6月21日(金)
【6月20日の海外相場および市況】
ny0620

*20日のNY外国為替市場では、米早期利下げ観測や中東情勢の緊張の高まりなどを背景にドル売り・円買いが進行し、107円台前半に下落した。107円26〜36銭。米連邦準備制度理事会(FRB)は前日まで開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で年内の利下げの可能性を示唆。金融市場では早ければ7月末の次回会合で利下げが行われるとの観測が広がり、ドルを売る動きが加速した。また、イランの精鋭部隊「革命防衛隊」は20日、南部ホルムズガン州の上空で、米国の無人偵察機を撃墜したと表明。これを受け、トランプ大統領は「イランは非常に大きな過ちを犯した!」と投稿した。中東の地政学的リスクが意識される中、安全資産としての円買いも入った。

*20日のNY金は、米連邦準備制度理事会(FRB)による早期利下げ観測を追い風に買いが殺到し、急反発した。1396.90ドル(+48.10)。2013年9月3日以来約5年9カ月ぶりの高値となった。FRBが発表した米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では、米中貿易摩擦の激化に伴う先行き不透明感などを背景に国内外の景気リスクを指摘した上で、年内に利下げに動く可能性を示唆。これを受けてFRBが早ければ7月にも利下げに踏み切るとの見方が広がり、金利を生まない資産である金は一時は1397.70ドルまで上昇し、節目である1400ドルの大台が目前に迫った。高値圏では一部利益確定売りが出たが、買い戻しも入りやすく強地合いが続いた。

NY白金は3日ぶりに反落。805.60ドル(-0.20)。

パラジウムも安い。1480.60ドル(-12.00)。

*20日のNY原油は、米イラン間の軍事的緊張の高まりなどを背景に急反発した。56.65ドル(+2.89)。約3週間ぶりの高値となった。イランの精鋭部隊「革命防衛隊」は20日、自国領空を侵犯したとして米国の無人偵察機を撃墜したと発表した。これに対し、米国側は「国際空域で起きたいわれのない攻撃だ」と批判。ホルムズ海峡近くで発生したタンカー攻撃をめぐって既に対立関係を深めている両国間の軍事的緊張がさらに高まりかねないとの警戒感が広がった。また前日には、米エネルギー情報局(EIA)が公表した週報で原油・石油製品の在庫取り崩しが確認されていた。さらに、米連邦準備制度理事会(FRB)も連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に早期利下げの可能性を示唆したことから景気減速に歯止めがかかりエネルギー需要が回復するとの見方も好感された。協調減産の延長について協議する石油輸出国機構(OPEC)総会などの日程が当初予定からはずれ込んだものの、7月1、2両日で確定したとの報も支援要因。北海ブレント原油は、64.45ドル(+2.63)。

トランプ大統領は同日、イランが米軍の無人偵察機を撃墜したことについて「誤射」によるものとの見方を示した上で、有人飛行機が撃墜されていたら状況は大きく違っていたと発言した。


*20日のシカゴトウモロコシは反発。450.00セント(+9.00)。米中西部の農業地帯では、今春は大雨で異例の作付け遅れが発生したが、今後5日間、さらに降雨が続くと予想されている。

シカゴ大豆は反発。915.50セント(+12.25)。米中西部の農業地帯で今後5日間雨が続くと見込まれており、作付けがさらに遅れ、収穫高が減少するのではないかとの懸念が高まった。


*20日のNYダウは、米連邦準備制度理事会(FRB)による早期利下げへの期待から4日続伸した。2万6753.17ドル(+249.17)。昨年10月3日に付けた終値ベースでの史上最高値(2万6828.39ドル)以来の高値水準となった。FRBは前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で年内利下げの可能性を示唆。会合参加者17人が示した金利見通しでは、年末までに7人が2回(0.50%分)、1人が1回(0.25%分)の利下げを予測した。7月利下げが確実視された。金利先物に基づくと、FRBが7月末のFOMCで利下げに踏み切る確率は100%。さらに12月会合までに3回以上利下げが行われる可能性も7割超織り込む。長期金利の指標である10年物米国債利回りは約2年7カ月ぶりに2%の大台を一時下回った。欧州中央銀行(ECB)も利下げ検討を表明するなど主要国中銀の金融緩和姿勢の高まりで、市場のリスク選好姿勢が強まった。ただ、イランによる米国の無人偵察機の撃墜を受け、トランプ大統領が報復措置について「そのうち分かるだろう」と述べ、地政学的リスクの高まりが意識された。市場は28〜29日の20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に合わせて開かれる予定の米中首脳会談に注目。会談に向けて、貿易協議の進展期待も出ており、ダウが史上最高値を更新する展開もあると見られている。


【21日の経済指標】
08:30   (日) 5月 全国消費者物価指数(CPI) [前年同月比]  0.9%  0.7% 
08:30   (日) 5月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く) [前年同月比]  0.9%  0.8% 
08:30   (日) 5月 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品・エネルギー除く) [前年同月比]  0.6%  0.5% 
16:30   (独) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)  44.3  44.6 
16:30   (独) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)  55.4  55.4 
17:00   (欧) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)  47.7  48.0 
17:00   (欧) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)  52.9  53.0
22:45   (米) 6月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)  50.5  50.6 
22:45   (米) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)  50.9  51.0 
22:45   (米) 6月 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)  50.9  
23:00   (米) 5月 中古住宅販売件数 [年率換算件数]  519万件  530万件


第214回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/


*TOCOM TV 出演
https://youtu.be/LckFpKGtS74

https://tocomsquaretv.com/20190325/