7月31日(月)
【7月28日の海外相場および市況】
ny0731

*週末28日のNY金は続伸。米国のさえないインフレ関連指標を受けてドルが対ユーロで下落したことから、割安感から買われた。4~6月期の実質GDP(国内総生産)速報値は前期比2.6%増と、前期の1.2%増から加速し、市場予想と一致。ただ、インフレ関連指標では、個人消費支出(PCE)物価指数が0.3%上昇(前期2.2%上昇)、エネルギーと食料品を除いたコアが0.9%上昇(同1.8%上昇)にとどまった。これを受けて、為替市場ではユーロに対してドル安が進行した。米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な追加利上げ観測が後退したことや、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受け、安全資産の金に買いが入った。CFTC建玉7月25日時点:ファンドの金買い越しは9万0831枚(前週比+3万0693枚)と増加。総取組高は46万3827枚と前週比2万0377枚の減少。

*週末28日のNY白金はドル安を受けて続伸。CFTC建玉7月25日時点:ファンドの白金買い越しは1万0183枚(前週比+1642枚)と増加。総取組高は7万1062枚と前週比1394枚の減少。

*週末28日のNY原油は5日続伸。ドル安・ユーロ高の進行に伴う割安感から買い進められた。米エネルギー情報局(EIA)の在庫週報で原油とガソリンが予想を上回る取り崩しとなったことや、サウジアラビアが8月の石油輸出量を抑制する方針を示していることに引き続き支えられた。さらにこの日は、英・オランダ系石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルのナイジェリア子会社が輸出用パイプラインの原油漏れに対する不可抗力条項を延長するとの声明を発表したことも支援材料。この日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は前週比2基増の766基と、2015年4月以来の高水準となったが、相場への影響は限定的だった。CFTC建玉7月25日時点:ファンドの原油買い越しは42万3338枚(前週比+2万6879枚)と増加。総取組高は214万9971枚と前週比9911枚の増加。

*週末28日のシカゴトウモロコシは続伸。米中西部の乾燥した天候が、作物に打撃を与えるとの見方が強まった。CFTC建玉7月25日時点:ファンドのトウモロコシ買い越しは17万2065枚(前週比-5082枚)と減少。総取組高は140万0075枚と前週比56枚の減少。
*週末28日のシカゴ大豆は続伸。米控訴裁判所は28日、環境保護局(EPA)が、燃料に占めるバイオ燃料の最低基準を誤って算定していたとして、算定見直しを指示した。EPAはこれまで、基準を引き下げようとしていた。判決を受け、大豆ミール買い・大豆油売りの裁定取引を巻き戻す動きが広がった。CFTC建玉7月25日時点:ファンドの大豆買い越しは5万8785枚(前週比+1万7954枚)と増加。総取組高は62万8115枚と前週比2万4113枚の減少。

*週末28日のNY外国為替市場では、インフレ関連指標の鈍化などを受けて長期金利が小幅低下したことから、ドル円は110円台後半に下落した。4~6月期の実質GDP(国内総生産)速報値は季節調整済み年率換算で前期比2.6%増と、前期の1.2%増から加速し、市場予想と一致。ただ、インフレ関連指標で個人消費支出(PCE)物価指数が0.3%上昇、エネルギーと食料品を除いたコアが0.9%上昇にとどまり、いずれも前期から鈍化。また、労働省が発表した4~6月期の雇用コスト指数(ECI)も前期比0.5%上昇と、上昇率が前期と市場予想をともに下回った。これを受けて、米長期金利が小幅低下。さらに、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したとの報もドルの下押し材料となり、ドル円は一時110円55銭まで下落した。CFTC建玉7月25日時点:ファンドのドル買い・円売りは12万1489枚(前週比-5430枚)と減少。総取組高は23万5140枚と前週比1万4931枚の減少。

*週末28日のNYダウは、3日連続で史上最高値を更新した。4~6月期の実質GDP(国内総生産)速報値は、季節調整済み年率換算で前期比2.6%増と、前期の1.2%増から加速した。個人消費や設備投資が堅調だったことから、米経済の先行きへの安心感が広がり、株価の支援材料となった。

【本日の主な経済指標およびイベント】
07:45 (NZ) 6月住宅建設許可 (前月比) +7.0% -- --
08:50 (日) 6月鉱工業生産・速報 (前月比) -3.6% +1.5% --
10:00 (中) 7月製造業PMI 51.7 51.5 --
10:00 (中) 7月非製造業PMI 54.9 -- --
10:00 (NZ) 7月ANZ企業景況感 24.8 -- --
15:00 (独) 6月小売売上高指数 (前月比) +0.5% +0.2% --
17:30 (英) 6月消費者信用残高 +17億GBP +15億GBP --
18:00 (EU) 6月失業率 9.3% 9.2% --
18:00 (EU) 7月消費者物価指数(HICP)・速報 (前年比) +1.3% +1.3% --
21:00 (南ア) 6月貿易収支 +95億ZAR +92億ZAR --
22:45 (米) 7月シカゴ購買部協会景気指数 65.7 60.0 --
23:00 (米) 6月中古住宅販売保留件数指数 (前月比) -0.8% +1.0% 

第126回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/