7月16日(火)
【7月15日の海外相場および市況】
ny0715

*週明け15日のNY外国為替市場のドル円相場は、107円台後半で小幅な値動きだった。107円86〜96銭。東京市場は休場。7月のNY製造業景況指数は4.3と、6月のマイナス8.6から改善し、市場予想の2.0も上回ったが、市場への反応は限定的。来週には欧州中央銀行(ECB)の定例理事会や2019年4〜6月期米国内総生産(GDP)速報値の発表、月末には日銀の金融政策決定会合や米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要イベントを控えている。


*週明け15日のNY金は、強弱まちまちの中国統計や対ユーロでのドル堅調を受けてほぼ横ばいとなった。1413.50ドル(+1.30)。2019年4〜6月期の中国国内総生産(GDP)は物価変動の影響を除いた実質ベースで前年同期比6.2%増と、伸び率は前期(6.4%増)から鈍化。四半期ごとの数字を公表している1992年以降で最低となった。ただ、成長率は今年の政府目標の範囲内にとどまった。また、GDPと同時に発表された6月の小売売上高、鉱工業生産はいずれも予想を上回ったため、リスク回避的な金の買いは限定的となった。ドルが対ユーロで堅調に推移したこともドル建て金が割高となり、相場の上値を抑えた。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)による月内の利下げ観測が、金利を生まない資産である金を下支えした。米中貿易摩擦が長期化し交渉が難航するとの不透明感や世界的な景気減速懸念、イランをめぐる中東の地政学的リスクの高まりなども相場の支援要因となっている。

NY白金は4日続伸。845.20ドル(+10.60)。
パラジウムは3日ぶり反発。1562.90ドル(+20.50)。

*週明け15日のNY原油は、中国景気への先行き懸念が広がる中で売りが先行し、反落した。59.58ドル(-0.63)。中国国家統計局が15日発表した2019年4〜6月期の国内総生産(GDP)は、実質ベースで前年同期比6.2%増加した。成長率は前期から鈍化し、四半期ごとの数字を公表している1992年以降で最低となった。同時に発表された同国の6月小売売上高と鉱工業生産はともに市場予想を上回っていた。GDPの落ち込みが嫌気され、原油相場は結局マイナス圏に沈んだ。また、対ユーロでドル高が先行し、ドル建て原油は割高感から、上値が抑えられた。60ドルの心理的な節目を保てなかったことで利益確定の売りも出やすかったようだ。熱帯低気圧「バリー」の米メキシコ湾岸での原油生産・精製への影響が短期にとどまる兆候も相場を押し下げた。北海ブレント原油は、66.48ドル(-0.24)。

*週明け15日のシカゴトウモロコシは反落。441.00セント(-13.25)。一時は464.75セントまで上昇し、中心限月としては2014年6月以来の高値を付けたが、利食い売りに押された。ハリケーン「バリー」がミシシッピ川デルタ地帯とコーンベルト東部の作物にとって好ましい降雨をもたらす見込みから、高温乾燥による被害への懸念が後退した。

シカゴ大豆は反落。901.75セント(-11.50)。ハリケーン「バリー」襲来で、ミシシッピ川デルタ地帯やコーンベルト東部では作物にとって好ましい降雨になると予想されている。市場では、収穫に影響する熱波のリスクが懸念されていた。世界最大の大豆輸入国である中国の弱い需要も懸念材料。中国では、アフリカ豚コレラの感染が拡大しており、養豚用大豆の輸入が削減された。


*週明け15日のNYダウは、米企業の決算発表が今週本格化するのを前に小幅続伸し、3営業日連続で最高値を更新して引けた。2万7359.16ドル(+27.13)。4〜6月期決算発表の本格化を前に市場では様子見姿勢が広がり、値動きは限定的だった。金融大手シティグループの決算は、個人金融部門を中心に貸し出しが伸び、特殊要因を除く1株当たり利益が市場予想を上回った。ただ、シティの利ざやが前年同期より悪化したほか、米長期金利も低下したことが嫌気され、大手金融株は下落し、ダウの重石となった。このほか、ボーイングも墜落事故が相次いだ新型旅客機「737MAX」の運航再開が来年にずれ込む可能性があると報じられ、ダウの上値を抑えた。


【16日の経済指標】
07:45   (NZ) 4-6月期 四半期消費者物価(CPI) [前期比]  0.1%   
07:45   (NZ) 4-6月期 四半期消費者物価(CPI) [前年同期比]  1.5%  
10:30   (豪) 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表 
16:00   (トルコ) 4月 失業率  14.1%
17:30   (英) 5月 失業率(ILO方式)  3.8%
18:00   (独) 7月 ZEW景況感調査(期待指数)  -21.1  
18:00   (欧) 7月 ZEW景況感調査  -20.2  
21:00   (英) カーニー英中銀(BOE)総裁、発言
21:30   (米) 6月 輸入物価指数 [前月比]  -0.3%  -0.5% 
21:30   (米) 6月 輸出物価指数 [前月比]  -0.2%  -0.2% 
21:30   (米) 6月 小売売上高 [前月比]  0.5%  0.2% 
21:30   (米) 6月 小売売上高(除自動車) [前月比]  0.5%  0.3% 
22:15   (米) 6月 鉱工業生産 [前月比]  0.4%  0.2% 
22:15   (米) 6月 設備稼働率  78.1%  78.1% 
23:00   (米) 7月 NAHB住宅市場指数  64  64 
23:00   (米) 5月 企業在庫 [前月比]  0.5%  0.4% 
29:00   (米) 5月 対米証券投資  -78億ドル 

第218回 『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/


*TOCOM TV 出演
https://youtu.be/LckFpKGtS74

https://tocomsquaretv.com/20190325/