【トルコリラ円、先週の動き・今週の予想】
*先週のトルコリラ円は小動きだった。15日の引け後に公表される格付け会社S&Pによる格付け発表待ちで、動くに動けない状況だった。格付け会社S&Pグローバル・レーティングは15日、トルコの格付けを据え置き、見通しを「安定的」で維持した。ただ、銀行システムの緊張のリスクが高まったと判断した場合、格付けを引き下げる可能性があるとした。

*今週のトルコリラ円は、方向性を探る展開になろう。格付け会社S&Pグローバル・レーティングは、トルコの格付けを据え置き、見通しを「安定的」で維持した。S&Pは8月、トルコリラの急落を受けて同国の長期外貨建て格付けを「Bプラス」に引き下げた。S&Pは今年のトルコ経済について、0.5%縮小するとの見通しを示した上で、この見通しには多くの不確実性が伴うと指摘。景気が予想以上に悪化すれば、格付けを引き下げる可能性があるとした。また「金融市場のムードは改善し、リラは8月以降、一定の回復を遂げたが、短・中期的に経済見通しへの圧迫が続くだろう」との見方を示した。

2018年第3・四半期のトルコの成長率は前年比1.6%と、2年ぶりの低水準だった。エコノミストは第4四半期と今年第1四半期の成長率がマイナスになると予想している。S&Pは、19年以降の成長見通しは改善する可能性があるとの見方も示した。 一方、銀行システムの緊張のリスクが高まり、国家財政が悪化する恐れがあると判断した場合、格下げの可能性があるとした。昨年の通貨危機では企業の財務が打撃を受け、銀行セクターの健全性を巡って懸念が高まった。

S&Pは「今のところ当局は銀行資産の質が悪化した場合の対応について具体策を示していない」とし、通貨危機への対応は「組織的で一貫したものというより、その場しのぎになっている」と指摘した。格下げという事態は回避されたが、インフレ率の高止まりにもかかわらず利下げの見方が出ている。トルコ政府系金融機関ジラート銀行が、高騰する野菜などの食品価格安定のため、野菜栽培等生育のために資金補助として融資拡大を決定した。このローン金利は8.25%と市中金利よりも低く、7年満期で返済猶予が2年もあるため借り入れが拡大すると見られている。別の政府系金融機関ヴァキフ銀行中小企業に対する貸し出し枠を拡大するとのこと。市場では、トルコ中銀が預金準備率引き下げに動くのではないかと推測している。


【トルコ経済指標】
18日月曜日
16:00 1月住宅販売前年比前回+2.9%
20:30 12月住宅価格指数前年比前回+10.48%

20日水曜日
16:00 2月消費者信頼感指数前回58.2

22日金曜日
16:00 2月景気動向指数前回95.4
16:00 2月設備稼働率前回74.4%


lira0218

*予想レンジ:20.00円~22.00円


情報提供:(株)みんかぶ
※チャートの著作権は、(株)みんかぶに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、(株)みんかぶは一切の責任を負いません。