8月8日(水)
【8月7日の海外相場および市況】
ny0807

*7日のNY外国為替市場のドル円相場は、新規材料不足の中、111円台前半で小動きとなった。この日は主要な米経済指標の発表がなく小幅レンジ内での値動きとなった。欧州時間には対ユーロでのドル安になびいてドル円も下落し、一瞬111円を割り込む場面もあった。

*7日のNY金は小反発。この日は、米中の「貿易戦争」などを背景とした前日までのドル買い・ユーロ売りが一服し、ドルが軟化に転じた。割高感の薄れた金に買い戻しが入った。米国がこの日、対イラン制裁の一部を再発動したことを受け、安全資産としての金買いもあった。米国はイランに対して、貴金属や米ドル、鉄鋼、石炭の取引などを対象に経済制裁を発動した。この日は中国株が2年超ぶりの上昇率を記録し、人民元が対ドルで反発したことも金を押し上げた。白金はドルの軟化を受けて上昇。

*7日のNY原油は、イランをめぐる地政学的リスクや対ユーロでのドル安を背景に小幅続伸。米政府は、5月のイラン核合意離脱を受け、対イラン制裁の一部を再発動した。また、トランプ大統領は7日、制裁対象が原油などに広がる11月をにらみ、「誰であれイランとビジネスする者は、米国とビジネスができなくなる」とツイッターで警告。イランも全面的に対抗する構えを見せているため、両国の対立激化で中東情勢が不安定になるのではないかとの地政学的リスクが再燃した。11月に予定されるイラン産原油の禁輸措置が供給不足を招きかねないとの警戒感が強まった。ただ、70ドルの大台を前に、上値の重さが嫌気されて徐々に上値を削った。米中による「貿易戦争」回避に向けた協議の不透明感も重石となったようだ。引け後に公表された米石油協会(API)による米原油在庫は600万バレル減。米エネルギー情報局(EIA)は月報で、同国産油量がシェールオイル増産を主因として劇的に伸びてきたものの相場下落に伴い伸びが鈍化する可能性があると指摘した。

米エネルギー情報局(EIA)は、7日公表した月間見通しで、2018年の国内原油生産を前年比で日量131万バレル増の1068万バレルとし、前月予想(144万バレル増の1079万バレル)から下方修正した。19年の国内生産見通しは、日量102万バレル増の1170万バレル。前月予想(101万バレル増の1180万バレル)から、伸びは小幅ながら上方修正された。米国内石油需要見通しは、18年が前年比で日量47万バレル増と前月予想を据え置き。19年は29万バレル増と前月予想(33万バレル増)から引き下げた。世界の石油需要については、18年は前年比日量166万バレル増と予測し、前月予想から伸びを6万バレル下方修正。19年は157万バレル増と、14万バレル引き下げた。

*7日のシカゴトウモロコシは反落。米中西部の降雨、小麦相場安が嫌気された。シカゴ大豆は急反発。米農務省が米国産大豆の作柄見通しが悪化したと発表したことを受けて約1%上昇した。


*7日のNYダウは、米中間の「貿易戦争」に対する過度の懸念が後退し続伸。中国政府が影響緩和のため、景気刺激策を実施するとの期待が高まったことが支援要因。また、イラン核合意から離脱した米政府がこの日、イラン制裁を一部再発動。11月にはイラン産原油取引にも制裁が科される予定で、供給逼迫懸念から原油相場が上昇し、エネルギー株が買われた。終盤を迎えた米企業決算シーズンは総じて良好な結果となり、投資家の間では買い安心感が広がっている。


【8日の経済指標】
未定   (中) 7月 貿易収支(米ドル)  416.1億ドル   
未定   (中) 7月 貿易収支(人民元)  2618.8億元   
未定   (日) 7月 景気ウオッチャー調査-現状判断DI  48.1  47.6 
未定   (日) 7月 景気ウオッチャー調査-先行き判断DI  50.0   
08:50   (日) 6月 国際収支・経常収支  1兆9383億円  1兆2173億円 
08:50   (日) 6月 国際収支・貿易収支  -3038億円  8315億円 
10:30   (豪) 6月 住宅ローン件数 [前月比]  1.1%  -1.0% 
20:00   (米) MBA住宅ローン申請指数 [前週比]  -2.6%  


第176回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/