【南アランド円、今週の予想(6月16日)】
*上値の重い展開。戻り売り優勢か。
予想レンジ:6.00円~6.50円
南アフリカの景況感が悪化している。10日に発表された4-6月期南ア(BER)企業信頼感指数は5ポイントと前回の18ポイントから72%も悪化した。これは5月13日から6月1日の間に1800人のビジネスエグゼクティブを対象に調査を行ったもの。ロックダウン(都市封鎖)の影響がストレートに表れたようだ。南アフリカ経済を巡る先行き不透明感や国営電力会社エスコムを巡る負債問題、米中対立激化の懸念、新型コロナの感染拡大等不安材料が目に付く。格付け会社フィッチ・レーティングスは12日、今年の南アフリカの国内総生産(GDP)が前年比-5.5%のマイナス成長に陥ると予測した。フィッチは4月、南アの信用格付けを投機的水準(ジャンク級)に引き下げている。南アランドは上値の重い展開となりそうだ。17日に4月小売売上高が発表される予定。

<強材料>
1.中国が経済活動再開へ。
2.ドル安を反映して貴金属価格が堅調。
3.南ア国営の石油・ガス3社を1社に統合することを承認した。数を減らすことで債務を圧縮し、国有企業の競争力を高める狙い。
4.南アフリカの産金大手ハーモニー・ゴールドは、同社の金生産が7月半ばごろまでに全面回復するとの見通しを示した。

<弱材料>
1.格付け会社フィッチ・レーティングスは12日、今年の南ア国内総生産(GDP)が前年比-5.5%のマイナス成長に陥ると予測した。
2.経済指標の悪化。
南ア4月金生産前年比-59.6%、前回9.5%
南ア鉱業生産前年比-47.3% 前回-18%
南ア4月製造業生産前年比-5.4%、前回-2.1%
3.南ア中央銀行は今年の成長率見通しを従来予想の-6.1%から-7.0%に下方修正。
4.南ア国内における新型コロナ第2波リスク。13日時点で、感染者数6万5736人、死亡者数1423人。1日で3000件以上の感染が確認されている。

【南アフリカ経済指標】
17日水曜日
20:00南ア3月小売売上高前年比前回2.0%、予想1.2%

zar0616

情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。