3月2日(月)
【2月28日の海外相場および市況】
ny0228

*週末28日のNY外国為替市場では、金融市場の動揺が収まらない中で安全資産とされる円を買う動きが加速し、ドル円は108円台前半に大幅下落した。一時は2019年10月10日以来約4カ月半ぶりの円高水準となる107円台半ばまで下げた。108円00~10銭。中国国外で新型コロナウイルスへの感染者数が目立って増えており、世界的な感染拡大への警戒感が高まった。NYダウは一時1000ドル超急落したほか、長期金利も過去最低水準を更新。さらに、世界保健機関(WHO)が世界全体での新型コロナウイルスのリスク評価をこれまでの「高い」から「非常に高い」に引き上げたと発表すると、円買いに拍車がかかった。こうした中、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)は緊急声明を発表し、「景気を下支えするため適切に行動する」として、利下げの可能性を示唆。円はその後に107円51銭まで急落したが、引けにはやや売り戻された。

*週末28日のNY金は、世界的な金融市場の混乱を背景に投資家心理が冷え込む中、4日続落した。1566.70ドル(-75.80)。2月5日以来約1カ月ぶりの安値水準に落ち込んだ。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が中国国外で鮮明となる中、金融市場は世界的に混乱。米国では、この日も株価と金利が下げ止まらず、ろうばい売りは安全資産とされる金にも波及した。また、新型ウイルスの発生地とみられる中国経済への打撃は必至の情勢で、中国による金買い需要が落ち込むとの懸念も強まった。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が世界全体での新型コロナウイルスのリスク評価を従来の「高い」から「非常に高い」に引き上げたと発表すると、金相場は急ピッチで下落し、一時1564.00ドルの安値を付けた。多くの投資家やトレーダーが他の商品の追加証拠金支払い要求に応じるため、手持ちで売れるものは何でも売っているため、金相場や他の貴金属にも売りが波及した。
NY白金は7日続落。864.70ドル(-40.80)。
パラジウムも急反落。2491.10ドル(-220.60)。

*週末28日のNY原油は、世界経済減速に伴う需要減退懸念を背景に売りが加速し、6営業日続落した。44.76ドル(-2.33)。2018年12月下旬以来1年2カ月ぶりの安値となった。中国で発生した新型コロナウイルスの感染が世界各地に飛び火し、実体経済に悪影響を及ぼすとの懸念が広がっている。リスク回避姿勢が一段と強まり、景気減速懸念に伴うエネルギー需要の減退懸念が強まった。世界的な株安連鎖もリスク資産である原油の圧迫材料となり、一時43.85ドルまで下落した。戻りは限定的だった。フィナンシャル・タイムズ(FT)は27日、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が3月に開く予定の会合で、サウジアラビアが日量100万バレルの追加減産を提案すると報道。ただ、一部の市場関係者からは、産油国の見通しは楽観的過ぎだったとの指摘も出ており、積極的な買いにはつながらなかったようだ。北海ブレント原油は、49.67ドル(-2.06)。17年7月以来の安値を付けた。
*週末28日のシカゴトウモロコシはまちまち。368.25セント(+0.25)。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる懸念を背景に、一時約定安値を更新した。その後、ショートカバーが入り、プラス圏に浮上した。
シカゴ大豆は反落。892.75セント(-2.25)。

*週末28日のNYダウは、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に歯止めがかからない中、7営業日続落した。2万5409.36ドル(-357.28)。週間ベースでの下げ幅は3583.05ドルと過去最大で、下落率は12.4%と2008年の世界金融危機以来の大きさという。28日時点の新型コロナウイルスの感染者は世界で8万3000人を超え、死者は約2900人に達した。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、世界全体での新型コロナウイルスのリスク評価について、従来の「高い」から「非常に高い」に引き上げた。感染拡大に収束の兆しが見えない中、市場ではリスク回避の動きが継続し、ダウの下げ幅は一時1085ドルに達し、心理的な節目となる2万5000ドルを割り込んだ。世界経済の減速で需要が減退するとの見方から、原油相場も1年2カ月ぶりの安値を付ける一方、安全資産である円は買われ、ドル円は一時107円台半ばまで下落した。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が緊急声明を発表し、「景気を下支えするため適切に行動する」と表明し、利下げの可能性を示唆した。これを受けてダウは急速に下げ幅を縮めた。
【2日の経済指標】
08:50 (日) 10-12月期 四半期法人企業統計調査・ソフトウェア含む全産業設備投資額 [前年同期比] 7.1%
10:45 (中) 2月 Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI) 51.1 47.0
16:00 (トルコ) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI) 51.3
17:55 (独) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 47.8 47.8
18:00 (欧) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 49.1 49.1
18:30 (英) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 51.9
23:45 (米) 2月 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 50.8 50.8
24:00 (米) 1月 建設支出 [前月比] -0.2% 0.7%
24:00 (米) 2月 ISM製造業景況指数 50.9 50.5

第241回
『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1

*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/