5月31日(木)
【5月30日の海外相場および市況】
ny0529

*30日のNY外国為替市場では、イタリアなどの政局に対する過度の懸念が和らぐ中、米長期金利の上昇などを背景にドル買いが優勢となり、ドル円は108円台後半に上昇した。前日はイタリアやスペインの政局不安を背景に安全通貨である円買いが加速し、一時は約1カ月ぶりの安値となる108円10銭台まで下落した。この日は両国の政局に対する過度の警戒感が後退。米長期金利も上昇に転じドル買いが活発化した。2018年1〜3月期の米実質GDP(国内総生産)改定値と5月ADP民間雇用統計ともに市場予想を下回ったが、市場の反応は限定的だった。1〜3月の米実質GDP改定値は季節調整済み年率換算で前期比2.2%増と、速報値の2.3%増から小幅下方修正された。米連邦準備制度理事会(FRB)が発表した12地区の連銀景況報告(ベージュブック)は、おおむね市場の想定範囲内だった。

*30日のNY金は小幅上伸。5月ADP民間就業者数は市場予想を下回った。また、2018年1〜3月期の米実質GDP(国内総生産)改定値も速報値から下方修正された。低調な統計内容を受け、金が買われた。ドルがユーロに対して軟化したことも、ドル建て金の割安感を強めた。1〜3月の米実質GDP改定値は季節調整済み年率換算で前期比2.2%増と、速報値の2.3%増から小幅下方修正された。NY白金は金に連れて続伸。

*30日のNY原油は大幅反発。30日に発表される米石油協会(API)や31日に発表されるエネルギー情報局(EIA)のそれぞれの在庫統計では、原油在庫の取り崩しが予想され買戻しが入った。サウジアラビアを筆頭とする石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国は、昨年1月に開始した協調減産を計画通り今年末まで維持する方針だが、供給不足が発生した場合は段階的に調整するという。協調減産に参加している産油国はこれまでの成果に満足しているとし、原油市場の安定を維持する目的の達成に向け減産合意の期間が延長される可能性もあるが、必要となった場合、いかなる増産も「段階的で慎重」に実施されると述べた。原油市場は均衡化に向かっており、市場のファンダメンタルズは昨年と比べて改善したと指摘。ただ、「減産合意を完全に解消するには至っていない」とし、「OPEC加盟、非加盟国は年内、さらにその先も協調を継続する。こうした協調は一時的なものではなく、原油市場の安定を目指す長期的なものとなる」との認識を示した。ただ、「供給不足が発生すれば産油国は緊密に連携し、直ちに必要な措置を取る」とし、「OPEC加盟、非加盟国の合意は維持されるが、供給不足が顕在化した場合、減産規模が調整される可能性がある」と述べた。

*30日のシカゴトウモロコシは、作柄良好で続落。米中間の貿易摩擦の激化も圧迫材料となった。米農務省が29日発表したクロップ・プログレスによると、トウモロコシの作柄状況は「優」「良」の占める割合が79%と市場予想を上回った。作付け進捗率は92%となり、過去5年平均(90%)を上回った。シカゴ大豆は、米中貿易摩擦を懸念して続落。米農務省が発表したクロップ・プログレスによると、大豆の作付け進捗率は77%となり、市場予想平均や過去5年平均を上回った。

*30日のNYダウは、混迷するイタリア政局への過度な警戒が和らぎ反発した。イタリアの欧州連合(EU)懐疑派政党による組閣作業が、マッタレッラ大統領が閣僚人事案を拒否したことで頓挫し、再選挙の可能性が高まったことで前日は大幅下落。ただ、その後に新政権樹立に向けた新たな動きが報じられたこともあり、過度な警戒感は和らぎ、買いが活発化した。政治混迷によるイタリア国債の利回りの急上昇も一服したことも支援材料となった。この日は、NY原油が急反発したことも好感された。


【31日の経済指標】
08:01 (英) 5月GfK消費者信頼感 -9
08:50 (日) 4月鉱工業生産・速報 (前月比) +1.4%
10:00 (中) 5月製造業PMI 51.4
10:00 (中) 5月非製造業PMI 54.8
10:00 (NZ) 5月ANZ企業景況感 -23.4
14:45 (スイス) 1-3月期GDP (前期比) +0.6%
   (スイス) 1-3月期GDP (前年比) +1.9%
17:30 (英) 4月消費者信用残高 +3億GBP
18:00 (EU) 4月失業率 8.5%
18:00 (EU) 5月消費者物価指数(HICP)・速報 (前年比) +1.2%
18:30 (南ア) 4月生産者物価指数 (前年比) +3.7% +4.4%
20:30 (米) 5月チャレンジャー人員削減予定数 (前年比) -1.4%
21:00 (南ア) 4月貿易収支 +95億ZAR 
21:30 (加) 1-3月期GDP (前期比年率) +1.7%
21:30 (米) 新規失業保険申請件数 23.4万件
21:30 (米) 4月コアPCEデフレーター (前月比) +0.2% +0.1%
   (米) 4月コアPCEデフレーター (前年比) +1.9%
21:30 (米) 4月個人所得 (前月比) +0.3% +0.3%
21:30 (米) 4月個人消費支出 (前月比) +0.4% +0.4%
22:45 (米) 5月シカゴ購買部協会景気指数 57.6 58.0
23:00 (米) 4月中古住宅販売保留件数指数 (前月比) +0.4% +1.0%


第166回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/