【7月1日海外市況】
ny0701

*1日のNY外国為替市場では、新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念され、ドル円は107円台半ば近辺に下落した。107円40~50銭。米国南部や西部を中心に新規コロナ感染者数が急増する中、経済活動再開の動きにブレーキがかかるとの警戒感が高まった。米経済指標はまずまず良好。6月ADP全米雇用報告では、民間就業者数は236万9000人増、5月実績も306万5000人増に大幅上方改定された。また、6月米ISM製造業景況指数は52.6と、4カ月ぶりに景気拡大と縮小の節目とされる50を上回った。ただ、世界経済や米中関係の先行きが読めないという先行き不透明感からドル買いは慎重だった。

*1日のNY金は、米製造業景況指数の改善を受けて売りが優勢となり、4日ぶりに反落した。1779.90ドル(+20.60)。新型コロナウイルスの感染再拡大に対する懸念などを背景に、前日は約8年9カ月ぶりの高値を付けた。安全資産とされる金買いは続き、一時1807.70ドルの高値を付けたが、あと利食い売りの台頭でマイナス圏に転落した。6月ADPの民間就業者数(季節調整済み)は前月比236万9000人増となり、市場予想(300万人増)には届かなかったものの、5月実績が大幅に上方改定された。さらに、6月ISM製造業景況指数は52.6と、景気拡大・縮小の節目を4カ月ぶりに回復。市場予想も上回る良好な内容だったことから、利益確定の動きが加速し、相場は下げ幅を拡大した。米国では各州政府によって封鎖措置の扱いが異なっていることや、追加刺激策の可能性が高いことが金相場をサポートしている。
1日時点の金ETFは、1182.11トン(+3.21)。年初来最大。
年初からは32.3%増加。
NY白金は金につれて反落。834.40ドル(-16.80)。
パラジウムも安い。1930.70ドル(-36.20)。

*1日のNY原油は、米原油在庫の予想を上回る取り崩しを好感して反発した。39.82ドル(+0.55)。米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した6月26日までの1週間の米原油在庫は、前週比720万バレル減と、取り崩し幅は市場予想の70万バレルを大幅に上回った。供給過剰懸念が後退し、原油買い戻しが活発になった。好調な経済指標も好感された。6月米ISM製造業景況指数は52.6と、前月から上昇、景気拡大と縮小の節目とされる50を4カ月ぶりに上回った。6月の中国製造業購買担当者景況感指数(PMI)も51.2と前月から改善。2カ月連続で50を超え、年初来で最高水準となった。6月ドイツ製造業PMIは45.2と、5月の36.6から上昇した。6月フランス製造業PMIは52.3と、5月の40.6から上昇し、景気拡大に転じた。
海運筋によると、新型コロナ危機のため洋上でタンカーに貯蔵されていた原油や石油製品数千万バレルが売却されており、燃料需要が回復しつつある兆候とみられる。ただ新型コロナウイルスの新規感染者の急増が相場の上値を抑えた。米国の新規感染者数の急増に加え、米政府の新型コロナ対策本部に参加する感染症の権威である米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長が、新規感染者数が近く現在の2倍に増加する可能性があると警告した。
*1日のシカゴ・トウモロコシは続伸。350.50セント(+9.00)。米農務省が30日に発表した作付面積が予想を下回ったほか、乾燥・高温予報による作柄への懸念が相場を押し上げた。天気予報によると、米中西部は7月上旬に平年を上回る高温となり、通常より降雨量が少なくなるという。トウモロコシにとって重要な受粉期を迎えることから、作柄と収穫量減少の見通しにつながる可能性がある。
シカゴ大豆は続伸。899.00セント(+16.75)。米農務省が発表した作付面積が予想を下回ったことに加え、高温と乾燥の予報が作柄と収穫量減少につながると懸念された。7月上旬の気象予報では、米中西部は平年を上回る高温と通常以下の降雨量となる見通し。大豆とトウモロコシの作柄に影響し、収穫量減少につながる可能性がある。

*1日のNYダウは、新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念から反落した。2万5734.97ドル(-77.91)。米製薬大手ファイザーが、新型コロナのワクチン候補について、初期の治験で良好な結果が出たと発表。早期のワクチン開発への期待が高まった。5月ADP雇用報告では、非農業部門民間就業者数を大幅に上方改定。6月米ISM製造業景況指数では、景気拡大と縮小の節目とされる50を4カ月ぶりに上回った。米国では南部や西部を中心に新型コロナの感染者が増加し、経済活動の再開を中断する州も出ている。ニューヨーク市は6日に予定していた店内飲食の再開を見送ると発表した。経済活動再開の遅れが広がるとの懸念が強まり、ダウは終盤にマイナスに転じた。
【2日の経済指標】
10:30   (豪) 5月 貿易収支  88.00億豪ドル 
18:00   (欧) 5月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比]  -4.5% 
18:00   (欧) 5月 失業率  7.3%  
18:00   (南ア) 1-3月期 四半期経常収支  -681億ランド 
21:30   (米) 5月 貿易収支  -494億ドル  -493億ドル 
21:30   (米) 6月 非農業部門雇用者数変化 [前月比]  250.9万人  325.0万人 
21:30   (米) 6月 失業率  13.3%  12.1% 
21:30   (米) 6月 平均時給 [前月比]  -1.0%  -0.2% 
21:30   (米) 6月 平均時給 [前年同月比]  6.7%  
21:30   (米) 前週分 新規失業保険申請件数  
23:00   (米) 5月 製造業新規受注 [前月比]  -13.0%  7.0% 

*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/

*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1