【米連邦公開市場委員会(FOMC)終了、金相場への影響は?】
米連邦準備制度理事会(FRB)は、17日未明に終了した米連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジを0-0.25%で据え置き、少なくとも2023年いっぱいはゼロ付近の金利を維持すると示唆した。

期間平均で2%のインフレ率を達成し、中長期的なインフレ期待が2%でしっかりとどまり続けるまで、「緩和的な金融政策スタンスを維持する方針」を表明した。

パウエルFRB議長は、今回の声明に反映された新たな政策枠組みについて、「金融当局の強いコミットメントが明確になる」と説明した。

また、FRBが担う2大責務の一つである「最大限の雇用」について、「達成への道のりが非常に長いことが明白」と発言。失業率という数字では判断できない「広範で包括的な」労働市場の回復には、3年以上の月日を要するとみているとした。

金にとっては強材料となる内容だったが、いずれも想定内の内容だった。

材料出尽くし感から、17日の電子取引では利益確定売りが優勢となり、1945ドル台に下落している。

金相場の今後の見通しだが、長期に渡って金相場をサポートすると予想する。

etf0917

FRBはインフレ率の上昇をある程度容認する一方で、実質ゼロ金利政策を2023年まで維持するとしたが、これは実質金利(名目金利-インフレ率)の低下を意味している。

そのため利子を産まない金には上昇の環境が整えられているといえよう。

米国は依然として新型コロナの感染者、死者数ともに世界最大で経済活動の足かせになっており、このリスク要因も金相場をサポートしよう。

トランプ大統領は早期のワクチン投与を開始すると述べているが、米疾病対策センターは、16日の上院小委員会で、ワクチンを国民に広く提供できるのは2021年半ばになると証言した。

国民一般が接種可能になるには、ある程度の時間がかかるとのことで、当初の楽観的な見方は後退している。

こうした背景から、金ETFは高水準で高止まりしており、金への投資需要が寝強いことがうかがえる。CFTC建玉を見ると、ファンドの買い越しは8月の22万枚から9月に入って23万枚に増えている。

NY金は1900~2000ドルのレンジで推移しながら、年末に向けて2000ドル台に上昇すると予想する。

nyg0917



情報提供:㈱ミンカブジインフォノイド
*チャートの著作権は、㈱ミンカブジインフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保障するものではありません。また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、㈱ミンカブジインフォノイドは一切の責任を負いません。