2月14日(水)
【2月13日の海外相場および市況】
ny0214

*13日のNY外国為替市場では、アジア市場で進行した円高・ドル安の流れが継続し、107円台後半に下落した。日経平均株価の下落や欧州株安を背景にリスク回避姿勢が強まり、安全資産としての円が買われた。一時107円40銭台付近まで下落し、2017年9月上旬以来約5カ月ぶりの安値を付けた。市場は、14日発表の1月米消費者物価指数(CPI)に注目している。市場予想によると、総合指数が前月比0.3%上昇、変動の激しいエネルギーと食料品を除いたコア指数は0.2%上昇が見込まれている。予想を大きく上回る上昇となれば、再びインフレ懸念が高まって長期金利が急上昇し、株価の大幅安を招く恐れがある。市場の不安心理指標である恐怖心指数(VIX)は、前週に一時50まで急騰したが、今週に入って低下している。ただ、13日時点は24.97と危険水準とされる20を上回っている。本日は東京時間に10〜12月期のGDPが発表される。欧米時間は、10〜12月期の独GDP、1月独消費者物価確定値、10〜12月期ユーロ圏GDP改定値、12月ユーロ圏鉱工業生産、1月米消費者物価指数(CPI)・小売売上高などが発表される。

*13日のNY金は、ドルが対ユーロで下落したため続伸した。日本株や欧州株がほぼ全面安となり、NYダウも昼すぎまで軟調に推移していたため、安全資産とされる金に「質への逃避買い」も入った。ただ、米消費者物価指数(CPI)と卸売物価指数(PPI)の発表をそれぞれ14、15日に控えて様子見ムードも強かったほか、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペースの加速観測も金相場の重しとなり上値は限られた。NY金は依然として50日移動平均線を上回っており、上昇相場が継続していると見られている。NY白金は金につれて続伸。

*13日のNY原油は、石油輸出国機構(OPEC)非加盟国での増産懸念などを背景に小反落した。国際エネルギー機関(IEA)は13日に発表した2月の石油市場月報で、今年の世界石油需要見通しを日量140万バレル増に小幅上方修正したものの、今年の原油市場動向については、米国を中心とするOPEC非加盟国の生産が需要増を上回るペースで拡大するとの見通しを示し、米国でのシェールオイル増産が価格押し下げの要因になる可能性があると指摘した。ただ、この日は為替市場でドル安・ユーロ高が進行し、ドル建て原油に割安感が生じたことから、下値は限定的だった。

*国際エネルギー機関(IEA)が13日発表した2月の石油市場月報は、2018年の原油市場の動向について「米国を中心とする非石油輸出国機構(OPEC)加盟国の生産が需要増を上回るペースで拡大する」と見込み、米国のシェールオイルの生産増が価格押し下げ要因になると予想した。米国のシェールオイルは当初、コスト高が難点とされたものの、月報によれば現在は効率化が進み、米国は急速に生産量を増やしている。18年の米国の生産量は前年比12%と大幅増の日量1472万バレルに達し、ロシアを含む旧ソ連圏の1442万バレルを抜いて世界最大になると見込んだ。

*イラクのルアイビ石油相は13日、首都バグダッドのダウラ製油所から南部バスラへの石油製品の鉄道輸送が再開したと明らかにした。米英による2003年のイラク戦争以降、鉄道輸送は14年間停止していた。ルアイビ相は声明で「目標であった日量1000〜4000立方メートルの燃料油と石油製品の輸送が可能になり、多くの経済効果をもたらすだろう」と述べた。

*13日のシカゴトウモロコシは、小麦安に連れて反落。ただ、南米で作物生育に不適な天候が続いているため、下げ幅は限定的だった。シカゴ大豆は、アルゼンチンの天候懸念を受けて続伸。

*13日のNYダウは3日続伸。前週の急落からの買い戻しが続いた。市場は、14日発表の1月米消費者物価指数(CPI)に注目している。市場予想によると、総合指数が前月比0.3%上昇、変動の激しいエネルギーと食料品を除いたコア指数は0.2%上昇が見込まれている。予想を大きく上回る上昇となれば、再びインフレ懸念が高まって長期金利が急上昇し、株価の大幅安を招く恐れがある。市場の不安心理指標である恐怖心指数(VIX)は、前週に一時50まで急騰したが、今週に入って低下している。ただ、13日時点は24.97と危険水準とされる20を上回っている。


【本日の主な経済指標およびイベント】
08:50 (日) 10-12月期GDP・1次速報 (前期比) +0.6% +0.2% +0.1%
   (日) 10-12月期GDP・1次速報 (前期比年率) +2.5% +0.9% +0.5%
08:50 (日) 10-12月期GDPデフレーター・1次速報 (前年比) +0.1% 0.0% 0.0%
16:00 (独) 10-12月期GDP・速報 (前期比) +0.8% -- --
   (独) 10-12月期GDP・速報 (季調前:前年比) +2.3% -- --
19:00 (EU) 12月鉱工業生産 (前月比) +1.0% -- --
19:00 (EU) 10-12月期GDP・改定 (前期比) +0.6% -- --
   (EU) 10-12月期GDP・改定 (前年比) +2.7% -- --
20:00 (南ア) 12月小売売上高 (前年比) +8.2% -- --
22:30 (米) 1月消費者物価指数 (前月比) +0.1% +0.3% --
   (米) 1月消費者物価指数 (コア:前月比) +0.3% +0.2% --
   (米) 1月消費者物価指数 (前年比) +2.1% +1.9% --
   (米) 1月消費者物価指数 (コア:前年比) +1.8% +1.7% --
22:30 (米) 1月小売売上高 (前月比) +0.4% +0.2% --
   (米) 1月小売売上高 (前月比:除自動車) +0.4% +0.5% --
24:00 (米) 12月企業在庫 (前月比) +0.4% +0.4% --


第152回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/