8月22日(木)
【8月21日の海外相場および市況】
ny0821

*21日のNY外国為替市場のドル円相場は、リスク警戒姿勢がやや緩み、106円台後半に上昇した。106円57〜67銭。米長期金利の低下が一服し、ドルの買い戻しが進んだ。7月米中古住宅販売件数は市場予想に比べて良好な内容だった。7月末に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨が公表されると、円売り・ドル買いが小幅に進行した。連邦準備制度理事会(FRB)が10年7カ月ぶりに利下げを決めた同会合では、景気先行き不透明感や低インフレへの警戒感が強く、2人が0.5%の大幅利下げを主張した一方、複数が据え置きを訴えるなど、参加者の間で判断が割れていたことが明らかになった。ただ、8月には米中貿易戦争がさらに激化し、債券市場では不況入りの予兆となる「長短金利逆転(逆イールド)」が12年ぶりに出現するなど、市場の景気後退(リセッション)懸念は一段と強まっている。このため、23日にパウエルFRB議長が経済シンポジウムで行う講演では、ハト派的な姿勢を明確にするのではないかとの見方が広がった。

*21日のNY金は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発表を控えて、横ばいとなった前日比変わらずの1515.70ドル。FOMC議事要旨(7月30、31日開催分)の公表を控えて、ひとまず利益を確保する動きが活発化。米連邦準備制度理事会(FRB)が10年7カ月ぶりに利下げを決定した前回会合の議論内容を見極めたいとの思惑が台頭していた。ただ、売り一巡後は安値拾いやポジション調整の買いが入り、下げ幅を縮小し、前日と同水準に戻した。FRBによる追加利下げ観測が金利を生まない資産である金をサポートしているほか、世界景気の先行き懸念もなお下支え要因となっている。このため下値は堅く、心理的に重要な節目である1500ドル台を維持した。ワイオミング州ジャクソンホールで今週開かれる連邦準備制度理事会(FRB)シンポ
ジウムも、注目されている。

NY白金は反発。858.10ドル(+5.30)。
パラジウムは5日ぶりに反落。1465.50ドル(-4.20)。

*21日のNY原油は、米エネルギー情報局(EIA)の在庫週報などを受けて売られ、下落した。55.68ドル(-0.45)。内戦下のイエメンでイランの支援を受けている反政府武装組織フーシ派はこの日、系列メディアを通じ、南西部ダマール県上空で20日夜に米軍の無人機MQ9をミサイルで撃墜したと明らかにした。またロイター通信によると、イランのロウハニ大統領は同国の石油輸出が完全に制限されれば「これまでのような国際水路の安全は望めなくなる」と発言。米イラン間の緊張が高まる中、買いが先行した。ただその後発表された、EIA週報によると、最新週の原油在庫は前週比270万バレル減と、市場予想の190万バレル減を上回る取り崩し。一方、ガソリン在庫は30万バレル増、ディスティレート(留出油)在庫も260万バレル増と、それぞれ予想の20万バレル増、30万バレル増を上回る積み増しだった。これを受けて、徐々に売りが優勢となった。また、外国為替市場でドル高・ユーロ安基調が継続し、ドル建て原油に割高感が生じたことも相場を下押しした。北海ブレント原油は、60.30ドル(+0.27)。

*21日のシカゴトウモロコシは反発。370.25セント(+1.50)。メキシコ向けの新たな輸出成約に加え、3カ月ぶりの安値を付けた後でテクニカル要因による買いが入った。

シカゴ大豆は続伸。873.00セント(+4.75)。米農業調査会社プロファーマーが米中西部で実施したクロップツアーの報告で、大豆のさや数がネブラスカ州とインディアナ州で平均を下回ったことが相場を支援した。米中西部で今後15日間で平年を下回る気温が予想されていることも相場を支えた。低温はトウモロコシと大豆の成育を遅らせる可能性がある。

*21日のNYダウは、米小売り大手の好調な決算を支えに反発した。2万6202.73ドル(+240.29)。米小売り大手ターゲットと米住宅改装用品小売り大手ロウズの2019年5〜7月期決算は、ともに1株当たり利益が市場予想を上回る良好な結果。両社株が急伸してNYダウを牽引した。懸念される米中貿易摩擦の影響は表れていないことが好感されたようだ。市場では、世界景気の減速懸念が強まっているが、好調な米小売り大手決算を受け、GDP(国内総生産)の約7割を占める米個人消費の堅調さを確認し、市場に安心感が広がった。米連邦準備制度理事会(FRB)はこの日、約10年半ぶりの利下げを決めた7月30、31日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を公開。多くの参加者が「利下げは政策サイクル半ばでの調整」との考えを示し、今後の政策金利の引き下げは限定的にとどまるとした。


【22日の経済指標】
16:30   (独) 8月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)  43.2   
16:30   (独) 8月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)  54.5   
17:00   (欧) 8月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)  46.5  
17:00   (欧) 8月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)  53.2 
21:30   (米) 前週分 新規失業保険申請件数 
22:45   (米) 8月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値)  50.4  
22:45   (米) 8月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値)  53.0  
22:45   (米) 8月 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値)  52.6   
23:00   (米) 7月 景気先行指標総合指数 [前月比]  -0.3%  0.2% 
23:00   (欧) 8月 消費者信頼感(速報値)  -6.6 


第222回
おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/


*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/