6月25日(火)
【6月24日の海外相場および市況】
ny0624

*週明け24日のNY外国為替市場のドル円相場は、新規材料難の中、107円台前半で小動きとなった。107円25〜35銭。持ち高調整のドル買いに一時107円53銭まで反発したが、トランプ大統領が、最高指導者ハメネイ師も標的とした新たな対イラン制裁を発動する方針を表明すると、安全資産である円の買いが優勢となった。25日には、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が講演を予定しており、利下げのタイミングに関する示唆が得られるのではないかとの思惑が浮上している。市場はまた、今週28、29両日開催の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて開かれる米中首脳会談の行方に注目。

米政府高官は24日、トランプ大統領と中国の習近平国家主席が20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて29日に会談する見込みだと語った。


*週明け24日のNY金は、米イラン間の対立激化に対する懸念などを背景に買いが継続し、3営業日続伸した。1418.20ドル(+18.10)。2013年8月28日(1418.80ドル)以来、約5年10カ月ぶりの高値水準。トランプ大統領は22日、米無人機を撃墜したイランを非難し、イランの最高指導者ハメネイ師を標的にした制裁を科す大統領令に署名した。また、22日付の米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は、米国が20日、イランの情報機関や複数のコンピューター・システムを対象にサイバー攻撃を仕掛けていたと報じた。両国の対立が一層深刻化し、軍事衝突に発展するリスクが警戒され、安全資産としての金は引き続き買われた。また、米早期利下げ観測の強まりを背景にドルがユーロに対して軟調に推移し、ドル建て金は割安感からも買われ、一時1421.00ドルの高値を付けた。

NY白金は小幅続伸。811.70ドル(+0.70)。

パラジウムも高い。1528.60ドル(+29.00)。

*週明け24日のNY原油は、トランプ大統領がイランに対して新たな制裁を発動する方針を表明したことなどを背景に続伸した。57.90ドル(+0.47)。米無人偵察機がイランに撃墜された問題で両国間の軍事的緊張が高まる中、トランプ大統領はこの日、イランに対して追加制裁を発動する方針を表明。制裁はイラン最高指導者ハメネイ師も標的にしている。このため、中東の地政学的リスクや米イラン間の軍事衝突に対する警戒感から、中東産の原油供給に混乱が生じるのではないかとの懸念から買いが優勢となった。 また、石油輸出国機構(OPEC)総会などの日程が7月1、2両日で確定し、OPEC加盟・非加盟国による協調減産合意が延長されるとの期待も原油相場を下支えした。北海ブレント原油は、64.86ドル(+0.34)。


*週明け24日のシカゴトウモロコシは反発。446.75セント(+4.50)。米中西部の大雨と土壌の水分過多で収穫量が減るとの懸念が広がった。米中貿易協議再開への楽観的な見方も相場を支えた。

シカゴ大豆は反発。446.75セント(+4.50)。米中西部での降雨で作付けがさらに遅れるとの懸念が背景。米中貿易協議が再開する可能性への期待も地合いを支えた。


*週明け24日のNYダウは、今週末に予定される米中首脳会談を控えて様子見姿勢が強まり、小反発した。2万6727.54ドル(+8.41)。28〜29両日の20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に併せて予定される米中首脳会談を控えて、大きく動きづらい展開となった。米中両政府は25日にも大阪で閣僚級の貿易協議を再開すると報道。首脳会談に向け、貿易問題に一定の進展が見られるのではないかとの期待も市場の一部では出ている。ただ、米中首脳で既に双方が発動済みの制裁関税をすべて撤廃する包括的合意に達するとの見方は少ない。市場では、米国が中国からの輸入品ほぼすべてに追加関税を拡大する「制裁第4弾」の発動が先送りされれば、とりあえずは十分との声が広がっている。一方、ホルムズ海峡周辺での米国の無人偵察機撃墜やタンカー攻撃をめぐり、トランプ政権は24日に追加経済制裁の発動を発表。中東での地政学的リスクの高まりも相場の上値を重くした。


【25日の経済指標】
07:45   (NZ) 5月 貿易収支  4.33億NZドル  
08:50   (日) 日銀・金融政策決定会合議事要旨 
08:50   (日) 5月 企業向けサービス価格指数 [前年同月比]  0.9% 
22:00   (米) 4月 住宅価格指数 [前月比]  0.1%   
22:00   (米) 4月 ケース・シラー米住宅価格指数  2.7%  2.5% 
22:00   (米) 4月 ケース・シラー米住宅価格指数 [前年同月比]  214.09  215.60 
23:00   (米) 6月 リッチモンド連銀製造業指数  5  7 
23:00   (米) 5月 新築住宅販売件数 [年率換算件数]  67.3万件  68.5万件
23:00   (米) 6月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)  134.1  132.0 
26:00   (米) パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長発言

第215回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/


*TOCOM TV 出演
https://youtu.be/LckFpKGtS74

https://tocomsquaretv.com/20190325/