6月26日(火)
【6月25日の海外相場および市況】
nyg0626

*週明け25日のNY外国為替市場のドル円相場は、世界的な貿易摩擦激化への警戒感が強まり、安全通貨の円買いが優勢となり、ドル円は109円台後半に下落した。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は24日、トランプ政権が中国への技術流出を防ぐため、中国資本が25%以上入っている企業を対象に、米企業の買収を禁じる規制強化案を検討していると報道。中国側も引き続き対抗姿勢を見せる中、米中が「貿易戦争」に突入するのではないかとの懸念が強まった。ただ、ナバロ米大統領補佐官(通商製造業政策担当)が、中国やその他の主要国に対する投資規制案は間近に迫っているわけではなく、市場は過剰反応していると言及した。これを受けて、通商摩擦激化に対する過度の懸念が後退し、ドル円は急反発した。

*週明け25日のNY金は小反落。ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は24日、トランプ政権が中国への技術流出を防ぐため、中国資本が25%以上の企業が「産業上重要な技術」を持つ米企業を買収することを禁じる規制強化案を検討していると報道。また、トランプ氏も同日、貿易相手国に対し「貿易障壁と関税を排除するか、もっと米国寄りの互恵慣行に合わせるべき」とツイート。世界的な貿摩摩擦の激化で世界景気が悪化すれば、原材料需要が減退する恐れがあるとの警戒感が台頭し、金を含む幅広い商品に売りが出た。金は伝統的に地政学的な不確実性がある場合、「資産の安全な逃避先」として買われるが、投資家の資金は米国債に向かっているようだ。NY白金は反落。

*週明け25日のNY原油は反落。米国と中国の貿易摩擦激化への懸念が広がる中、NYダウが大幅下落。市場のリスク回避姿勢が強まったことから、株と並んで同じくリスク資産である原油も売りが優勢となった。22日に開催された石油輸出国機構(OPEC)定例総会では増産が決定されたものの具体的な増産量は明示されず、実質的な増産量は市場の想定内にとどまるとみられていたが、23日の非加盟国も含めた拡大会合の開催後、日量100万バレル規模の供給増加が見込まれることが重石になった。ただ、受け渡し地点オクラホマ州クッシングへの原油輸送量が減少する見通しになったことから、下げ幅は抑制された。

*週明け25日のシカゴトウモロコシと大豆は反落。米中の貿易摩擦激化が嫌気された。米中西部では作物に適した天気が数週間にわたり続くとの予報も嫌気された。

*週明け25日のNYダウは反落。貿易摩擦激化が警戒され328ドル安で引けた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は24日、トランプ政権が中国への技術流出を防ぐため、中国資本が25%以上入っている企業を対象に、産業上重要な技術を持つ米企業の買収を禁じる規制強化案を検討していると報道。米中間の貿易摩擦が一段と激しくなることへの警戒感が強まった。この報道をめぐっては、ムニューシン米財務長官が、ツイッターに「米国の技術を盗もうとする全ての国」が対象だと投稿し、中国資本だけが標的ではないとの見解を表明。貿易摩擦の地域的な広がりが懸念された。しかし、ナバロ大統領補佐官は、特定の国を標的とした具体的な計画はないと述べたことで過度な警戒感が後退し、下げ幅を削った。


【26日の経済指標】
22:00 (米) 4月S&P/ケースシラー住宅価格指数 (前年比) +6.79%
23:00 (米) 6月リッチモンド連銀製造業指数 16 15
23:00 (米) 6月消費者信頼感指数 128.0 127.2


第170回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/