【あれから1年 メキシコペソ円】
トランプ氏が2016年の大統領選で、勝利してから今月9日で1年が経った。1周年を記念するかのような、初のアジア歴訪では、日本・韓国・中国で盛大な歓迎を受けた。

トランプ大統領の誕生に最も影響を受けているのは隣国メキシコではないだろうか。同国からの不法移民を阻止するといい続け、メキシコ国境沿いに壁を築くとし、北米自由貿易協定(NAFTA)については破棄も辞さないとの強硬姿勢を見せた。

メキシコは米国経済との結びつきが非常に強く、メキシコペソは米国の政治・経済動向に左右されやすい。


mex1

メキシコペソ円のこの1年の日足チャートを見ると、昨年11月11日は、米大統領でトランプ氏の当選を受けて、対ドルで急落したため、メキシコペソ円も急落した。2017年に入ってからも、トランプ政権の対メキシコ通商・移民政策に関する不透明感からメキシコペソの下落基調が続き、1月中旬には対ドルで21ペソ台と史上最安値を付けた。

しかし、ペソ安に歯止めをかけるため、メキシコ銀行(中央銀行)が機動的な利上げを実施し、新たな為替ヘッジプログラムを発表すると、ペソは反発に転じた。

その後、8月半ばに開始された北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉では、大きな進展が見られず、米国が保護主義的な通商政策を打ち出す可能性や、合意不成立の場合に離脱するリスクが意識され、10月半ばには、5月初旬以来約5ヶ月振りの水準に下落した。

ただ、10月17日に米国・カナダ・メキシコの3ヶ国で共同声明を発表し、協議継続の方針が確認されたため、ペソは反発した。政策金利が7.0%という高水準にあるため、今後も海外からの投資資金が期待され、メキシコペソをサポートすると思われる。

現状の5.9円台という水準は、年初高値からの0.38倍押し水準に相当し、押し目を形成しているといえそうだ。


mexi1011


さて、「くりっく365」では、10月30日にメキシコペソ円が上場された。メキシコの政策金利は7.0%あり、スワップポイントも高いことから、投資家の注目を浴びている。メキシコペソ円は、取引単位が10万通貨で、証拠金は11月10日時点で2万3780円(11月13~17日は2万3810円)で、10月30日から11月9日までの1日あたりのスワップポイントの平均値は118円。


mex2

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。