は、米連邦準備制度理事会(FRB)が緩やかな利上げペースを維持するとの見方を背景にドルが売られたことから上伸した。終値で1200ドルが維持されたため、地合いの底堅さが確認されたようだ。昨日、トランプ政権は、国防費の拡大などを軸とする予算教書の骨格を発表したが、歳入見通しや社会保障関連費用など義務的経費を含む詳細は5月の議会で提示される。大型減税も依然としてまとまっておらず、財政政策には不透明感が残る。このほか、イスラム圏6カ国からの入国を原則禁止する大統領令に関して、ハワイに続き、メリーランドの連邦地裁が執行停止を命じる仮処分を決定したが、政府はこれを不服として連邦高裁に上訴する方針を示すなど、政権運営に関する不安も払拭されておらず、安全資産である金には支援要因となっている。また、オランダの下院選挙では、極右の自由党が事前観測ほどの議席数は獲得できなかったが、フランスでの選挙が4月に予定されているため、金売りの材料になっていない。

*17日の中東産原油は続落。石油製品も原油になびいて軟調。3連休を控えて出来高も少ない。

*17日のゴムは、上海相場高を反映して反発。ゴム独自の新規材料に乏しく、為替に左右されて保ち合いが続きそうだ。ただ、中国では、昨年後半から、景気対策の影響でトラック向け大型タイヤの売れ行きが改善しているため、下値は限定的と見られている。

*17日のトウモロコシは上伸。一般大豆はまちまち。

*17日の東京外国為替市場のドル円相場は、週末にドイツで開催される主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控えて113円台半ばで膠着している。

*17日の日経平均株価は、3連休前の利益確定売りが出て小反落。週末に主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控えていることも様子見姿勢を強めた。


第108回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/