1月11日(金)
【1月10日の海外相場および市況】
ny0110

*10日のNY外国為替市場のドル円相場は、米株価の上昇を背景にドル買いが優勢となり、108円台前半に上昇した。108円38〜48銭。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はワシントンで開かれた討論会で、追加利上げについて「忍耐強く柔軟に」判断すると発言。性急な利上げはないとの安心感などからNYダウが5営業日続伸したため、ドル買いが優勢となった。

*10日のNY金は、反落した。1287.40ドル(-4.60)。外国為替市場ではドル売り・ユーロ買いが進行し、ドル建て金は割安感から上昇し、電子取引では1298.00ドルと節目の1300ドルに迫る場面があった。しかし、その後ドルがユーロに対して買い戻されたため、金もジリ安に転じた。パウエルFRB議長はこの日、首都ワシントンで開かれた討論会に出席し「インフレを踏まえると、FRBは利上げに忍耐強くなれる」との見解を繰り返す一方、「米景気が近く後退する兆しは見られない」などと発言。これを受け、NYダウが上昇し、米金融市場では金利が上昇したことも金には嫌気された。

NY白金は小幅続伸。826.10ドル(+0.80)。

*10日のNY原油は、米株高などに支えられ、9営業日続伸した。52.59ドル(+0.23)。は2018年12月7日以来約1カ月ぶりの高値を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長はこの日、ワシントンでの討論会で、利上げに「忍耐強く」なれると述べ、利上げを急がない考えを改めて示唆した。これを受けて、NYダウがプラス圏に上昇すると、株と同じリスク資産である原油も買いが優勢となった。ただ、高値警戒感もあり、上値では利益確定売りも出た。米中両政府は9日、3日間にわたる次官級貿易協議を終了した。10日に中国商務省が出した声明が米側の発表とは異なり、輸入拡大や構造改革に向けた具体的な内容に触れていなかったため、協議の進展具合に懐疑的な見方が浮上したことも、原油相場の上値を抑えた。

*10日のシカゴトウモロコシは反落。376.25セント(-5.75)。米中貿易協議終了後も中国による米国産農産物の新たな購入が見受けられないことへの失望に圧迫された。ブラジル国家食糧供給公社(Conab)が同国トウモロコシ生産予想を引き上げたことも、相場を圧迫した。

シカゴ大豆は大幅反落。906.75セント(-17.25)。中国勢の新たな買い入れが見受けられないことや、ブラジルの大豆生産量が一部予想よりも多いとの見方に圧迫された。ブラジル国家食糧供給公社(Conab)は2018〜19年度の大豆収穫量見通しを1億1880万トンとし、前月の1億2010万トンから引き下げた。

*10日のNYダウは5営業日続伸。2万4001.92ドル(+122.80)。当初は利益確定や米中貿易協議の進展期待の後退から売りが優勢だった。米中両政府は前日、3日間の次官級貿易協議を終えたものの、協議後の中国側の声明が知財保護などの具体的な内容に踏み込んでいなかったため、両者の貿易摩擦回避への過度な期待が弱まった。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がこの日の講演で、利上げを急がない姿勢を改めて強調したことが好感されて買いが強まり、プラス圏に転じた。


【11日の経済指標】
未定   (日) 12月 景気ウオッチャー調査-現状判断DI  51.0   
未定   (日) 12月 景気ウオッチャー調査-先行き判断DI  52.2  
08:30   (日) 11月 全世帯家計調査・消費支出 [前年同月比]  -0.3%   
08:50   (日) 11月 国際収支・経常収支(季調前)  1兆3099億円   
08:50   (日) 11月 国際収支・経常収支(季調済)  1兆2113億円   
08:50   (日) 11月 国際収支・貿易収支  -3217億円   
09:30   (豪) 11月 小売売上高 [前月比]  0.3%   
18:30   (英) 11月 商品貿易収支  -118.73億ポンド   
18:30   (英) 11月 貿易収支  -33.00億ポンド   
18:30   (英) 11月 鉱工業生産指数 [前月比]  -0.6%   
18:30   (英) 11月 鉱工業生産指数 [前年同月比]  -0.8%   
18:30   (英) 11月 製造業生産指数 [前月比]  -0.9%   
18:30   (英) 11月 月次国内総生産(GDP) [前月比]  0.1%  
22:30   (米) 12月 消費者物価指数(CPI) [前月比]  0.0%  
22:30   (米) 12月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]  2.2%   
22:30   (米) 12月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前月比]  0.2%   
22:30   (米) 12月 消費者物価指数(CPIコア指数) [前年同月比]  2.2%   
28:00   (米) 12月 月次財政収支  -2050億ドル  

第195回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/