【5月30日(火)国内市況と終値】
tk0530

*30日の金は円高を受けて小幅安。白金は下落。先週末の先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)でトランプ大統領と他の首脳らとの交渉をめぐり、一致点が少なかったことから、市場に警戒感が広がり、NY金時間外は堅調に推移した。ただ、為替が円高で推移したため、東京金は売りが優勢となった。

*30日の中東産原油は小幅安。ガソリンは小幅高、灯油は小安い。東京ガソリンは、期近が堅調に推移している。原油価格が円相場の上昇を眺めて値を沈める中、ガソリン期近は値を保ち、当、先限の逆ざやは2000円を超えている。現物の引き締まりを反映した動きとなっているようだ。

*30日のゴムは下落。期近は大幅安。主産地タイのRSS3号オファー価格(6月積み)は、約2週間前から220セント台前半で推移。円換算すると約240円で、東京市場の割高感が解消されているようだ。

*30日のトウモロコシは反落。一般大豆はまちまち。昨日のシカゴ市場が休場だったため、為替に連動した動きになった。

*30日の東京外国為替市場のドル円相場は、朝方の111円台前半から110円台後半に反落した。早朝は、111円20銭台だったが、欧州政治不安やECBの量的緩和継続観測を受けたユーロ売り・円買いが波及し、110円70銭台まで反落した。午後は、株価の持ち直しを映して買い戻されたが、111円手前で戻り一杯となった。

*30日の日経平均株価は小幅続落。朝方は円高を受けて下落基調を強め、下げ幅は一時100円を超えたが、午後になると円高一服を受け、プラス圏に切り返す場面もあった。ただ、英米市場が祝日のため休場だったので、市場参加者が少なく、買いは継続しなかった。


第117回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/