【豪ドル円、先週の動き・今週の予想】
*先週の豪ドル円は軟化した。対ドルでは豪準備銀行(RBA、豪中銀)理事会議事要旨を受けて上昇したが、6月の雇用指標が悪化し、円高の影響も受けて、豪ドル円は押し下げられた。

18日に公表された7月4日分のRBA理事会議事録では、労働市場も含めた豪州経済に楽観的な見方をしていることが明らかになり、豪ドルは対ドルでは2015年5月以来、対円では2015年12月中旬の高値近辺まで大幅上昇した。

しかし、20日に発表された雇用統計では、失業率が5.6%と予想通だったものの、新規雇用者数が予想の1.50万人増を下回る1.40万人増だったことが失望売りを招いた。

*今週の豪ドル円は、円高を反映して調整局面を向かえそうだ。

豪準備銀行(RBA、豪中銀)理事会議事要旨(7月4日分)では、雇用の改善や堅調な公共投資、個人消費の持ち直しを受けて景気の先行きに対する明るい見方が示された。一方、雇用状況や住宅市場に対するリスクも指摘された。

議事要旨には「明るい(positive)」という言葉が使われたため、市場の利上げ期待は高まったが、RBA副総裁が21日に、「利上げが必要とは限らない」と発言し、豪ドル高が牽制された。

次回の理事会は、8月1日だが、それまでは豪ドル買いも一服するのではないか。

今週は26日に4-6月期消費者物価指数(CPI)が発表されるが、前期比では+0.4%と前回の+0.5%より鈍化する見込みだが、前年比では+2.2%と前期の+2.1%からやや加速する見込み。27日に発表される4-6月期輸出物価指数は前期比で+0.7%と前回の+1.2%より低下する見込みで、総じて弱材料が優勢となりそうだ。

26日にはロウRBA総裁の講演があり注目される。

20日に89円35銭まで上昇し、2015年12月中旬以来の高値をつけた。RSIも77%まで上昇し、テクニカル的に買われ過ぎ感が強まっている。トランプ政権のロシアゲート疑惑を受けてドル円は下落基調が強まっているため、豪ドル円も上値が重くなりそうだ。

<強材料>
①.RBA理事会議事要旨では、景気の先行き見通しに「明るさ」。
②.主要産品の鉄鉱石価格が持ち直す。
③.中国の景気が回復基調(貿易収支の改善、GDPの持ち直し)。

<弱材料>
①.RBA副総裁が「利上げが必要とは限らない」と発言。
②.6月ウェストパック景気先行指数が悪化。
③.6月雇用者数が低下。


aud


予想レンジ:86.00円~89.00円


情報提供:(株)エムサーフ
※上記ロゴが記載されたチャートの著作権は、(株)エムサーフに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)エムサーフは一切の責任を負いません。