10月30日(月)
【10月27日の海外相場および市況】
ny1030

*週末27日のNY金は、スペイン東部カタルーニャ自治州議会の独立宣言をめぐる政治的混乱を受けて小反発した。カタルーニャ自治州議会は27日、同州が「独立した共和国だ」と明記した宣言を賛成多数で可決した。独立宣言を受け、スペイン上院も同日、カタルーニャの自治権停止について投票を行い、賛成多数で承認。1日に行われた独立の是非をめぐる住民投票に端を発する自治州と中央政府の対立が重大局面を迎えたことで、安全資産とされる金が買われた。ただ、2017年7~9月期の米実質GDP(国内総生産)速報値が市場予想を大幅に上回ったことから、上値は抑えられた。CFTC建玉10月24日時点:ファンドの金買い越しは19万13854枚(前週比-9339枚)と減少。総取組高は52万6674枚と前週比2126枚の減少。

*週末27日のNY白金は続落。CFTC建玉10月24日時点:ファンドの白金買い越しは2万0948枚(前週比-3137枚)と減少。総取組高は7万5692枚と前週比244枚の増加。

*週末27日のNY原油は大幅続伸。石油輸出国機構(OPEC)のバーキンド事務局長はこの日、盟主サウジアラビアとOPEC非加盟の主要産油国ロシアが現行の協調減産合意を来年末まで継続する方針を支持していると言明。また、トランプ大統領が連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にパウエルFRB理事を指名する方向との報道を境に、ドル安が進行した。この2つの強材料が重なって大きく上昇した。米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した国内の石油掘削リグ稼働数は前週比1基増の計737基と、4週ぶりにプラスに転換。この日は、北海ブレント原油は60ドル台に乗せて引けた。ただ、この日はイラクの中央政府軍とクルド自治政府の治安部隊「ペシュメルガ」が停戦協定を締結したと発表し、情勢不安が若干緩和された。CFTC建玉10月24日時点:ファンドの原油買い越しは44万6827枚(前週比+1万7302枚)と増加。総取組高237万1940枚と前週比6万8532枚の減少。

*週末27日のシカゴトウモロコシは、小麦安に追随して3日続落。国際穀物理事会(IGC)は26日、2017~18年度のトウモロコシ生産予想を引き上げた。CFTC建玉10月24日時点:ファンドのトウモロコシ売り越しは7万0556枚(前週比-6379枚)と増加。総取組高は154万6282枚と前週比5万7245枚の増加。

*週末27日のシカゴ大豆は反発。40日移動平均が下値支持線となり、テクニカルな買いが入ったCFTC建玉10月24日時点:ファンドの大豆買い越しは5万64934枚(前週比-2万5391枚)と減少。総取組高は76万5011枚と前週比2万0731枚の増加。

*週末27日のNY外国為替市場のドル円は、7~9月期の実質GDP(国内総生産)速報値が年率で前期比3.0%増と、市場予想の2.5%増を上回ったため一時114円45銭まで上昇したが、その後、米連邦準備制度理事会(FRB)の議長人事をめぐる報道を受けて円買い・ドル売りが進み、113円台後半に反落した。ブルームバーグ通信は、トランプ大統領が次期FRB議長として、金融引き締めに慎重な「ハト派」として知られるパウエルFRB理事の指名に傾いていると報道した。引き締めに積極的な「タカ派」と目されるテイラー・スタンフォード大教授が有力視されているとの見方が強かっただけに、この報道を受けて円買い・ドル売りが進行した。さらに、スペイン東部カタルーニャ自治州議会は、同州が「独立した共和国」と明記した宣言を賛成多数で可決したが、スペイン上院はカタルーニャの自治権停止を賛成多数で承認した。自治州と中央政府の対立が重大局面を迎える中、安全資産とされる債券が買われて米長期金利が低下したため、ドル売り・円買いが強まった。CFTC建玉10月24日時点:ファンドのドル買い・円売りは11万6857枚(前週比-1万5571枚)と減少。総取組高は28万2230枚と前週比2万5143枚の増加。

*週末27日のNYダウは、IT大手の決算を好感した買いに支えられて小幅続伸。5営業日ぶりに終値ベースの史上最高値を更新して引けた。7~9月期の実質GDP(国内総生産)速報値が年率で前期比3.0%増と、市場予想の2.5%増を上回ったことも好感された。

【本日の主な経済指標およびイベント】
16:00 (独) 9月小売売上高指数 (前月比) -0.4%(-0.2%) +0.5% --
18:30 (英) 9月消費者信用残高 +16億GBP +15億GBP --
19:00 (EU) 10月経済信頼感 113.0 113.4 --
19:00 (EU) 10月消費者信頼感・確報 -1.0 -1.0 --
21:30 (米) 9月個人所得 (前月比) +0.2% +0.4% --
21:30 (米) 9月個人消費支出 (前月比) +0.1% +0.8% --
21:30 (米) 9月コアPCEデフレーター (前月比) +0.1% +0.1% --
      (米) 9月コアPCEデフレーター (前年比) +1.3% +1.3% --
22:00 (独) 10月消費者物価指数・速報 (前年比) +1.8% +1.7% 

第139回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/