4月11日(木)
【4月10日の海外相場および市況】
ny0410

*10日のNY外国為替市場では、インフレ加速の兆候が確認されなかったことから円買い・ドル売りが優勢となり、111円前半に軟化した。110円97銭〜111円07銭。3月米消費者物価指数(CPI)は、前月比0.4%上昇と市場予想(0.3%上昇)を上回り、エネルギーと食料品を除いたコア指数が前月から0.1%上昇。市場予想(0.2%上昇)を下回った。インフレが抑えられていることが確認され、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ休止のさらなる根拠になるとの見方が広がった。また、欧州中央銀行(ECB)がこの日の定例理事会で、少なくとも年内は政策金利を据え置く方針を確認したことから、ユーロが一時対円、対ドルで大幅下落し、ドル円は111円を下回った。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公表された後は円買い・ドル売りが一服した。米連邦準備制度理事会(FRB)が年内の利上げを見送る方針を示し、参加者らが世界経済を取り巻く不確定要因や米国内のインフレ圧力の弱さも認識していたことが明らかになったものの、特に目新しい内容ではなかったため、ドルには買戻しが入った。

*10日のNY金は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控えて様子見から小幅高となった。1313.90ドル(+5.60)。欧州中央銀行(ECB)はこの日、定例理事会を開き、「少なくとも2019年末まで」政策金利を据え置く方針を改めて確認。ドラギECB総裁は記者会見で金融機関の経営を圧迫するマイナス金利政策について、市中銀行の負担軽減策の要否をめぐり今後検討する考えを表明した。これを受けて、外国為替市場ではドル高・ユーロ安が進行し、ドル建て金は割高感から下押された。しかし、その後はドルが売り戻され、割高感が後退したことから、金相場は小幅プラス圏に回復した。ただ、FOMC議事要旨(3月19〜20日開催分)の公表を午後に控えて内容を見極めたいとの思惑が強まったため、上値は抑えられた。3月米消費者物価指数は前月比0.4%上昇。ただ、米国や世界経済の減速を背景にインフレは引き続き抑制されているとの見方から強材料視されなかった。

引け後に公表された3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、金融政策の柔軟性を維持する必要性を示しながらも、年内の利上げ予想を中央値でゼロにした。利上げに対して忍耐強い姿勢を保つことが確認された。ただ、目新しい内容ではなく、電子取引は1311.15ドル(-2.75)に反落している。

*NY白金は反発。908.90ドル(+9.60)。
パラジウムは4日続伸。1363.20ドル(+0.60)。


*10日のNY原油は、米エネルギー情報局(EIA)の週間石油在庫統計でガソリン在庫の大幅な取り崩しが明らかになったことなどを受け、反発した。64.61ドル(+0.63)。EIAが発表した5日までの1週間の石油在庫統計では、原油在庫が700万バレル増と、市場予想(同40万バレル減)に反して大幅な積み増しだった。これは2017年11月以来の高水準。一方、ガソリン在庫が前週比770万バレル減と、市場予想の150万バレル減を大きく上回る取り崩しとなった。夏のドライブシーズンに向けてガソリン(在庫の減少)が注目されて買いが優勢となったが、原油在庫の増加が上値を抑えた。また、石油輸出国機構(OPEC)がこの日発表した月報で、米国による制裁を受けているベネズエラの3月産油量が日量100万バレルを下回ったことが判明したことも支援材料だった。OPEC主導による協調減産効果への期待に加え、リビアでの内戦危機やアルジェリアでの内政混乱なども引き続き原油相場を押し上げる要因となった。

石油輸出国機構(OPEC)が10日公表した月報によると、ベネズエラの3月の産油量は日量96万バレルと、前月に比べ約50万バレル減少した。米国による制裁措置と停電により、長期的に見ても低水準に落ち込んでおり、世界的な減産への影響が広がり、供給はさらに逼迫する見通し。今回の月報で示されたデータを受け、6月の協調減産期間終了後も措置を延長すべきかをめぐり議論が行われる可能性がある。OPECは減産措置継続の方針を示してきたが、あるロシア高官は今週、増産を望む意向を示唆した。OPEC加盟国と非加盟産油国は6月25、26日に会合を開き、協調減産を延長するかを決める見込み。


*10日のシカゴトウモロコシは小幅高。361.75セント(+1.75)。米国産の潤沢な供給により、上値は抑えられた。

シカゴ大豆は上昇。902.00セント(+3.25)。米中貿易協議をめぐる楽観的な見方が強材料だった。

*10日のNYダウは、材料に欠ける中、ほぼ横ばいで終了した。2万6157.16ドル(+6.58)。3月米消費者物価指数(CPI)は、エネルギーと食料品を除いたコア指数が前月から0.1%上昇。市場予想(0.2%上昇)を下回った。インフレが抑えられていることが確認され、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げ休止のさらなる根拠になるとの見方が広がったが、株価への影響は限定的だった。FRBはこの日、3月に開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公開。同会合で、世界経済の減速などを背景に、参加者が利上げを「忍耐強く」判断する方向に傾いたことが示された。新たな内容はなかったものの、年内の利上げが必要ないことが強調されていたため、ダウは買いが優勢となった。


【11日の経済指標】
08:01   (英) 3月 英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格指数  -28   
08:50   (日) 3月 マネーストックM2 [前年同月比]  2.4%
10:30   (中) 3月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]  1.5%  2.3% 
10:30   (中) 3月 生産者物価指数(PPI) [前年同月比]  0.1%  0.3% 
15:00   (独) 3月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前月比]  0.4%   
15:00   (独) 3月 消費者物価指数(CPI、改定値) [前年同月比]  1.3% 
16:00   (トルコ) 2月 経常収支  -8.1億ドル 
21:30   (米) 3月 卸売物価指数(PPI) [前月比]  0.1%  0.3% 
21:30   (米) 3月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比]  1.9% 
21:30   (米) 3月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前月比]  0.1%  0.2% 
21:30   (米) 3月 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く) [前年同月比]  2.5% 
21:30   (米) 前週分 新規失業保険申請件数 
21:30   (米) 前週分 失業保険継続受給者数

第206回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


*TOCOM TV 出演
https://youtu.be/LckFpKGtS74

https://tocomsquaretv.com/20190325/