8月31日(金)
【8月30日の海外相場および市況】
nyg0830

*30日のNY外国為替市場では、アルゼンチンペソの急落などを受けて安全資産としての円が買われ、ドル円は111円近辺に下落した。この日、アルゼンチン中央銀行が今月2回目となる緊急会合を開き、主要政策金利を年60%に引き上げたにもかかわらず、通貨ペソが急落。他の新興国通貨にも売りが波及したため、リスクオフ地合いとなり、安全通貨である円に買いが集まった。また、トランプ米大統領が中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する貿易制裁関税を来週発動したい意向との報道もあってドル売り・円買いが一段と加速した。
 
*30日のNY金は、ドル買い・ユーロ売りに伴う割高感などが重石となり3日続落。この日の外国為替市場では、アルゼンチン・ペソやトルコ・リラ、南アフリカ・ランドなどが軒並み下落し、「新興国リスク」が再燃した。当初、リスクへの警戒感から安全資産として金がかわれていた。しかし、7月米個人消費支出(PCE)物価指数が前年同月比2.3%上昇と、6年4カ月ぶりの高い伸びを記録したことをきっかけに、ドルが対ユーロで大きく上伸し、ドル建て金の割高感が強まると売りが優勢となった。米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ継続への思惑も高まって、金利を生まない資産である金を圧迫した。NY白金は金に連れて反落。

*30日のNY原油は続伸。終値は70ドルを越え、7月20日以来約1カ月ぶりの高値を付けた。米国による対イラン経済制裁の再発動を11月に控えて、米国以外の企業も既にイラン市場からの撤退を表明している。ロイター通信は8月のイラン産原油輸出量が日量で約200万バレルに減少する見込みと報道。4月の同国輸出量は310万バレルだったという。イランの供給減少問題をめぐっては、イラク石油販売公社(SOMO)が、石油輸出国機構(OPEC)が穴埋めできるかどうかについて12月に協議することを明らかにしている。また、経済危機に直面しているベネズエラの原油輸出量も大幅に減少していることが確認されているため、世界的な供給逼迫懸念が原油相場を押し上げた。

*30日のシカゴトウモロコシは横ばい。米農務省が発表した最新の同国産トウモロコシの週間輸出成約高(旧穀と新穀の合計)は70万0400トンと、市場予想(70万〜130万トン)の下限近くだった。シカゴ大豆は反落。今後数週間で開始される米国の収穫量が史上最高水準に達するとの予想から売られた。

*30日のNYダウは、米中貿易摩擦の激化懸念に圧迫され、5営業日ぶりに下落した。利益を確定する動きが優勢となった。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で米国とメキシコが大筋合意したことを受け、カナダを含めた3カ国が月内の最終合意に向け、詰めの調整に入っていることも様子見ムードを強めた。知的財産権侵害を理由にした米国の対中貿易制裁で、トランプ大統領が第3弾に当たる2000億ドル相当の中国産品への関税発動に前向きだとの報道も、米中「貿易戦争」への懸念を再燃させた。米通商代表部(USTR)による同関税への意見募集期限が9月5日に迫る中、リスク回避ムードが強まった。


【31日の経済指標】
08:30   (日) 7月 失業率  2.4%   
08:30   (日) 7月 有効求人倍率  1.62   
08:30   (日) 8月 東京都区部消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]  0.8%   
08:50   (日) 7月 鉱工業生産・速報値 [前月比]  -1.8%   
10:00   (中) 8月 製造業購買担当者景気指数(PMI)  51.2   
14:00   (日) 7月 新設住宅着工戸数 [前年同月比]  -7.1%   
18:00   (欧) 7月 失業率  8.3%   
18:00   (欧) 8月 消費者物価指数(HICP、速報値) [前年同月比] 
21:00   (南ア) 7月 貿易収支  120億ランド   
22:45   (米) 8月 シカゴ購買部協会景気指数  65.5  63.5 
23:00   (米) 8月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値  95.3  95.8

第180回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/