【7月2日海外市況】
ny0703

*2日のNY外国為替市場のドル円相場は、107円台半ば。6月米雇用統計の改善を受けて一時円が売られたものの、直後に買い戻された。107円45~55銭。雇用統計では、非農業部門就業者数が前月(+269.9万人)から480万人増加し、事前予想を上回った。失業率も13.3%から11.1%に低下した。失業率、非農業部門就業者数ともに前月から改善し、市場予想も上回った。ただ、米国で新型コロナウイルスの新規感染者が再び増加している中で、リスク選好ムードが続かなかった。5月米製造業受注は前月比+8.0%の4128憶3800万ドル。過去最大の落ち込みとなった4月(-13.5%)から一転して大幅改善した。5月米耐久財受注は前月比+15.7%。

*2日のNY金は、6月米雇用統計の発表後に下落したものの、安値拾いの買いなどが入り、反発した。1790.00ドル(+10.10)。6月米雇用統計は失業率が2カ月連続で改善した。非農業部門就業者数は前月比480万人増と、市場予想を上回った。これを受けて、雇用回復ペースへの期待が広がりリスク回避姿勢が後退し、安全資産としての金は売りが先行した。対ユーロでのドル高もドル建て金の圧迫材料となった。ただ、この日の安値を付けた後は、先高感からの安値拾いの買いが入りプラス転換して引けた。FRBが1日に公表した先月9、10日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で、2022年まで低金利を維持する方針が示されたことが金買いの背景にあるようだ。

*2日時点の金ETFは1191.47トン(前日比+9.36トン)。年初最大。
年初からは33.4%増加。

NY白金は続落。831.60ドル(-2.80)。
パラジウムも続落。1927.60ドル(-3.10)。

*2日のNY原油は、堅調な米雇用統計などを手掛かりに買われ、続伸した。40.65ドル(+0.83)。6月米雇用統計は、景気動向を反映する非農業部門就業者数が前月から480万人増加し、事前予想を上回った。失業率も13.3%から11.1%に低下し、そろって良好な結果となり一時40.74ドルの高値を付けた。また、米エネルギー情報局(EIA)が前日発表した週報で、原油在庫の取り崩しが720万バレル減となり、減少幅は事前予想を上回った。しかし、米国内では、経済活動の規制緩和が進んでいた南部や西部を中心に新型コロナウイルスの新規感染者が急増。前日の感染者数が1日当たりとしては初めて5万人を超えたと伝わる中、エネルギー製品需要の回復ペースが鈍化するとの懸念が重石になった。こうした中、ガソリンの備蓄在庫はさらに多くなっている。ガソリンの最大の消費地帯である米南部「サンベルト」での新規感染者数増加は、旅行に出掛ける人も増える、3日から始まる独立記念日の連休に絡んだ燃料需要に打撃を与える可能性がある。米国では今月1日、パンデミック(世界的流行)が始まって以来、1日として最大となる約5万人の新規感染者が報告され、多くの州は行動を控えるよう市民に呼びかけている。さらに、事業所や飲食店なども再び休業に追い込まれる事態となり、これが今後の雇用拡大への障壁になるとみられている。

*2日のシカゴ・トウモロコシは反落。353.50セント(-7.00)。前日は、作付面積が予想を下回ったことから大幅上昇していたが、この日は利益確定売りが優勢となった。

シカゴ大豆は反落。896.75セント(-2.25)。一時3カ月ぶり高値まで上昇したものの、利食い売りに押されて下落に転じた。米農務省は中国向けに大豆12万6000トンが売却されたと発表し、下げが抑制された。

*2日のNYダウは、予想を上回る改善を示した6月米雇用統計を好感し反発した。2万5827.36ドル(+92.39)。上げ幅は一時400ドルを超えたが、新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念は根強く上値を削った。6月米雇用統計は、非農業部門就業者数が前月比480万人増、失業率は11.1%に低下し、市場予想を上回る改善となった。レジャーやレストランなどで就業者数が増加し、経済活動の再開を裏付けた。雇用情勢の回復を好感された。ただ、買いが一巡すると、上値が重くなり、上げ幅を縮めた。米国では、南部や西部を中心に新型コロナの感染者や入院者数が再び増加し、経済活動再開の動きを中断する州も出ている。ニューヨーク市は、店内飲食の再開を遅らせた。経済活動の再開を遅らせる動きが波及し、警戒感が強まっているという。

【3日の経済指標】
未定   (米) 休場 
10:30   (豪) 5月 小売売上高 [前月比]  -17.7% 
10:45   (中) 6月 Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI) 
16:00   (トルコ) 6月 消費者物価指数(CPI) [前月比]  1.36% 
16:00   (トルコ) 6月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]  11.39% 
16:55   (独) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)  45.8   
17:00   (欧) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)  47.3   
17:30   (英) 6月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)  47.0  

*マーケットスクランブル出演
https://www.mkt-s.com/past_video/

*ストックボイス「FXフォーカス」出演
https://www.stockvoice.jp/vod_playlists/PL84385BD60AE8CDE1