【メキシコペソ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のメキシコペソ円は堅調に推移した。トルコリラの急落を受けて新興国通貨全般に売り圧力がかかる中、メキシコペソも上値が重い展開となった。ただ、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る期待からメキシコペソの下値はサポートされた。

*今週のメキシコペソ円は、保ち合いで推移しそうだ。トルコ情勢がに懸念が強いため、メキシコペソも上値の重い展開になろう。一方、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉への期待が下値を支えよう。メキシコのグアハルド経済相は17日、NAFTA再交渉における米国との2国間の懸案について、翌週半ばまでに結論を出したいと期待を示した。同経済相は、大半の問題について「順調に進展している」と説明、原産地を巡る自動車関連規制分野はなお未解決とした。2国間協議は次週も続けるという。5年ごとの協定見直しを義務付ける「サンセット条項」については進展がないと述べた。同経済相は、8月の協議終結目標は達成可能かとの質問に対し「成功裏に結論が得られるか分からない」と述べた。

NAFTA再交渉を巡っては米国、メキシコ、カナダの3カ国による交渉が6月に暗礁に乗り上げた後、メキシコと米国の2カ国がカナダ抜きで7月に協議を再開した。

メキシコからの報道によると、ロペスオブラドール次期大統領は13日、新政権では石油生産能力の向上を図るため、精製施設の整備に110億ドル以上を投じる意向を表明した。12月からの3年間で、国営石油会社ペメックスの現存施設近代化に26億ドルをつぎ込む一方、84億ドルをかけて新たな製油所を建設する。左派のロペスオブラドール氏は選挙前、「メキシコに石油を取り戻す」として、現政権が解禁した石油鉱区への外資参入撤回などを主張していたが、選挙が始まってからは急進的主張を引っ込めていた。


【メキシコ経済指標】
22日水曜日
22:00 6月小売販売前年比前回2.5%  予想2.5%

23日木曜日
22:00 隔週消費者物価指数前年比前回4.76%  予想4.7%

24日金曜日
22:00 GDP成長率第二四半期前年比(確定値)前回1.3%  予想2.5%

peso0820

*予想レンジ:5.70円~5.90円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。