【南アランド円相場、先週の動き・今週の展望】
*先週の南アランド円は大幅下落となった。米中貿易戦争の激化懸念が上値を抑える中、10日の南アフリカの通貨ランドは対ドルで約3.0%急落した。トルコリラが米国の関税引き上げ決定を受けて大幅下落となる中、新興国通貨全般に売りが強まった。南アランド円は、8カ月超ぶりの安値を付けた。

*今週の南アランド円は、下落基調が継続しよう。週明け13日、トルコリラが過去最安値を更新するのに連れて、南アフリカランドも対ドルで7%超下落し、2年ぶりの安値を付けた。南アランド円は6.96円と7円割れとなったが、その後は急速に引き戻し、7.58円に戻した。経済状況や対外債務、対米関係はトルコほど悪くないため、安値からは引き戻している。

市場では、トルコリラの急落が、「危機の伝染(コンテージョン)」を呼び起こし、新興国資産全体が売られる展開を復活させてしまったと見ている。コンテージョンの規模は、1997─2000年や世界金融機の2008─09年ほど大きくないが、今回は南アフリカからロシア、メキシコまで無差別的に資産売りが出たようだ。現状下落地合いは原因となったトルコの下落が収まらない限り、落ち着きそうもない。今週の南アランドは上値の重い展開が続くだろう。

【南アフリカ経済指標】
15日水曜日
20:00 6月小売売上高前年比 前回+1.9%

zar0813

*予想レンジ:6.80円~8.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。