9月27日(木)
【9月26日の海外相場および市況】
ny0926

*26日のNY外国為替市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げの「終着点」が近づいていることを示唆したことから、円買い・ドル売りが優勢となり、ドル円は112円台後半に下落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて、様子見姿勢が広がる中、113円近辺で小動きとなっていた。FRBは、市場の予想通り政策金利の引き上げを発表。参加者による利上げ想定回数も据え置かれたが、声明では「金融政策は引き続き緩和的」との表現が削除されたほか、2021年の利上げ想定回数が0回となり、20年に利上げを打ち止めにするシナリオが示された。これを受けて、会合終了後は円買い・ドル売りが優勢となった。

*米連邦公開市場委員会(FOMC)は25-26日に開いた定例会合で、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25ポイント引き上げ2.00-2.25%のレンジに設定することを決定した。利上げは今年に入って3度目。2019年も緩やかなペースで利上げを続ける方針をあらためて示した。貿易摩擦が深刻化する懸念があるものの、景気判断は前回声明から全く変わらず、前向きな内容を維持した。最新のドット・プロット(金利予測分布図)によると、年末までの追加利上げを予想した当局者は12人と前回予測の8人から増加し、12月の利上げもほぼ確実に。「緩和的」という文言が声明から削除され、中立金利に近づいていることを当局が認めた形となった。今後の利上げ回数は12月にあと1回、来年は3回の利上げを見通した。

*26日のNY金は、ドル高・ユーロ安の先行に伴う割高感などを背景に売りが優勢となり、3日ぶりに反落した。米連邦準備制度理事会(FRB)による金融政策決定を控えて、ドルが対ユーロで上昇し、ドル建て金に割高感が強まり、金売りが優勢となった。

米連邦公開市場委員会(FOMC)では、フェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.25ポイント引き上げ2.00-2.25%のレンジに設定することを決定した。2019年も緩やかなペースで利上げを続ける方針をあらためて示した。12月の利上げもほぼ確実になり、来年は3回の利上げが見込まれている。また、初めて公表された2021年は0回の想定となった。パウエル議長が会見で「予想外のインフレの上振れは見込んでいない」などと発言したため、米長期金利が低下した。そのため、NY金電子取引は反発し、1200ドル台を回復している。

NY白金は南アランドの反発を受けて4日ぶりに反発。

*26日のNY原油は、米エネルギー情報局(EIA)週報で原油在庫が増加したことなどが嫌気され、4営業日ぶりに反落した。EIAが発表した21日までの1週間の原油在庫が190万バレル増と、市場予想の130万バレル減に反して積み増しとなった。ガソリン在庫も150万バレル増と、事前予想の80万バレル増を上回る積み増しとなった。これを受けて、需給緩和懸念が再燃し、売りが優勢となった。

*26日のシカゴトウモロコシは6営業日ぶりに反落。最近の上昇を受け、利益確定売りが出た。シカゴ大豆は続伸。メキシコが米国産大豆を大量に買い付けたことが材料視された。

*26日のNYダウは、3営業日続落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)後の声明発表とパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の会見を午後に控えて様子見姿勢が強まった。FOMCでは予想通り政策金利が0.25%引き上げられた。また、声明と同時に公表された経済・金利見通しでは、2018、19、20年の利上げ想定回数がそれぞれ前回6月時点から据え置かれ、初めて公表された21年は0回の想定となった。声明文から金融政策を「緩和的」とするスタンスが削除されたことを材料にややタカ派的と受け止める向きもあったが、全体的にはサプライズもなく、イベント出尽くしによる買い安心感が広がったようだ。ただ、パウエル議長が会見で「予想外のインフレの上振れは見込んでいない」などと発言したため、米長期金利が低下し、金融株を中心に売りが広がり、ダウはマイナス圏に沈んだ。


【27日の経済指標】
 06:00   (NZ)  ニュージーランド準備銀行(RBNZ、中央銀行)政策金利  1.75%  1.75% 
15:00   (独) 10月 GFK消費者信頼感調査  10.5   
15:35   (日) 黒田東彦日銀総裁、発言 
17:00   (欧) 8月 マネーサプライM3 [前年同月比]  4.0%   
17:00   (欧) 欧州中央銀行(ECB)月報 
18:00   (欧) 9月 経済信頼感  111.6   
18:00   (欧) 9月 消費者信頼感(確定値)  
18:30   (南ア) 8月 卸売物価指数(PPI) [前月比]  0.6%  
18:30   (南ア) 8月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比]  6.1%   
21:00   (独) 9月 消費者物価指数(CPI、速報値) [前月比]  0.1%   
21:30   (米) 前週分 新規失業保険申請件数   
21:30   (米) 4-6月期 四半期実質国内総生産(GDP、確定値) [前期比年率]  4.2%  4.3% 
21:30   (米) 8月 耐久財受注 [前月比]  -1.7%  1.7% 
21:30   (米) 8月 耐久財受注・輸送用機器除く [前月比]  0.2% (0.1%)  0.4% 
23:00   (米) 8月 住宅販売保留指数 [前月比]  -0.7%  -0.4%

第183回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/