9月22日(金)
【9月21日の海外相場および市況】
ny0922

*21日のNY金は反落。米連邦準備制度理事会(FRB)が前日の連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に追加利上げに前向きな姿勢を示したため、金利を生まない金には売り圧力がかかった。前日のFOMCでは、FRBは政策金利の据え置きと保有資産の縮小開始を決定。FOMC参加者による政策金利見通しでは、これまでの想定通り「年内あと1回」の利上げを堅持したほか、来年3回の利上げ想定回数なども据え置いた。FRBが市場の想定よりもタカ派的な姿勢を示したことから、金売りが進んだ。また、為替市場ではFRBによる政策決定を受けて対ユーロでドル高が進行し、ドル建て金に割高感が生じた。今後は、米国で医療保険制度改革(オバマケア)の代替や税制改革、資金の本国送還に関する法律が成立すれば、経済成長の加速を意味し、金にとっては弱材料になると予想されている。ペンス米副大統領は21日、所属する共和党の議員らに対し、同党がオバマケアを撤廃・代替する「最後の最良のチャンス」を支持するよう促した。NY白金はドル高を受けて10日続落。

*21日のNY原油は小反落。石油輸出国機構(OPEC)主導の会合を翌22日に控える中、利食い売りに小反落した。ただ、OPECにロシアなどを加えた非加盟国が過剰在庫の解消に取り組む一方で、米国では商品価格の上昇に乗じたシェールオイル増産が継続。米エネルギー情報局(EIA)が前日に公表した週間統計によると、原油在庫は15日までに3週連続で増加したほか、産油量も5週連続で拡大していた。

*石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国は22日にウィーンで開く閣僚級会合で、協調減産の延長の可能性について協議するほか、減産合意の順守状況を見極める輸出を監視することを検討する。22日のOPEC加盟国・非加盟国合同監視委員会の会合には、OPEC側からクウェート、ベネズエラ、アルジェリア、非加盟国側からロシアとオマーンの閣僚が出席。 クウェートのマルズーク石油相は記者団に対し、減産合意の順守率は前月から改善し100%を超えていると述べた。このほか、アルジェリアのギトウニ・エネルギー相は前日、今回の会合で現行の協調減産の延長について協議するとの見通しを表明。また、ロシアのノバク・エネルギー相は今回の会合で原油輸出を監視する方法について協議することを明らかにしている。現行の減産合意の期限は2018年3月末。OPEC代表者によると、どの程度延長するかについては、これまでのところ合意は得られていない。

*21日のシカゴトウモロコシは小幅続伸。シカゴ大豆は続伸。

*21日のNY外国為替市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)による年内利上げ観測を背景にしたドル買いが継続し、ドル円は112円台半ばに上昇した。20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に公表された参加者の政策金利見通しでは、「年内あと1回」の利上げの想定などが維持された。低インフレが警戒される中、参加者が利上げへの姿勢を変えていないことが確認されると、長期金利が上昇し、ドル買い・円売りが活発化した。この日もドル買い・、円売りの流れが継続したが、米国が対北朝鮮の追加制裁を発表するとの報を受けて警戒感が広がり、利益確定のドル売りも加わり、高値圏で保ち合いとなった。FOMCを通過し、市場の焦点は米政権と与党共和党執行部が来週公表する税制改革法案に移っている。

*21日のNYダウは10日ぶりに反落。日米などで22日に発売される腕時計型端末「アップルウオッチ」の新製品の一部に、通信接続の不具合があると伝わったことや、米国や中国でスマートフォン「iPhone8」の先行予約数が過去のモデルより大幅に少ないとのアナリストリポートも嫌気された。また、前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、市場では「年内あと1回」の利上げ観測が拡大し、金融の引き締まりへの警戒感も重石になった。


【本日の主な経済指標およびイベント】
16:30 (独) 9月製造業PMI・速報 59.3 59.0 --
16:30 (独) 9月サービス業PMI・速報 53.5 53.7 --
17:00 (EU) 9月製造業PMI・速報 57.4 57.2 --
17:00 (EU) 9月サービス業PMI・速報 54.7 54.8 --

第133回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/