3月24日(火)
【3月23日の海外相場および市況】
ny0323

*週明け23日のNY外国為替市場では、新型コロナウイルスの感染拡大を背景にしたドル買いの流れが継続し、ドル円は111円台前半に上昇し、円安が進んだ。111円25〜35銭。この日、米連邦準備制度理事会(FRB)が国債などの資産を「必要な量」買い入れると発表。無制限の量的緩和導入により、米長期金利は急低下した。円は買い戻され、一時109円82銭まで円高が進んだが、長くは持たず、再び円売り・ドル買いが優勢となった。新型コロナの感染拡大を背景にした企業や金融機関などのドル需要が増加している。米議会で2兆ドル規模の経済対策をめぐる調整が難航していることも、ドル需要を後押しした。
*週明け23日のNY金は、米連邦準備制度理事会(FRB)の追加量的緩和を受けて買われ、大幅続伸した。1567.60ドル(+83.00)。FRBはこの日、臨時の連邦公開市場委員会(FOMC)で米国債などの資産を「必要な量」買い入れることを決めた。無制限の量的金融緩和により市場への資金供給を強化する異例の措置を受けて、金利を生まない資産である金が急速に買い進まれた。また、外国為替市場ではFRBの追加金融緩和を受けて対ユーロでドル安が進行し、ドル建て金は割安感が強まり、金の買いを後押しした。
NY白金は続伸。627.50ドル(+5.00)。
パラジウムも高い。1556.90ドル(+16.70)。
*週明け23日のNY原油は、先週末に18年ぶりの安値を付けたことによる割安感から買われ上昇した。23.36ドル(+0.73)。新型コロナウイルスの感染封じ込めのため、欧米で外出制限や国境の一時封鎖などが拡大。経済活動の縮小がエネルギー需要の減少を招くとの懸念から原油価格は低迷している。主要産油国のサウジアラビアとロシアが対立し、互いに増産姿勢を示したことが原油価格下落に拍車を掛けている。先週は一時19ドル台と約18年ぶりの安値水準となった。この日は、割安感から買い戻しが先行した。一時23.73ドルまで上昇した場面もあったが、新型コロナ拡大への懸念が根強く、上値は重かった。欧米での外出制限などによる燃料需要減を懸念し、ガソリン価格は大幅に低下した。過去最大の下落率を記録し、製油マージンがマイナス圏に落ち込んだ。推計2兆ドル規模の経済対策が米上院を通過しなかったこともガソリン相場急落の要因になったようだ。北海ブレント原油は、27.03ドル(+0.05)。
*週明け23日のシカゴトウモロコシは小幅続落。343.50セント(-0.25)。米国でのエタノールの利幅縮小が相場を圧迫、小麦と大豆の値上がりの影響を打ち消した。トウモロコシはエタノール燃料の主原料。今月、原油先物相場の下落に伴いエタノールの利幅が縮小したことは、エタノール燃料の生産鈍化とトウモロコシ需要の減少を示唆した。エタノール燃料生産の米POETは、需要減退を理由に、数カ所でトウモロコシ購入を一時的に停止したと明らかにした。
シカゴ大豆は5日続伸。884.00セント(+21.50)。一時は同限月としては6日以来の高値となる885.25セントを付けた。エタノールの利幅縮小で、トウモロコシを原料とするエタノールの生産が減り、その副産物で、家畜・家禽の飼料に使われるDDG(トウモロコシ蒸留かす)の供給も減ると見込まれた。DDGは飼料として大豆ミールと競合するため、大豆ミール需要が増えると見込まれている。アルゼンチンやブラジルからの大豆ミールと大豆の輸出に混乱が生じる可能性への懸念も、大豆相場を支援した。
*週明け23日のNYダウは、新型コロナウイルスの感染拡大に対する米経済対策の遅れを懸念し続落した。1万8591.93ドル(-582.05)。終値での1万9000ドル割れは2016年11月下旬以来、約3年4カ月ぶり。米議会ではトランプ政権が実現を目指す巨額の経済対策の採決が、与野党対立によって停滞。新型コロナで打撃を受ける企業などへの支援が遅れるとの懸念が広がった。米国では7000万人以上が外出制限の対象となっており、経済活動のさらなる停滞が危惧されている。米連邦準備制度理事会(FRB)はこの日、金融市場安定化のため、米国債などの資産を「必要な量」買い入れると発表した。既に発表済みの米国債などの買い入れ規模の上限を撤廃することで、市場への資金供給を強化する。ただ、市場の動揺を抑えるには至らなかった。
【24日の経済指標】
14:00 (日) 1月 景気先行指数(CI)・改定値 90.3
14:00 (日) 1月 景気一致指数(CI)・改定値 94.7
17:20 (欧) ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁発言
17:30 (独) 3月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 48.0 40.0
17:30 (独) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 52.5 42.0
18:00 (欧) 3月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 49.2
18:00 (欧) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 52.6
18:30 (英) 3月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 51.7 49.0
18:30 (英) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 53.2 48.0
22:45 (米) 3月 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 50.7 49.4
22:45 (米) 3月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 49.4 48.8
22:45 (米) 3月 総合購買担当者景気指数(PMI、速報値) 49.6
23:00 (米) 2月 新築住宅販売件数 [年率換算件数] 76.4万件 75.0万件
23:00 (米) 2月 新築住宅販売件数 [前月比] 7.9% -1.8%
23:00 (米) 3月 リッチモンド連銀製造業指数 -2

第243回
『おしえて陳さん』 
http://www.sunward-t.co.jp/movies/oshiete/

*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1

*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/