【南アランド円、今週の予想(8月3日)】
*上値重くもち合いで推移か。予想レンジ:6.00円~6.50円
*31日の南アランドは対ドルで3週間ぶりの安値を更新した。米経済の大幅縮小を受け、世界経済の回復に対する市場の期待が後退し、7月8日以来の低水準に下落した。新型コロナウイルス感染は世界的に再拡大しており、南アランドの重石になっている。南アフリカの新型コロナウィルスの感染が拡大している。8月1日時点で感染者数は50万3290人と50万人の大台を突破した。死者数は8万0153人と1万人に達する可能性が高い。死者数に関しては、実際にはもっと多いという指摘があり、医療崩壊も懸念されている。国際通貨基金(IMF)が新型コロナウイルス対策として南アに43億ドルの融資を認めたことは、南ア政府にとってはポジティブ材料だろう。しかし、現在の経済状況を考えると返済完了までは相当厳しいものになりそうで手放しで評価はできないだろう。南アフリカ中央銀行は23日、主要政策金利を0.25%引き下げ、3.50%とすることを決めた。0.25%の利下げは市場の予想通り。新型コロナウイルスの影響で景気後退が加速していることを受けた措置。新レートは24日から適用される。中銀は声明で「経済の縮小と緩やかな回復」により、インフレが低水準で推移すると予想した。今年通年の成長見通しは従来のマイナス7.0%からマイナス7.3%に下方修正。来年については3.8%増から3.7%増に、再来年は2.9%増から2.8%増に改定した。今年の消費者物価指数(CPI)上昇率は3.4%に据え置き。来年と再来年はそれぞれ4.4%から4.3%に修正した。南アは昨年7~9月期以降、3四半期連続でマイナス成長となっている。

<強材料>
1. 国際通貨基金(IMF)理事会は27日、新型コロナウイルス対策として、南アフリカに対する43億ドルの緊急融資を承認した

2.主要輸出品の貴金属(金、白金、パラジウム)価格が上昇。


<弱材料>
1.新型コロナんぽ感染拡大により経済活動が停滞。

2.電力不足による産業活動の停滞。


【南アフリカ経済指標】
3日月曜日
18:00南ア7月製造業PMI前回53.9、予想52.8

7日金曜日
15:00南ア7月外貨準備高[Net]前回457.4億USD、予想463.0億USD

zar0804


情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。