4月2日(木)
【4月1日の海外相場および市況】
ny0401

*1日のNY外国為替市場では、NYダウの急落を受けて円が買われ、ドル円は107円台前半に下落した。一時107円を割り込んだ。107円10〜20銭。NYダウの大幅続落や米長期金利の低下、経済指標の悪化が円買いを後押しした。106円90銭台まで買われた後は、107円10銭付近を挟んで小動きとなった。3月ADP雇用報告では、3月の非農業部門就業者数が2017年9月以来初めて、前月比でマイナスに転じた。ただ、新型コロナウイルス感染防止のための行動自粛要請が本格化する月半ば以降の数字は未反映。また、3月米ISM製造業景況指数は、好不況の節目となる50を割り込んだ。全体では市場予想を上回ったが、新規受注が11年ぶりの低水準に落ち込んだ。
*1日のNY金は、他の貴金属相場の軟調地合いを嫌気し、下落した。1591.40ドル(-5.20)。3月米ISM製造業景況指数は49.1(前月50.1)と、景気拡大と縮小の節目とされる50を3カ月ぶりに下回った。3月のADP全米雇用報告も、非農業部門の民間就業者数が前月比2万7000人減と、2017年9月以来2年半ぶりに就業者数がマイナスとなった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)が深刻化する中、低調な内容の米経済指標を受けて景気減速懸念が高まり、安全資産とされる金に「質への逃避買い」が入った。ただ、引けにかけては他の貴金属相場に追随する形で軟調に推移した。
NY白金は反落。717.8ドル(-12.10)。
パラジウムは大幅安。2140.8ドル(-164.00)。
*1日のNY原油は、米原油在庫の急増が重しとなり、小反落した。23.74ドル(-0.77)。米エネルギー情報局(EIA)がこの日発表した3月27日までの週の在庫統計では、原油在庫が前週比1380万バレル増加した。増加幅は2016年10月以来の大きさで、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要急減が浮き彫りになった。ガソリン需要も日量220万バレル減の670万バレルになり、過去最大の減少幅を記録した。これが嫌気され、一時19.90ドルまで売られた。午後、トランプ大統領が米エネルギー大手首脳と3日に会談し、業界支援策を協議すると報じられると、21.11ドルまで上昇。その後は急速に値を下げ、マイナス圏に沈んだ。新型コロナの感染拡大による需要減に加え、サウジアラビアとロシアが先月、協調減産で合意できなかったことによる増産を背景に相場は下落している。ブレント先物は今年1〜3月期に66%急落し、四半期としては過去最大の下落率になった。サウジの原油生産は直近数カ月で日量1200万バレル超増加したという。北海ブレント原油は、24.74ドル(-1.61)。
*1日のシカゴトウモロコシは4日続落。334.75セント(-6.00)。新型コロナウイルス感染拡大への懸念が幅広い市場に打撃を与えた。また、米エネルギー情報局(EIA)の統計で、エタノールの生産量が急減したことも響いた。EIAによると、先週のエタノール生産量は日量84万バレルと、日量16万5000バレル減となった。米国産トウモロコシの3分の1以上を消費するエタノール業者が、エネルギー価格安の中、生産を鈍化もしくは停止させた。
シカゴ大豆は大幅反落。862.75セント(-23.25)。新型コロナウイルス感染拡大対策としての制限措置が長引くと懸念され、下落率は3月16日以来の大きさとなった。
*1日のNYダウは、新型コロナウイルスによる死者数が急増するとの見通しを受けて懸念が強まり、大幅続落した。2万0943.51ドル(-973.65)。下げ幅は一時1100ドルを超えた。米ジョンズ・ホプキンス大学の集計では、米国の新型コロナ感染者数は20万人を突破し、急速に増え続けている。米政府当局者は前日夜、米国の死者数が10万〜20万人に達する可能性を指摘。トランプ米大統領は「地獄の2週間になるかもしれない」と危機感を示した。市場では、想定以上に感染が広がり、景気悪化がより深刻になるとの懸念が台頭。リスク回避姿勢が強まり、下げが加速した。3月米ISM製造業景況指数では、新型コロナの影響で、3カ月ぶりに景気拡大と縮小の節目となる50を下回った。特に新規受注が11年ぶりの低水準に落ち込み、景況指数の数字以上に経済は悪化しているとの見方が広まったことも、株価下落に拍車を掛けた。

【2日の経済指標】
18:00 (欧) 2月 卸売物価指数(PPI)  [前年同月比] -0.5% -0.8%
20:30 (米) 3月 チャレンジャー人員削減数 [前年比] -26.3%
21:30 (米) 2月 貿易収支 -453億ドル -397億ドル
21:30 (米) 前週分 新規失業保険申請件数 328.3万件 275.0万件
23:00 (米) 2月 製造業新規受注 [前月比] -0.5% 0.2%
*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1
*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/