【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は下落した。米長期金利の急騰を受けてNYダウが史上最大の下げ幅を記録したため、市場はリスクオフとなって、高金利通貨の南アランドは売られた。原油相場が急落し、商品市況全般が下落したことも資源国通貨である南アランドには弱材料となった。ただ、ズマ大統領の辞任の噂も出て、下げ渋る場面もあった。

*今週の南アランド円は、保ち合いで推移しそうだ。ズマ大統領辞任を巡る報道で南アランドが揺れている。南アフリカの与党・アフリカ民族会議(ANC)は12日、ズマ大統領に48時間以内に辞任するよう要求した。 ANCの党首であるラマポーザ副大統領は、ズマ大統領に直接メッセージを伝えるため、大統領府に向かった。しかし、一部報道によると、ズマ大統領はこの辞任要求を拒否したという。

13日、ANC執行委員会は、ズマ大統領の罷免を決定した。党執行委員会はズマ大統領に辞任を命じる権限があるが、大統領がなお辞任を拒否する可能性があるとの見方が出ている。ズマ大統領辞任への期待が南アランドをサポートしているが、未だに去就が決まっていないため、結果を待つしかない。ただ、いざ辞任決定となれば、目先の強材料出尽くしで、売りが優勢となりそうだ。

国際商品指数であるCRB指数が190ポイントを割り込み、コモディティ価格が下落していることも南アランドの押し下げ要因となろう。今週が、13日に10-12月失業率、14日に12月の小売売上高が発表される。

zar0213

*予想レンジ:8.90円~9.20円

情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。