【欧州中央銀行(ECB)は金融政策据え置き】
*欧州中央銀行(ECB)は21日の理事会で、金融政策の現状維持を決めた。
政策金利は主要政策金利を0%、中銀預金金利をマイナス0.5%に据え置いた。

ECBは前回2020年12月の理事会で、半年ぶりとなる追加緩和を決定した。コロナ危機に対応する資産購入の特別枠(PEPP)は1兆8500億ユーロ(約230兆円)に維持した。

声明文では、金融環境が安定していれば枠をすべて使い切る必要はなく、逆に必要であれば枠を増やすこともできるという考えを明記した。

新型コロナウイルスの感染拡大で欧州の主要国は大規模なロックダウン(都市封鎖)に追い込まれ、出口の見えない状況が続いている。

ユーロ高も進んでおり、ラガルド総裁は「引き続きあらゆる手段を用いる準備ができている」と語った。ただ、通貨高に関してはさほど強い表現での牽制はなかった。

これは、米国のバイデン政権誕生後のドル相場の動きを見極めてから、対処したいとの思惑もあるのだろう。

この日、ユーロドルは1.21ドル台半ばに反発した。

ユーロドルは押し目を確認した展開になっており、再び1.22~1.23ドルのレンジを目指す可能性が高いだろう。

eur0122


情報提供:株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

※上記ロゴのチャートの著作権は、ミンカブ・ジ・インフォノイドに帰属しており、無断で使用(転用・複製等)することを禁じます。 提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ミンカブ・ジ・インフォノイドは一切の責任を負いません。