【東京金は、レンジ相場が続きそう】    
*先週のNY金は底堅く推移し、週の終値は1200ドルを維持した。NY金は月間ベースでは6カ月連続で下落しており、1997年1月以降では最長となった。米中貿易戦争の激化懸念や米国の経済成長や米連邦準備制度理事会(FRB)による政策金利の引き上げに伴ってドル高基調が続いているため、ドル建て金には売り圧力が継続している。リスク回避として、安全資産の金でなく、米債券やドルが選好されている。NYダウも2万6000ドル台で底堅く推移しており、金投資は低迷している。米長期金利の上昇もあって、金利のつかない金の需要は減少する一方で、金ETFは730トン台に落ち込んでいる。ファンドのネットショートポジションもここにきて拡大しており、過去最大の2万1000枚となった。

etf1010

ただ、これだけ弱材料がそろってもNY金は1200ドルを軸としたレンジで推移している。先週は、イタリアの財政不安から同国がユーロ圏を離脱するとの懸念が金を押し上げる場面があった。この強材料は一過性に終わったが、金相場の水準が低いだけに強材料が出た場合は、ショートカバーが出やすい状況にあるともいえる。NY金は保ち合い相場が続きそうだ。

nyg1010

*NY金予想レンジ=1170~1220ドル

*CFTC建玉10月2日時点:ファンドの金売り越しは2万1822枚(前週比+4174枚)と増加。総取組高は45万9776枚と前週比503枚の減少。

*先週の東京金は上昇し、2カ月ぶりに4400円台をつける場面もあったが、週の終値は4300円台に下落した。NY金がレンジ相場で推移する中、円安が東京金を押し上げてきたが、9月米雇用統計で平均時給が伸び悩んだことから、利上げペースはさほど加速しないとの見方が台頭し、ドルは反落に転じた。ドル円は114円50銭台で目先のピークをつけた可能性があり、東京金も伸び悩む展開になりそうだ。

ただ、米長期金利が壁と見られていた3.25%を突破し、株価への影響が懸念されてきた。恐怖指数(VIX)が先週の14%から週明けには15%台に上昇してきており注意が必要だろう。NYダウの上昇基調に異変が起きた場合、リスクヘッジとしての金買いが表面化する可能性は高いだろう。9日には国際通貨基金(IMF)が、米中間などの貿易摩擦激化や新興国リスクの高まりを理由に、2018年および19年の世界の経済成長率を下方修正したが、安全資産とされる金にとっては長期的な支援材料となるだろう。

tkg1010

*東京金予想レンジ:4250~4350円。


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。